ネガティブに文句ばかり言う自己中人物の特徴と対処方法は?

Adsense広告

ネガティブに文句ばかり言う人の対処方法は?

自分に対して文句ばかりを言ってくるネガティブ人間と付き合う必要などありません。良い人間になればなるほど、自分のことに集中しており、他の人のネガティブ発言をすることがありません。

必ずネガティブ言葉を発する

重症になってくると、会話をしていると必ず返事がネガティブ言葉で返ってきます。何をするにも批判的である人は、周囲の人が「この人と一緒にいると何もできない」と離れていってしまうことになります。新しいチャレンジしている人を多くの人が応援しようと思うものなのです。

何事にも批判ばかりするということは、「結局自分では何もしない」という行動規制を自分にはめることになってしまいます。何か問題が起こってからでないと動かないということになり、他の人よりずっと遅れた行動をとることになってしまいます。

資本主義の社会システムと言うのは、「最にお金を出した人が勝つ」というシステムで作られています。他人よりも先に動いた人が勝つようにできているシステムの中で、文句ばかり言って動かないと、最終的に何も得られない状況になってしまいます。

全て他人のせいにばかりする

自分に不満があることは、全て他人が間違っているからだという考え方をします。攻撃する人がいないと、身近なひとを攻撃してしまうことになります。結果として、周囲の人を批判して身近な身近な人を不快にさせたりするので、友達がいなくて孤立するという状況が発生します。

ネガティブで否定的な人と言うのは、他人からどんなに親切にされても、それを否定します。そのために、親切にしてくれた人も面倒だと思って離れていってしまうのです。

他人の話は聞いているフリ

自己中心的でネガティブな人は、自分の外面を取り繕うために「他人の話を聞いているフリ」ということを行います。相手に質問をして、話をさせるだけさせて、いかにも同調しているような素振りを装います。実際には、ほとんど相手の話を聞いておらず、耳の右側から左側に抜けています。深く関わっていくと、そういう姿がバレるので、友達が離れて行ってしまいます。

常に自分が主人公であり、他人の会話を興味を持って聞くことができないのです。友達と協調しながら一緒に成長をしようというのではなくて、相手を倒して自分が優位に立ちたいというスタイルの会話になっているのです。それでは、会話にならないので、結局のところは、1人で孤独を味わうしかない状況になっていきます。

自分を褒める人としか付き合えない

ネガティブで否定的な人というのは、(ほとんど両親からの影響)で、自分に自身がない人が多いです。自分を褒めてくれる人としか付き合えない、もしくは自分の言うことを聞いてくれるような人としか付き合わない傾向があります。その結果、自分以上に能力が高い人と付き合うことができず、能力の低い人ばかりに囲まれて生活することになってしまいます。

ネガティブで否定的な人というのは、自分が人から何か言われるとすぐに傷ついて怒ったり、付き合いをすぐにやめたりします。その一方で、自分の方は周囲に対して平気でネガティブで否定的な発言を行ったりします。

1人で行動することが増える

他の人に合わせるのが苦手なので、1人で行動することが増えるようになります。友達と行動すると、誰かの意見に合わせないといけないのが苦痛なので、1人行動を好むようになるのです。自己中心的な助成などは、1人行動を好むことが多くなります。

もしくは、誰かと行動する時にも、自分に優しくしてくれて自分がコントロールできそうな人を選んで行動することになります。結果として、非常に優しい異性であったり、気が弱そうな人を友達として行動することが多くなります。自分の思うとおりに相手を動かしたいと思う傾向が強くなり、相手が自分のために動かないと怒ったりします。常に自己都合で考えて「自分の都合が良いように相手を利用したい」と考えてしまうのです。

言われたことだけやっている

自分が学校で習ったことだけをやっていたり、上司から言われたことだけやっていたりすれば、最後のほんの僅かな部分のお金しか自分に渡らないようになっているのです。簡単に言ってしまえば、指示待ちの人間では「仕事ができないので稼げない」のです。自分から自発的に動くことができないと、プライベートを充実させることができません。

日本が経済成長していた時には、会社に所属して言われたことだけやっていれば、それなりの生活ができたかもしれません。今では、そんな時代ではなくて、自分で自発的に何かに取り組まなくてはいけない時代になっています。今の時代には、自分が責任を回避しながら、うまい汁だけ吸えることはないのです。

