メンヘラ女性と呼ばれる女性たちの特徴とは?恋愛依存症とも関係している

Adsense広告

メンヘラ女性と検索すると、沢山の検索結果を得る事ができます。メンヘラ=精神崩壊と訳される事が多いようで、精神的に異常な状態に陥っている女性たちのことです。外見上は、見た目などを綺麗にしているので、メンヘラ女性と分かりづらいのですが、関わると巻き込まれて大変な思いをする可能性があります。
メンヘラ女性と呼ばれる女性たちの特徴とは?恋愛依存症とも関係している

ネガティブ思考で虚言癖があり、恋愛依存症でもあるというメンヘラ女性と恋愛・結婚するとなると、自分の人生が壊れてもこの人を支えたいという強い思いがないと本当に難しいです。1人の人に愛されて、結婚・出産などを経て落ち着く場合があります。

女性の多くが男性から見ると軽いメンヘラ女性に見えると言われていますが、重症になると客観的に見ても恋愛依存症と言われる症状になります。何歳になってもモテるメンヘラ女性ですが、実際に付きあうと困難だらけで、自分の人生の汚点になる可能性があります。彼女が自分ではなくて単に恋愛が好きという事実を含めて、全てを受け入れて絶対に結婚する気持ちがない限り付きあえず、最初はその気持ちがあったとしても、途中で自己防衛のために切り捨てる男性が多いです。

そもそも、メンヘラ女子にメロメロになってしまう男性の多くは、詐欺でも女性にひっかかる優しいタイプの男性が多いです。メンヘラ女性は、詐欺ではありませんが、本当に自分の人生を破壊するほどの破壊力を持つことがあるので注意が必要です。自分の仕事に影響したり、精神状態に影響したり、下手をすれば嘘で騙されて両親が巻き込まれたりすることもあり得ます。感情に支配されているので、何かを話し合ういうのが無理で、問題が起きても解決できないので、全てメンヘラ女子のペースに合わせて生き抜くしかなくなり、男性側も精神病になるケースがあります。

Adsense広告

1 . メンヘラ女子と付き合う難易度

メンヘラ女子と付き合う難易度は相手からのアプローチさえあれば極めて低めですが、付きあい続ける難易度は極めて高く、結婚生活を続ける難易度は普通女子の50倍以上と思った方が良いでしょう。本気で付き合うならば、メンヘラ女子が本当に大好きで一緒に死ねる!ぐらいの覚悟で付き合う必要があります。そして、それは自分の人生破壊に繋がる可能性を覚悟する必要があるレベルです。

あなたの人生をかけてメンヘラ女子を守り通すという覚悟があるのであれば、メンヘラ女子と恋愛する選択肢も悪くありません。ほとんどの男性は、メンヘラ女性の恋愛依存症、虚言癖、喜怒哀楽の激しいワガママなどにうんざりして、自分の人生を何とか防衛しようとして逃げ出してしまいます。男性が恋愛の達人級であったとしても、メンヘラ女性と付き合いを続けることは、難易度が異常に高いことなのです。仕事中に連絡が取れない事で寂しくなって、他の男性と連絡を取り浮気に走ったりします。

自分の頭の中で感情で物事を決めて、嘘をついて隠す傾向は、多くのトラブルを生み出します。例えば、自分の都合で突然に転勤することを隠して、いきなり遠距離恋愛になったりすることもあります。そもそも、感情で物事を判断するメンヘラ女性に話し合いが全く通じない上、本命彼氏を思う存分に振り回した挙句、本命彼氏に冷めてくると別の男に乗り換えるためにキープ君を持ちだして、他の男と平気でデートするようになります。

メンヘラ女性に巻き込まれると、ほとんどの男性の人生がボロボロになって破壊されていきます。メンヘラ女性は、自己中心的で精神的に病んでいるので、彼氏の将来の夢などどうでも良く、彼氏からエネルギーを吸い上げます。結果、男性の人生がどんどん暗転してしまう方向に向かっていき、長く付き合えば付きあうほど、深い傷になって男性までメンヘラ化していくのです。

お互いに共依存の状況が発生して、お互いにネガティブな感情を持ち合いながらも、お互いが必要だと思い合って依存しあうのです。自分を理解してくるような人としか付き合わないような状況に陥り、それ以外の人との付き合いを拒絶・遮断していきます。
 

2 . 話し合いが成立しないことが多い

何故かメンヘラ女子とは、話し合いがほとんど成立しないのです。「話し合いで解決」という手段を使う事ができないので、体で抱き合って解決という事の方が圧倒的に多くなってしまいます。話し合いで解決できないので、問題となった部分が放置されたまま、ずっと付きあっていかなければなりません。つまり、メンヘラ女子との付き合いは、彼女の全てを受け入れる以外に選択肢がなにもないのです。

「仲良く相手を説得して、俺が更正させてやりたい」と思う男性は、メンヘラ女子との恋愛に向いていません。更正させるというよりは、彼女の全てを受け入れて生涯も付き合っていきたいという男性の方が向いています。彼女が期待している結論以外に聞く耳を持たず、話し合いにならないので、受け入れるしかないのです。

何度、やり直したところで、メンヘラ女性は「相手に共感する能力」が欠如しており、何らかの問題が起こっても一緒に話し合いで解決する事がほとんど不可能です。一方的に怒ったり、一方的に泣いたりするだけで、友達・彼氏がすべて理解してあげる必要があります。どんなに成績が良くても、学歴が高くても、メンヘラ女性との話し合いが成立する事はなく、自分の感情で物事を判断するだけです。また、トラブルの原因が虚言癖による嘘であった場合、メンヘラ女性が明らかな嘘を絶対に嘘と認めないので、話し合いにもなりません。常に自分のことで精一杯、話し合いが成立しない事は、どんな問題も全く解決しませんので、長期でお付き合いをする上での最大の問題点になります。

メンヘラ女子の事が大好きになった男性は、全てを受け入れようとして頑張りますが、メンヘラ女子に振り回された挙句、自分までメンヘラ男子と化して精神的に病んでしまうという彼氏が沢山います。メンヘラ病というのは、伝染するのです。

3 . メンヘラ女性に支配され精神崩壊

メンヘラ女性とある程度の期間以上の付き合いを持ってくると、自然にメンヘラ女性のペースに飲み込まれて、支配されるようになって(そうでないと長期間付きあえない)いくので、男性の側も精神的に不安定になっていきます。24時間をメンヘラ女性のために捧げないといけないので、仕事・プライベートに大きな影響が出てきます。メンヘラ女性と付き合う事で、自分もメンヘラ女性との共存関係になり、友達が激減するので、別れた後に友達がほとんどいないメンヘラ男性となっていくのです。

