欲張り恋愛論

Adsense広告

女性ファッション誌でも大活躍中の愛妻コンサルタント萩中ユウによる恋愛本の第4弾は、
ラクして溺愛されるための『欲張り恋愛論』。

「彼に1%も尽くしてはいけない」
「不安になるのは、恋とは呼ばない」
「まだ起きてもいない先の未来に不安を感じることは“不安の先取り"」
「いい彼女でいようとすると失敗する」

恋愛によくある50個の問題点を、萩中ユウの視点で厳しく端的に、そして読みやすく1冊の本にまとめました。
読み終わった後には、「早く溺愛されて、可愛くなれる恋愛がしたい」という気持ちになると好レビューが続々です。

自身が主催している恋愛塾の塾生が著者の『恋愛論』に従うと、次々に幸せな恋愛、結婚が決まるというノウハウを
ベースに書かれた本書は、今まで終わってしまう恋愛を繰り返してきた人にこそ読んでもらいたい1冊です。
厳しくも愛のある萩中ユウの言葉を抜粋すると……

・恋の目的は「フラれないことじゃない」 あなたが思ったことを口にして別れ話を切り出されることに対しては、落ち込む必要なんて全くないのです。
忘れてはいけないことは、恋をしてきちんと幸せになること。

・恋愛をする上で一番頼りになる五感は、「聴覚」
彼の言葉を信用できるか。彼との会話に違和感がないか。彼とのコミュニケーションを心地よいと感じるか。

・恋のはじめ方はいつだって一つ。
「好きになれる人に出会う」ではなく、「出会った人を好きになる」。これに例外はありません。

・恋愛に、努力はいらない
頑張ったら頑張った分だけ成果が出る勉強やスポーツと違って、頑張れば頑張るほど報われないのが恋愛です。

無理して頑張って手に入れる恋愛は今の時代にふさわしくありません。誰でもコツさえつかめば、
ラクで幸せな恋愛を掴むことができます。失恋、復縁、恋活、婚活……今、恋愛で苦しい思いをしているなら、
ぜひ手にしてもらいたいです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告