自分のことだけやりたい

自分の好きなことだけやれれば良いと思っているので、自分の好きなこと以外に興味が沸きません。特に仕事などで自分の仕事以外には、全くやる気が出ないという特徴があります。

自発的に仕事ができない人は、利益が回ってくることはありません。誰かが美味しい汁を吸わせてくれるのを待っていても、誰もそんな汁を吸わせてくれることはないからです。

将来性が期待できない

自己中心的でネガティブ人物には、将来のことなど期待することができません。何事も他人のせいにしてばかりで、1人行動が多い人が、お金を稼げるはずがありません。結局、文句ばかり言っている人の周囲には、人、モノが集まらないので、どんどん貧乏になっていくのです。

自己中心的な人は、友達までもコントロールしようとしますが、自分以上の能力を持った人をコントロールするする事は不可能なのです。結局、都合よく相手を使おうとするだけなので、友達にも逃げられていまいます。友達の人望を集められないことは、自分の人生を豊かにできないことを意味しています。

自己中の人をパートナーに選ぶと、自己犠牲ばかりで疲れ果ててしまいます。自己中の相手に合わせてばかりで、自分の人生を失ってしまうような関係は、長続きするはずもありません。自分のことばかり考える人と付き合いたい人はいないので、人間関係がほとんど短期で終わってしまいます。

自分中心で自分のことばかり考える

文句ばかり言う人の特徴は、自己中心的であり、自分のことしか考えていません。常に自分の損得ばかりで短期的にものごとを考えてしまうので、長期的な友達付き合いができなくなってしまいます。自分のために他の人の時間を使わせるにも関わらず、自分は他人のために時間・お金を使おうとしません。

相手の世界を全く考えないので、共同作業などができません。相手も理解しようとしなくなるので、誰も相手にしようとしなくなり、孤独感が増すことになります。職場などでも浮いた存在になってしまうので、食べるために自分で事業をするしかない状況になります。

男性、女子ともに自己中の相手と恋愛したいと思う人はいないのです。自己中心的な考え方をしていると、長期的に付き合いたいと思う友達ができないばかりでなく、長期の恋愛もできないということになってしまいます。

誰かの責任に押し付ける

楽しい企画をパートナーにして貰って、自分がその参加者になって楽しませて貰おうとする傾向があります。誰かに企画だけ丸投げしておいて、自分は何もリスクをとらずに、その企画に対して文句を言うだけです。

一緒に居ると、責任を押し付けられる可能性があるので、距離を置くしかないでしょう。友達として関わっていると、次々に責められて、文句を言われて心を傷つけられてしまいます。

口ばかり動かして行動力がない

口ばかり動かしている人は、自分では行動しようとしません。やりたいことばかり言いますが、何も行動しないので、何も実現できない人になってしまいます。

自分が行動力がないにも関わらず、他人の行動力について非難・文句を言うという特徴があります。

自分の思い通りにならないと不機嫌になる

自分の思い通りにしたいというワガママな性格を持っている人は、自分の思い通りにならないと不機嫌になります。自分のいうことを聞いてくれる優しい人で、自分のために動いてくれる使い勝手が良い人を見つけて、自分のペースに巻き込んでいきます。理想主義者、完璧主義者に良く見られる傾向で、自分が完璧を目指したいので、他人にもそれを押し付ける傾向があります。

ネガティブに居る人は、相手の考え・感情を良く理解できないので、会話にならないという特徴があります。

間違い指摘されると怒る

何か欠点をしてきされたり、自分の間違いを指摘されたりすると、すぐに怒り出したりする傾向があります。相手が冗談で言っていたとしても、冗談が通じずに怒る傾向があります。この性格をメンドクサイと思う友達が離れていくので、あまり友達が増えずに孤立してしまいます。

自分の弱みを語らない

自分の弱みを語ることで、自分のことを責められるのを避けているのです。自分に自信がないので、相手のことは何でも知りたがって質問するにも関わらず、自分のことを多く語ろうとしません。最初のうちは「聞き上手」と思われるかもしれませんが、だんだんと話していても会話がつまらないと感じられるようになってしまいます。