メンヘラ女性と別れる頃には、精神的にボロボロになって、自分もメンヘラ男性化してしまっている場合も多いです。メンヘラ女性の性格の特徴は、付きあっていた自分にも表れ始めるのです。メンヘラ女性から依存されていたと思っていたのに、自分もメンヘラ女性に依存している「共依存の状態」になっています。そして、その影響が別れた後にまで大きく残る事になりかねません。

メンヘラ女性は、基本的に自分の価値観を彼氏と共有できると信じています。彼氏と共有できないだけで「運命の人ではない」と決めつけてしまいます。メンヘラ女性の考え方を常に伺って、それに合うような形でプランを組まなければ機嫌が悪くなったり、黙り込んだりするので、とても手に負えません。相手がメンヘラだと思っていたら、自分もメンヘラになっていたという事が良くある話なんです。

メンヘラ女性と付き合ったり、結婚することになると、一緒にいる男性がまるで両親のようになってしまう事があります。メンヘラ女性を愛する男性が「俺が救わないと」と意気込んでいても、とにかくメンヘラ女性を構い続けないといけないので、仕事どころではなくなったり、友達と遊びに行く事もできなくなってしまいます。挙句の果てには、自分の精神状態を保つことも難しくなる可能性があります。

Adsense広告

4 . 彼氏がメンヘラ男性化していく

メンヘラ女性は、伝染していくと言われています。精神が病んでいる人と一緒にいると、それが当たり前のようになっていき、精神が病んでいくのです。男性は、場合によって多くの女性から愛されることを求めて、多くの女性と同時に付き合い、女性を優先して愛情を注ぎ続ける役割を演じます。それを続けていると、感覚がどんどん麻痺していく事になります。

メンヘラ女性と付き合っている男性の多くは、メンヘラ男性となっているのです。後からなったのではなくて、最初からメンヘラ男性だったのかもしれません。それは、恋愛依存症の女性と、回避依存症の男性が惹かれあうのと同じ構造です。20代のうちは、熱い恋をしているようで面白さもありますけど、結婚適齢期の20代後半~30代になってくると、深刻な問題になる事も多いでしょう。

年齢を重ねるに従って相手をしてくれる異性の数は確実に減少していくので、それに伴って苦悩がなおさら増えていく事になります。多くの人が言っているとおり、メンヘラ女性が治療するには、自分で精神科にでも通って治療しようと決意するしかないのです。また、周囲の人がメンヘラ化しないための方法は、メンヘラと離れることしかないのかもしれません。

メンヘラ彼女と長年付き合っていた彼氏でさえ、別れる頃には精神的なダメージが大きくなり、もうメンヘラ彼女と連絡する気力すらなくなって逃げ出したくなってしまう事が多いです。そうしなければ、自分の人生を破壊されるという危機感がそうさせるのです。自分の人生とメンヘラ彼女を天秤にかけて、自分の人生を選択せざる得ない状況に追い込まれてしまうということが多いです。

5 . 恋愛依存症である

メンヘラ女性は、誰かに依存することで自分の寂しさを紛らわせたり、自分の自信に繋げようとしています。特に恋愛依存症になっている事が多くあり、メンヘラ女性=恋愛依存症となっていることが多いです。自分に特に趣味がない状況で、彼氏=趣味となってしまって、彼氏の監視状態になります。彼氏のいう事が全てになり、彼氏色に染まって一体感を味わいたいと考えています。

自分に自信がないので、外見を小奇麗に着飾って、彼氏と付き合うと彼氏依存になってしまいます。常に彼氏の事ばかり考えて、友達といるときにもスマホを手放そうとしません。彼氏の予定を最優先に考えるので、友達のことなど頭の片隅にもなくなってしまいます。構ってくれる友達に返事を返したり、一緒に遊んだりする事はありますが、友達と一緒にいても楽しくなさそうにしているので、ほとんどの友達が離れていきます。

一緒に遊んでいる友達からは、スマホばかりを見ている女性と一緒に遊んでも楽しくないと思われるので、誘われる回数が激減して、ますます彼氏が中心の生活になっていきます。彼氏に対してLINEを大量に送り付けて、返事が遅いだけで催促したり、電話したりします。メンヘラ女性と付き合うには、人生の全ての空き時間を彼女のために使う根性が必要です。

恋愛依存症は、恋愛に依存した女性が多いとされており、尽くしたがり屋の女性になります。回避依存症と呼ばれる誰かに構って欲しいと思っている男性と惹きあいます。恋愛依存症の女性と、回避依存症の男性ペアというのは、良く見かけるカップルとして、美男・美女カップルも多いとのことです。愛したい女性、愛されたい男性で惹かれあうのですが、性格的な欲求のみで惹かれあうカップルなので、その関係はほぼ必ず破綻します。

あなたがいないと生きていけないというメッセージに男性が燃え上がっていれば、将来も付添えるパートナーとして適役になりますが、ほとんどの男性が「この女性と一緒にいたら俺の人生は破壊されてしまう」と感じて逃げてしまいます。メンヘラ女性から逃げないと自分の将来が危なくなるからです。

Adsense広告

6 . 見た目が良い場合が多い

メンヘラ女性の特徴として、見た目がそこそこ良い場合が多いというのが特徴になります。その理由としては、見た目が悪ければ、本当に男性からも相手にされないという事があるでしょう。自分に自信がない部分を見た目でカヴァーする必要があるので、見た目の改善には必死で取り組んでいます。自分が注目されるためにブランド物を好んで身に付けたり、見た目が特徴的な服装を身に付けたりしています。

メンヘラ女性は、見た目に清潔感があり、真面目な雰囲気を出そうとする子が多いので、ナチュラル黒髪などにしている人が多いです。痩せ形・貧乳の人が多いと言われていて、その理由は良く分かっていません。男性に相手にされるほどに見た目が良い事と関係しているのかもしれません。目立ちたがり屋なので、イケメン、ステータスが高い男性を好んで付きあおうとします。このために美男・美女カップルになりやすいのも特徴です。

メンヘラ女性の見た目に騙される男性の数は多いですが、真面目に付き合おうとなると、自分の人生に影響を及ぼすほど大変な事態になる事があります。基本的には、見た目に騙される事なく、上手にかわして深い付き合いを避けるという事が奨励されます。

7 . 虚言癖がある

メンヘラ女性が恋愛依存症と併発する特徴として、虚言癖というものがあります。自分に自信がなくて、傷ついた過去があったりするので、嘘で自分を過大に見せようとする傾向があります。例えば、車を買った、家を買ったなど、相手の関心をひいて、自分に構ってほしいという表現の表れでもあります。話を盛るレベルではなくて、全くありもしない話を1から作って話すことで他人を巻き込む特徴があります。

とにかく自分に構ってほしいので、相手の考え方に合わせるような形で嘘をついたりします。それが深刻になると、仕事上の嘘になったりして、周囲を巻き込んで大変な騒ぎに発展することもあります。根本的には、自分に構ってほしいという欲求、自分の自信のなさを隠したいという欲求でもあります。

誰にも相手にされないと寂しさを感じて、自殺未遂、大袈裟すぎる嘘をつく場合もあります。後から虚言が問題になっても、本人はそれを嘘と認めようとしない傾向があります。何でもいいので構って欲しいと思っている時には、嘘に文句が付いたことさえ注目されていると思って喜ぶ傾向もあります。

メンヘラ女性の嘘は、自分を守るために嘘を付くようなのですが、その嘘は他の人から見ると「明らかに不要な嘘」なのです。元カレが死んだ、父親が死んだ、親せきが病、お爺さんは医者、海外に不動産があるなど、確認が取りづらいものが多くて、嘘か本当か曖昧で分からないところがポイントです。

「本音で相手と話し合えば分かる」というのは、虚言癖がない人に話せば分かるのであって、虚言癖があるメンヘラ女性に対して本音で深く話し合う事は不可能だと思った方が良いでしょう。どの話が本当で、どの話が嘘か、本人すら分からなくなっているからです。本人すら本当かどうか分からないものを彼氏などが見抜くことは、もはや不可能です。

8 . 超ネガティブ思考である

メンヘラ女性の特徴として、超ネガティブということがあります。普通以上のルックスでもあるのに、自分が芸能人と比較して可愛くないと思ってしまったり、成績が良いにも関わらず、自分の成績がまだまだと思い込んでしまったりと。とにかく自分に自信がないような状況で、超ネガティブになっています。

自分自身に対してもネガティブ発言が多く、友達と一緒にいてもネガティブに物事を考えがちになっています。彼氏と付き合い始めた当初など、精神状態が良好な時には、ポジティブな発言が出てきます。彼氏との関係が悪くなってくると、もうネガティブ発言しかしなくなります。

超ネガティブに考えて、不安定な精神状態に陥っているので、周囲が救おうとしても簡単ではありません。彼氏になると懸命に頑張る男性も多いですが、それでも最後に「やっぱり俺には幸せにできない」と逃げ出す男性が多数、それで男性不信に陥っているメンヘラ女性も多いのです。

同性からすると、とても構ってられないと思うことが多いので、自然と構ってくれる男性と連絡する事になります。特に付きあった男性に依存していく恋愛依存症の傾向が強くでます。彼氏ともなると重度の構ってちゃんに変貌して、朝から晩までLINEして、相手の生活を破壊するレベルに至ります。

9 . メンヘラにもいくつかの種類がある

メンヘラも、軽度から重度まで様々ですが、重度になればなるほど、メンヘラ女性の特徴が多くなってきます。例えば、軽度メンヘラの場合に夜型ではなかったものが、重度めんへらになれば夜型化するといった具合です。ただ、メンヘラ女性と呼ばれる人の多くは、最初から中度以上のメンヘラを示していて、恋愛依存症のために寂しくなると浮気したり、精神的に不安定であったりという特徴を持ち合わせています。

メンヘラ女性は、そのまま放置して男性と付き合う人数が増えるほど、ますます懐疑的になってメンヘラ度を増していきます。なるべく早めに自分の精神的な治療を開始するなどしていかないと、自分の人生を破壊するばかりでなく、家族・大切な人も悲しませる事になってしまうので、なるべく早めに精神病として治療していくことが大切になります。

10 . 女性の友達が少ない

メンヘラ女性は、女性の友達がとにかく少なくて、チヤホヤしてくれる男性と連絡を取り合う傾向があります。女性の友達が多ければ、とりあえずメンヘラ女性ではない可能性が高くなります。友達の彼氏を奪おうとしてみたり、女性の友達と一緒にいても彼氏とばかり連絡を取ろうとするので、女性の友達が離れていってしまうのです。

目立ちたがり屋で他の女性に勝ちたいという欲求が強いので、他の女性が一緒にいて不快になる事が多くて、友達関係として長続きしないことが多いです。女性の友達が少ないどころか、むしろ女性から嫌われている事が多いです。

女性の友達にほとんど無視されるので、必然的にチヤホヤしてくれる男性の友達ばかりになります。適度にチヤホヤしてくれて、自分を構ってくれるメリットのある男性とのみ連絡を取り合いたいと思っています。女性の友達が少ないどころか、ほぼゼロという場合には、本当に彼氏依存症のヤバい状態である可能性があります。

11 . 常に多数の男性と連絡を取り合う

メンヘラ女性のほとんどは、常に多数の男性と連絡を取り合っています。彼氏がいない時だけではなくて、彼氏がいる時ですら多数の男性と連絡を取りあう状況です。しかも、「彼氏がいない」ということにして、色恋を匂わせながら連絡を取り合ったりするのです。同性の友達も少ないので、不特定多数からアプローチを受ける事を「モテること」と勘違いして、自分の承認欲求を満たそうとしているのです。孤独をアピールするなど、男心をくすぐることに長けており、誰かと連絡を取って不安を解消しようとします。

メンヘラ女性と連絡を取り合う男性が注意すべきなのは、自分1人と連絡を取り合っているという訳ではないという事と、本命の彼氏以外の男性から来た文章は、ほとんどLINE文章も読んでないですし、適当に返信をしているだけで、ほとんど記憶していません。メンヘラ女性にとってのLINEやり取りは、内容が重要な訳ではなくて、やり取りすることで一時的な寂しさを埋めているだけです。

メンヘラ女性の中には、同性の友達が少ないどころか全くいない人も多く、ほぼ異性の男性ばかり連絡を取り合っていることもあります。メンヘラ女性とデートをしてみると、常にスマホを気にして本命彼氏に返信しているほかに、別の男性にも返信を行っている事が分かります。そういった事を見抜いたり、指摘した男性は容赦なく切り捨てます。特定の男性に愛情を持って深く愛する事が出来ない場合が多く、寂しさを紛らわせるために男性に依存している状況が多いので、1人の男性がダメになると、すぐに依存先を別の男性に乗り換えます。