視野が狭くて世の中を知らない

視野が狭いくて世の中を知らないと、自分の状況を悲観しやすくなってしまいます。周囲(特に両親)に視野が狭い人がいて、その視野が狭い人のと会話をしているうちに、自分の世の中に対する見方も狭くなってしまっていることが考えられます。また、テレビなどを見続けて洗脳されると、自分の視野が大幅に狭くなってしまいます。

視野を広くするには、世の中の様々な人とコミュニケーションを取る、特に視野が広い人とコミュニケーションを取り続けることで自分の視野も広がります。

自分の生活が充実していない

自分の生活が充実していないと、とにかく人の文句を言うようになっていきます。自分が上昇することではなくて、他人を落とすことで自分を上げたいと思っているのです。周囲に居る人からすると、そんな考え方はたまったものではありません。

自分の生活が充実しておらず、文句ばかり言う人のところには、人が集まってこなくなります。人が集まってこないということは、お金を稼ぐこともできないということになります。

ネガティブ発言が自分にうつる

文句を言うような人と一緒に居ると、自分まで似たような性格になってきてしまいます。ネガティブすぎる性格の人は、自覚するまで治せないので、距離をおくしかありません。

自分がネガティブ発言を口にしてしまうと、それが本当に充実しない人生に直結してしまうことになります。また、自分が充実していないことで、周囲の人にも攻撃的になってしまって、周囲からも相手にされなくなってしまいます。

相手のペースに合わせない

文句ばかり言う人というのは、ネガティブパワーが極めて強い状態になっています。ネガティブパワーが非常に強い人に合わせてしまうと、自分に合わせてくれる人と思われて、ネガティブ言葉のはけ口にされかねません。ネガティブパワーが強い人と会話をしているだけで、自分の人生がどんどん悪い方向に行ってしまうことになります。

常に文句ばかりを言っている人は、メンタルに問題点があることが多いです。彼ら・彼女らに構い続けると、自分のメンタルもやられて大変な事になってしまいます。ネガティブに文句ばかりを言い続ける人は、出来る限り距離をおいた方が良いでしょう。

付き合うと将来がヤバい

自分のことしか考えず、ネガティブな人と恋愛関係にして、結婚などしてしまうと本当に大変なことになってしまいます。20代で恋愛している時には、それでも容姿が良くて耐えられますが、年齢が高くなって容姿が悪化するとお互いに耐えられなくなる傾向があります。

自己中心的な人に付き合い続けると、自分までストレスを抱え込むハメになり、自分の人生を破壊される可能性があります。

成長すると改善する可能性もある

20代の前半でワガママで社会性がないのは、両親の影響などで仕方ないこともあるでしょう。仕事をして社会で多くの人とかかわるようになると、自分の性格の大きな欠点に気がついて、改善していける可能性があります。30代になっても変化が見られない場合には、その人の性格自体が固まってしまう可能性があり、改善の余地がないとも言えるでしょう。

大人になってくると、ネガティブなことを頭の中で思いついたとしても、それを正直に口に出さなくなります。その場の雰囲気が悪くなったり、人間関係が悪くなるのを避けるためです。ネガティブなことを口にしても、周囲に悪く思われるだけで自分にメリットがないのです。ポジティブなことを口にする人のところに人間が集まってきます。

充実したところに人が集まる

人生が充実しているところに人が集まってきます。自分の人生を充実させていくことは、周囲に良い人が集まってくるようになるのです。また、充実した人は会話が面白いので、良い人から「一緒に遊ぼう」と誘われるようになっていきます。

不満ばかりで人間というのは、幸せを掴むことはできません。

友達に良くすることは自己投資

ネガティブな人と言うのは、自己中心的なので、常に自分の利益しか考えていません。自分の利益しか考えない人というのは、友達に投資するという考えもありません。友達からお金・時間を吸い上げて自分のものにできれば良いと思っているのです。

友達に良くすることは、自分に対する投資でもあります。誰かに良いことをすると、必ず自分にかえってくるからです。例えば、友達に付き合ってどこかに遊びにいくと、その経験が自分の糧にもなるわけです。日頃から友達に良くしておかないと、友達が自分に良くしてくれることもありません。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告