彼氏に冷めてくると、彼氏以外の男性からの誘いにも気軽に応じるようになっていきます。誰かから求められていたいと思っているのか、フットワークがとても軽くなります。プライベートも仕事も充実しないので、恋愛を充実させようとするのです。

年齢が高くなるにしたがって、30代になって彼氏を作る事が難しくなってくると、彼氏以外の男性と頻繁に連絡を取り合う事で「彼氏ではないけど依存関係にある」という状況になる事もあります。必ず自分に優しくしてくれる人に依存していないと精神状態が保てなくなっているのです。40代になると相手にしてくる男性が極端に減少して、話を聞いてくれる優しい友達の男性にも怒ったりしても、単に無視されるだけで全く相手にされなくなるので孤独が深まります。

Adsense広告

12 . 自分の願望で解釈を行う

メンヘラ女性の特徴として、自分の願望で解釈を行うという事があります。相手の気持ちなど考慮せず、自分の感情を第一優先に考えて、その感情のままに全ての物事を都合よく解釈してしまいます。自分がどうなって欲しいかという設定を決めて、その設定どおりに解釈を行うようになっています。このような感情解釈では、相手の感情と常に乖離が生まれてしまいます。

ある意味で「自分の願望の解釈に優れている」とも言えるので、他人の願望解釈も優れていて、それに合わせた形で「相手の願望に合わせた発言」を行う事ができるという特徴もあります。

自分の精神状態で精一杯の結果、自分さえ良ければ良いという考え方になり、相手が傷ついたり、悲しんだりすることを考えていません。感情的な考え方をするメンヘラ女性に対して正論・理屈などが全く通用せず、正論・理屈で主張する人を「分かってくれない人」と悪者にして攻撃し始める事があります。

13 . 気分が感情で変わりやすい

凄く上機嫌でニコニコして、親しくお話しして一緒に旅行に行く話をしていたにも関わらず、次の日になると急に不機嫌になって感情的になり、怒り始めて攻撃されるという事が良くあります。とにかく情緒不安定が顕著に出る特徴があり、周囲を困惑させる要因となります。

メンヘラ女子は、怒りに任せて公衆の前で彼氏を怒鳴りつけたりすることもあります。例えば、レストランなどで突然に怒りだして彼氏を怒鳴りつけたりしているメンヘラ女性もいます。それも普通の女性だったら怒らないような何ともない内容で自分が大事にされていないと思い込んで、「あなたは酷すぎる」と訳の分からない事を言い放って感情的になるのです。一度スイッチがはいると、怒りの感情がなかなか収まりません。いかに心が広い人であったとしても、メンヘラ女性に対して「とても私の手におえない」という印象を持つことが多いです。

特に生理の前という訳でもないのに『仲の良かった人に突然に切れる』というのは、メンヘラ女性の大きな特徴でもあります。何時間か前まで親友のように仲良くしていたにも関わらず、突然に切れ始めて、手の付けようがなくなります。その切れ方というのは尋常ではなく、『二度と私に近寄らないで』と大声で叫んで、LINEブロックまで発動します。ほとんどの場合には、彼氏とうまくいかないイライラを近くの友達に別の形でぶつけているだけだったりしますが、ぶつけられた方は非常に迷惑で、友達もあきれ果てて絶縁状態になってしまうことがあります。なお、メンヘラ女性は、本気で絶縁したい場合は少ないので、少し時間が経って落ち着くと普通に連絡してきたり、ニコニコと話しかけたりしてきます。

14 . 相手の感情を揺さぶろうとする

メンヘラ女性が怒ったり、泣いたりするというのは、誰か・相手の感情を揺さぶろうとしているからです。男性の多くが女性を助けたいという願望を持っているので、出来る限りのサポートを行おうと懸命になる訳です。とにかくこの女性を救わないと!と正義感に燃えるような男性は、メンヘラ女性と共依存の関係に陥ることになっていきます。メンヘラ女性は、自分が満足できないことを相手の感情を揺さぶる事で求め続けていきます。

メンヘラ女性は、相手の感情を揺さぶる事で、無意識のうちに「自分が相手をコントロールしたい」と思っています。相手に同調する会話をしてみたり、時に色恋を使ってみたり、嘘をついたり、怒りで相手をブロックしたりすることで、相手に自分を気にして欲しいと思っています。

15 . 極度の寂しがり屋である

メンヘラ女性の特徴として良くあげられるのが「極度の寂しがり屋である」ということです。極度というのは、つまり1人ではいられなくなるという事であり、常に誰かに構って貰わないと生活できないレベルであるということです。誰でも良いので自分を好きになってくれて、愛してくれる彼氏であれば、自分がほとんど好きになれなくても近くに置いておきたいというレベルであり、そのために彼氏が途切れる事がありません。

自分に自信が持てない人が多く、他人を通じて自分を評価する傾向が非常に強いので、「誰かに認めてほしい」「誰かに愛して欲しい」と常に思っています。常に自分を認めてくれるような彼氏、友達といないと気が済まないという状況に陥っています。付き合う前に男性の友達とばかり遊びに行っているようならば、メンヘラ女性の可能性が高いです。

女性の友達の場合には、メンヘラ女性と一緒にいて慰め続けるのをメンドクサイと感じるので、構ってくれる男性を見つけてLINEなどで連絡を取り合う事になります。特に彼氏になった人の場合には、24時間ずっと構い続けてないと安心できない状況になったりします。遠距離になって彼氏が構えない状況になると、彼氏には黙ったままで、近くにいる別の男性に平気で連絡を取って乗り換えたりします。

16 . 本音で自分の話をしない

メンヘラ女性は、最初に会った人に対して社交性を見せて、表面でそれなりに仲良くする素振りを見せて表面上のコミュニケーションは上手にこなします。しかし、実際に自分の踏み込んだ話をしたり、本音を語ったりする事を恐れているので、なかなか友達と深い関係になる事が出来ません。最初は、相手の聞き役に徹して(実際には、相手の会話に関心がないので、ほとんど聞いてない事も多い)話を聞いてくれたり、それなりに返して男性も話しやすい子だと思うかもしれません。

メンヘラ女性に対して、自分の失敗談などぶっちゃけトークを展開しても、メンヘラ女性が本音で返してくれることはほとんどありません。そのまま付き合いに入っても、相手に対して自分の素性を隠し続けたりするので、後からトラブルになる事が多くなる原因になります。結局、一緒にいて同棲までしているにも関わらず、何年付き合っても、最後まで「分かり合えない仲」のまま終わってしまうカップルが多いです。

付き合った後でも、「自分のことをさらけ出したら嫌われるかもしれない」という恐怖を感じているのか、深い話をなかなかしようとしません。付き合った後でも、まともに深い話をしたり、将来を語り合ったりする事が難しいので、信頼関係を築くのが難しいのです。さらに虚言癖を伴っている場合が多く、話していることが本当かどうかを信じられなくなっていきます。

彼氏が自分に関心が向いているかという事には最大限の興味を見せますが、彼氏の仕事の内容であったり、彼氏がどういう人柄という事にほとんど興味がありません。このために彼氏が代わっても、あまり影響がないとも言えるでしょう。メンヘラ女性の特徴は、あくまで『相手の興味が自分に向いているか』という事に集中しているからです。メンヘラ女性は、相手の事に関心を持って深く知ろうとしないので、お互いの将来設計などがうまくできません。

Adsense広告

17 . スマホ依存症である

友達と一緒にいる時に常にスマホばかり見ているのは、友達の話などにも全く関心がなくて、依存している男性・彼氏などとLINEで連絡を取り合っているか、自分をアピールするSNSの更新に夢中になっているかのどちらかです。彼氏がいる時には、朝から晩までLINEをやり続けていないと気が済まない状態に陥っています。彼氏がいない時には、別の男とやり取りしたり、SNSの投稿をして楽しんだりしているでしょう。

自分を表現する事ができるスマホに依存して、友達と遊んでいる時でさえ、SNSの投稿を欠かしません。とにかく反応してくれる男性がいる事を喜びに感じています。

18 . 彼氏を連絡で束縛する

メンヘラ女性は、彼氏を連絡でとにかく束縛しようとします。彼氏がただ家にいてパソコンを見ているだけなのに浮気を心配して連絡を取り続けたり、彼氏がただバイト先で働いているだけなのに連絡が来ない事を不安に思ってLINE30件、着信20件など大量の連絡を入れたりします。彼氏の全ての行動を把握していないと安心しないということです。

しばらく返信がなかったり、既読無視などが続いていると、彼氏は単に家にいて食事をしているだけなのに「どこにいるの?誰と?何やってるの?」と自分に対する返信が遅い事に対して苛立ちを見せます。彼氏としては、全てのことを投げ出して彼女を優先しなければならなくなり、生活に支障をきたす事になってしまいます。

19 . 八方美人である

メンヘラ女性の特徴として、初対面の印象がとても良くて、誰にでもフレンドリーに接する印象を与えます。誰からも好かれたいと思っているので、自分をあまり出さずに相手に合わせて調子の良い事を言います。自分に興味を持ってくれる男性をキープしておきたがります。

誰の前でも一見すると社交的に振る舞っていて、その清潔感ある見た目も伴って「凄くいい人そうに見える」という印象を与えます。実際に付きあいを持つとメンドクサイ人なのです。団体高度も苦手としていることが多いので、常に単独、もしくは彼氏と行動することがほとんどなので、周囲の人にプライベートを話す事が少ないです。

八方美人である一方で、仲良くない人に非常にクールでドライな面を持っています。自分の話を親身になって聞いてくれる利用価値がありそうな人にだけ急接近して親しくなろうとします。しかし、長く付き合うに従って周囲の人が離れていくので、いつも友達が少ない状況にあります。

20 . LINEの使い方に特徴がある

メンヘラ女性は、LINEを必ず返信してくるという特徴があります。それほど興味がない異性であって、自分から積極的に送って来ない場合でも、必ず返信をくれることはして、やり取りを継続しようとする意志を見せます。そうすることで、自分がLINEを常に貰える安心感が生まれるからでしょう。それほど親しくもないのに、LINEのやり取りが普通にできるようであれば、キープ君の認定を受けている可能性があります。

LINEの絵文字で「泣き顔」が多用されるという特徴もメンヘラ女性の特徴としてあります。スタンプではなくて、泣き顔の絵文字を使うというのが特徴で、ほとんどのメンヘラ女性に当てはまります。何故、ここで泣き顔の絵文字が使われるのか理解できないという場面で使ってくるのがメンヘラ女性なのです。

彼氏でない友達でさえ、未読・既読・返信を非常に気にします。返信がないと、それだけでイライラして友達なのにすぐブロックをしたりすることすらあります。また、人間関係をリセットする意味でLINEをブロックすることもあります。厳しい事を言ってくれるような友人は、本来は素敵な友人になりますが、メンヘラ女性からするとブロックの対象でしかありません。

21 . 寂しさを紛らわすLINEする

寂しさを紛らわせるためにLINEをする傾向があり、好きでもない男性とLINEチャットに必ず返信して寂しさを紛らわせようとします。毎日のように連絡して、男性から見たら脈ありかな?と思わせますが、好きだから連絡するのではなくて、寂しさを紛らわせるために連絡しているので、内容すら良く見てないことがほとんどです。会話の為に会話しているような状況で、相手の発言に興味もなく、実際に会うとLINE内容を見ても、覚えてもいません。

いわゆる、男性のキープ君とも言えるでしょう。何か都合が悪い事を言ったり、気に入らない事があると、LINEブロックで連絡を絶つ事もあります。

22 . 彼氏がいてもキープ君を作る

彼氏依存症で彼氏に集中しているのは確かですが、彼氏がいたとしても、彼氏と別れる不安からキープ君を手放そうとしません。適度に連絡をくれる都合のよい男性をストックしておいて、彼氏と別れそうな時に都合が良く連絡を入れようと思っています。

男性を途切れさせて1人になるのが最も嫌で寂しいと思っているので、寂しくならないためにキープ君の存在を欠かそうとしません。彼氏がいる状態のキープ君とは、体の関係になることはありませんが、デート気分で遊びに行く事を楽しんだりします。キープ君と一緒にいる時にさえ本命の彼氏と連絡を取っていながら、彼氏がいないと嘘を言うことも良くあります。彼氏と体の相性が悪かったり、もう拒絶してるような場合には、キープ君と体のみの関係になる事もあります。

常に1人になりたくないと思っているので、キープ君を欠かさずに連絡を取っておくことで、次の彼氏候補としておきます。彼氏に飽きてくると二股状態になっていることも珍しくなくなり、常に何人かの男性と連絡を取っている状態になります。自分が依存できるような本気で無償の愛を提供してくれる、優しくしてくれる男性を見つける嗅覚に優れているのです。彼氏に依存できなくなると、キープ君への乗り換えを進めていきます。

メンヘラ女性にとって、依存できるような人であれば、今の彼氏である必要などないのです。今の彼氏のことが好きかどうかも分からず、それでも依存できるから付き合っているだけです。今の彼氏があまり構ってくれなくなって、今の彼氏よりも良い依存先があれば、すぐに次の男性に乗り換えます。ただし、女性は年齢がどんどん上がっていくので、年齢があがるほど良い依存先の男性を見つける事は困難になります。

23 . 彼氏に放置されると浮気する

彼氏に放置されたと感じるようになると、たちまち浮気していくのがメンヘラ女性の特徴です。浮気と言ってもレベルがあり、ほとんどは毎日のように連絡を取り合いながら、稀にデートしてスキンシップするレベルのものでとどまっています。彼氏と付き合っている時には、メンヘラ女性は彼氏に一途なので、さすがに体の関係にならないことが多いです。また、彼氏との関係で自信を失った時に、別の男性に褒められる事で、自分に自信を付けたいという狙いもあるようです。

浮気した理由も「彼氏が構ってくれなかったから彼氏の責任で仕方ない」と自分本位の考え方になります。彼氏を後悔させたいという思いがありながらも、彼氏との関係がさらにギクシャクしてくると、キープ君とLINEのやり取り頻度が高くなっていきます。最初は彼氏に一途でキープ君と遊びのつもりで会っていたはずが、いつの間にかキープ君が本命になっていきます。そして、彼氏との恋愛に疲れ果てると、キープ君の元に流れていきます。

メンヘラ彼女に疲れ果てて別れたいと思った彼氏は、連絡頻度を減らしていくと、怒りを抱えたままに頻繁に連絡がつく別の男に流れていく事が多くなります。別の男に流れると、連絡してくる回数がほとんどなくなるので、その時に「もう別れましょう」というと、簡単に了承してくれることになります。

24 . 何でも彼氏のせいにする

旅行の日程なども全て彼氏に決めさせておいて、後で問題が起こると全て彼氏のせいにします。自分で反省しようともせず、彼氏のせいに押し付けようとする姿勢には、さすがの優しい彼氏もイライラが募ってくることが多いのです。

メンヘラ彼女の精神状態が不安定ということで、彼氏が急いで駆けつけてきたとしても、メンヘラ彼女は「あなたが悪いからこうなった」と言い放ちます。喧嘩を吹っかけてきて、絶対に自分の非を認めようとせず、まともに話し合おうともせず、全て彼氏が悪い事にします。そして、責任を全て押し付けられる彼氏は少しずつ自分の自信を失ってメンヘラ男性化していくのです。

懸命にメンヘラ彼女のことをサポートしたい、助けたいと思っている彼氏でさえ、攻撃対象にされてしまうと、彼氏の失望というのは想像する以上のものになります。そして、彼氏も自分を守るためにメンヘラ彼女から離れるしかない状況になります。

25 . 他人の責任にする

自分に起こるトラブルの多くを他人の責任にしようとします。決して自分が悪かったと反省せず、自分が失敗したのは、他人のどこかに原因があると探そうとします。下手をすると、良くしてくれる友達を恨み始めたり、攻撃し始めたりすることもあります。自分が悪い所を反省しないので、いつまでも同じような失敗を繰り返すことになります。

仕事上では、同僚・上司などを責める事が出来ない場合があるとストレスを抱えて、近くにいる彼氏・友人などにストレスを当たり散らすようになる事もあります。

26 . 被害妄想が激しい

特に何気ない言葉も被害妄想でネガティブに捉えてしまう場合があります。それは、自分の自信のなさの表れでもあります。例えば、「私、海外旅行に行ったんだ」と言われると、自分が海外旅行に行ってないという事を馬鹿にされたような気持になったりします。「髪型、変えたんだね?」と言われただけで、自分の髪型に自信がなくなったりします。 自分が常に馬鹿にされているのではないか?と恐れて、相手と本音で話す事ができなくなってしまいます。

話す相手も、メンヘラ女性をおだてたり、気を使って褒めたりしないといけないので、そのうち疲れてしまいます。 旅行の計画などを彼氏に任せきりにして、気に入らない所があれば「あなたのせいでこうなった」と責任を押し付けます。自分の成績が悪くなったのも「あなたが手伝わなかったから」という事にされてしまいます。こうして責任を押し付けられた彼氏は、少しずつ精神状態が病んでいくことになります。

27 . 自分に都合の良い男が好き

メンヘラ女性は、自分に都合の良い男性を見抜いて、依存しようとします。自分に都合が良い男性というのは、自分の仕事を熱心にサポートしてくれたり、自分が会いたいときにいつでも来てくれるような男性だったり、お金をどんどん出してくれる男性です。メンヘラ女性は、本能から自分のためになる男性を瞬時に見抜く能力を持ち合わせています。

彼氏がいたとしても、自分に都合が良い男性と連絡を取り合って、キープしておきたいと考えています。常に自分が依存できる相手がいないとやっていけない状況なので、彼氏が24時間構い続けていないと、別の男とすぐに遊びに行って、キープ君と新しい恋愛を始めます。下手をすると二股状態になっている可能性があります。

メンヘラ女性は、「自分が輝きたい」と思っているので、相手の男性の都合など全く考えません。相手の男性が仕事中でも電話を繰り返したり、無意識のうちに相手のエネルギーを吸い上げます。「私より仕事を優先している」などと言って、仕事せずとも自分に構ってくれる、自分を何よりも優先してくれることを求めようとします。

Adsense広告

28 . 追われる恋愛が苦手

自分が価値が高いと思った男性と付き合いたいと思っているので、追われる恋愛を苦手にしています。追われる恋愛よりは、追いかける恋愛をしたいと思っていて、優しくて自分が気に入った男性がいると、毎日のように連絡を取ったり、スキンシップを取って色気で自分に関心を持って貰おうとします。

逆にあまり追われる男性に対しては、自分よりも価値がないと判断して気持ちが冷めてしまう傾向があります。自分の気持ちが冷めた男性に対しては、強く当たったり、場合によってLINEブロックを発動して連絡が取れないようにブロックしようとします。

メンヘラ女性は、自分では依存したい気持ちが非常に強い一方で、誰かに依存されるのを嫌う傾向があります。つまり、自分が依存できて、相手が自分を持ちあげてサポートしてくれるような関係を心地の良い関係だと思うのです。

29 . 他人と張り合う気持ちが強い

普通の大人であれば、自分と他人が違うものだと認識して、1人1人が違う個性があるという事を理解しています。メンヘラ女性の場合には、この個性が良く理解できていません。すべてにおいて、自分が1番で輝いていないと気が済まないという考え方を持っています。

メンヘラ女性は、他人と比較して、自分が劣っているのではないかという劣等感を強く持っています。会話の中でも、他人に張り合ったり、虚言癖で自分を大きく見せようとすることがあります。ただし、メンヘラ女性の近くにいる友達は、そうした事を理解している場合も多いので、そのような会話に対しても、寛容に見守ってあげる人が多いです。

友人と話していても、必ず自分の優位を主張したがるので、会話をしている方は疲れてしまいます。例えば、クレジットカードのゴールドカードを保有している話になると「私はブラックカードがあるよ」みたいな感じでサラッと自分の優位を主張したがります。

他人と張り合っているだけならいいのですが、共に依存しあっている共依存の関係にある彼氏にすら競争しようとするところがあり、『自分の彼氏は凄い』と言ってそれに劣る自分に自信を失ってみたり、それでも彼氏に勝ちたいという気持ちがあったりと、全く別の人格を持っている彼氏と自分を何かと比較しようとします。

30 . メンヘラ女性が強化するもの

自分に自信がないメンヘラ女性は、外見、金銭、地位、名誉、ブランド、人脈などに非常に敏感です。自分に自信がないところを、別のもので満たそうとしているのです。自分が「特別な人」として注目を集めたいという欲求があり、外見を工夫したり、やや場違いな雰囲気を出して目立とうとするところがあります。とにかく周囲から見て変わっているところがあり、それが確かに魅力的に見えてしまうところでもあります。それは、人によってオーラと言って良いものかもしれません。

金銭を得るための手段を択ばず、元カレから工面して貰った金を今カレに注ぎ込んだり、仕事を有利に進めるために上司と付き合うなどという事もあります。自分に本当に何もない人の場合には、金銭を手に入れる為に風俗店で働く人もいます。学歴があったりすれば、金持ちの愛人をしていたりすることもあります。

メンヘラ女性は、自分に自信がないことを世間・一般に評価が高い男性と共依存関係になる事によって補おうとします。ターゲットとされた男性に強くアプローチを繰り返して付き合い、その男性に対して尽くす事で見返りを求めて、自分の社会的地位と自信を強化しようとします。その一方で、男性の方は膨大な時間を彼女に使う事を求められて、社会的地位から引きずり降ろされる危機感を抱くことになり、いずれ手に負えなくなって別れを選択することになります。

31 . 誰かの世話をするのが好き

誰かの世話をする事で、自分の価値を再確認したいと考えています。彼氏の世話をする事で彼氏に依存して、彼氏からも依存されたいと考えています。お互いに依存しあう事で絆を深めたいと思っているのです。自分が世話をすることで、その人も自分のことを助けてくれることを期待しています。

お金を貸してくれたり、食事を奢ったりしてくれることもあるでしょう。そうすることで、相手が自分から離れられないようにしているのです。誰かの世話をすることを好む一方で、人間関係の距離感を保つのが苦手で、冷たくされたと感じると、極端に騒いだり、LINEブロックしたりする行動に出たりします。

32 . 極端すぎる考え方

普通の人であれば、今まで仲良く付き合ってきた親友、今カレ、元カレなどをLINEで突然にブロックしたりすることはありません。メンヘラ女子の場合には、自分に辛口であったり、自分が使えないと判断した人間は、容赦なく切り捨ててブロックします。その姿は、まるでワガママな女王様であるかのように、バッサリと人間関係を遮断します。

今まで自分の味方だと思っていて楽しく付き合っていても、自分の基準で相手を自分の敵だと思った途端に冷たくなり、バッサリと切り捨てLINEブロックまで発動します。白黒をはっきりつける事しか頭になくて、自分の味方・敵、付きあいにメリットがある・なし、良い人・悪い人を自己基準で判断します。さっきまで甘えて抱き合っていた相手に対して罵倒するなど、喜怒哀楽の感情が数時間で変化する不安定さがあります。大好きな彼氏、友達、であるか、二度と連絡を取りたくない大嫌いな友達しかいません。その中間があることを理解できません。

普通の女性であれば、減点方式と言っても、100点だったものが「突然に0点」になる事は滅多にありません。少しずつ点数を減らしていくのが普通です。メンヘラ女性の場合には、100点だったものが、突然に0点になるので、態度が180度変貌したりします。さっきまで抱き合っていたのに、今ではもう敵視されているような事が起こってくるのです。

自分に優しくて好きになると彼氏にして完全に依存状態になりますが、少しでも嫌いになった人に対して敵視してLINEブロックなど連絡手段まで遮断します。昨日まで仲良く旅行に行ってニコニコしていたような友達であっても、何か自分が嫌だと思った瞬間に完全に嫌いになって0点になるという極端さを見せます。自分に自信がないので、自分の頭の中で断定して決めつけてしまうのです。人間は様々な側面を持ち合わせていて、適度な付き合いができれば、自分に良くしてくれる人が多いです。少しの欠点で相手を敵視するような事になると、誰とも付き合えないようになってしまいます。

女性友達、男性友達ともにバッサリと切り捨てられたり、振り回されて嫌になって離れていくので、友達が少なく対人関係が非常に不安定になっているという特徴があります。女性の友達が少ない一方で、連絡をくれる男性と連絡を取り合うことで、自分が「モテる」と思いたいという欲求があります。慣れあう人と徹底的に親しくして、自分を理解してくれないと感じる慣れあえない人はブロックするような極端さがあります。

メンヘラ女性と付き合う男性は、相当の覚悟がないと付きあい続ける事はできません。相手が依存してきた場合には、四六時中の連絡に気軽に応じて、サクサクと返信を返しながら、相手に電話までして相手の欲求を満たしてあげるぐらいの男性像が求められます。メンヘラ女性が嘘でコントロールしようとしてきても、ニコニコ笑って許すぐらいじゃないとやっていけません。これを簡単に言ってしまえば、女性に異性として興味ある男性しか相手にしないということになります。

断定することは、起業家などが決断を行う時に有利になる事もありますが、相手の事を知るのが難しい人間関係の断定は非常に危険です。

Adsense広告

33 . 思い込みが非常に激しい

人に対する思い込みが特に激しいのは、メンヘラ女性の特徴です。被害者妄想が非常に強く「あなたが加害者で、私が被害者として傷ついた」と全てを人のせいにします。そして周囲の別の人にも、その思い込みを言いふらす傾向があり、メンヘラ女性に関わった人の周囲からの評価が下がってしまう事があります。周囲の友達は、メンヘラ女性の妄想で加害者にされるのを嫌がって離れていきます。

周囲にいて仲良く・親切に接してくれていた人でも「自分のことを理解してくれない」と思った人の事をネガティブに考え始めて、被害妄想をどんどん膨らませていき、突然にSNSブロックや着信拒否をします。理由を聞いても「会話がストレスになっていた」という曖昧な回答をしてきたりして、しばらくすると何事もなかったように接触してきたりします。とにかく自分の感情・気分・思い込みで動いて周囲をふりまわします。

メンヘラ女性の仲良しになると、常にメンヘラ女子のペースで行動する事になるので、疲れ果ててしまいます。このためにメンヘラ女性に同性の友達がほとんどいなくなり、構ってくれる彼氏であったり、メンヘラ女性がキープする男性の友達ばかりになってしまいます。その彼氏・男友達も、いずれメンヘラ女性を見捨てて離れるので、ますます孤独感を深めることになります。

「大事な彼女・友達だからメンヘラ女性を何とか救いたい」と思う心優しい人がいたとしても、メンヘラ女性に何かアドバイスなどしようと思うならば、あっという間にメンヘラ女性の被害者妄想で敵視される結果となり、メンヘラ女性に「私のことを攻撃する人」と思われてブロックされてしまいます。また、過度に何かを手伝ったりする事は、彼女の誰かへの依存を高めるだけで、自立を妨害していることになってしまいます。

34 . 付き合った後に依存化していく

メンヘラ女性は、付き合う前から依存していくと、相手が逃げてしまうことを経験で良く分かっています。付き合う前から男性に相手にされずに逃げられてしまったのでは、お付き合いできないので、最初は「人懐こい気が利くいい子ちゃん」を演じる傾向があります。そして、どんどん交流が深くなっていき、実際に付き合い始める頃には、次々と自分の過去を暴露し始めたり、依存しはじめるなどの症状が出始めます。

メンヘラ女性は、自分が十分に依存できる優しい彼氏、長く付き合える彼氏を選んで「彼氏と共依存の状態」になっていきます。彼氏と共依存の状態になると、同棲するなど親密な付き合いになり、友達と連絡を取る事が少なくなって孤立する傾向があります。彼氏の側も共依存を脱却するには、別れた後も付き合った年月と同じ分の年月が必要になるとされており、場合によって人生にかなりの影響を及ぼす事になりかねません。

35 . 自分の考え方を主張しない

母親に過保護に育てられたりしている点から、親から管理されるのが当たり前になって「指示待ち人間」になってしまっています。親に縛り付けられてきて、親の意見を絶対視させられるような育てられ方をしているので、彼氏の意見にも服従して我慢するような方法でイライラをため込んでしまう傾向があります。

逆に言えば、「自分で物事を決める事が苦手なので、支配されたい」と思っている欲求もあり、ワガママなダメ男にひっかかる可能性があります。自分の考え方を主張せず、他人のせいにして「自分は悪くない」と思いたいのです。

36 . 自分の話以外は興味がない

メンヘラ女性の特徴として、自分の話以外に全く興味を持たないということがあります。自分の話をされると喜んで聞いていますが、自分以外の話をされた時には、ほとんど上の空で聞いていません。このため、常にメンヘラ女性が中心にある会話をしていないとつまらなそうな顔をされるので、普通に会話が成立しづらい状況になります。

メンヘラ女性と一緒にいるためには、必然的に彼女を持ちあげたり、彼女が喜ぶ話題を中心にしないといけない事になるので、会話の幅が非常に狭くなってつまらない状況になります。男性であれば、必然的に彼女と全くトークがない状況でも、彼女の顔を見ているだけで癒されて幸せだと思える人しか付きあえなくなります。結果、男性側もどんどんコミュニケーション能力を失って堕落していきます。

37 . 趣味と言えるものがない

遊びが好きではあるけれど、特に趣味がないというのがメンヘラ女子の特徴です。特に趣味と言えるように熱中するものがないので、特定の男性と付き合うと、特定の男性に熱中しすぎる「恋愛依存症」になるのです。

恋愛依存症になっていると、彼氏=趣味となり、彼氏に全ての時間・労力をかけて献身的に支える事になります。趣味が彼氏であることは、彼氏が面倒だと思わなければ問題になりませんが、彼氏が面倒だと思い始めた途端に関係がうまくいかなくなったりします。

38 . 趣味が少ないので会話が困難

メンヘラ女性と会話するのは、ホストクラブのホストでも大変でしょう。女性は話が好きな人が多いですが、メンヘラ女性の多くが「趣味と呼べるものが少ない」ので、会話がなかなか広がらず、つまらない会話になってしまうのです。メンヘラ女性の多くが恋愛依存症である理由は、他に熱中できる趣味がないからであり、表面的な会話しかできない理由も特に話す事がないからという場合が多いです。

女性の話を聞くにしても、メンヘラ女性のように自分からの会話が下手だと、男性が上手に会話をリードする必要がでてきます。しかも、男性がメンヘラ女性が苛立つようなボロを出さないように会話を牽引する必要があるのです。簡単に言ってしまえば、自分の子供を楽しませるのと似たような状況になる可能性があります。

39 . 全て男性の意向で決める

男性側の意向に沿った形で全てを決めて行こうとします。例えば、デートプランも自主的に提案することがほとんどなく、「あなたが決めたところでいい」と言います。要求することで「ワガママな女性」と思われるのを避けながらも、「私のために何をしてくれるの?」という期待感も持っているのです。

口癖のように「大丈夫」と言ったり、「あなたの意向で決めて」と言ったりします。実際には、内心で不満に思っても口に出さないで我慢していることが多いです。何事も自分で決めないのは、まるで親の指示を待っている子供のようにも見えます。旅行の日程なども全て彼氏が決めたうえで、「私をどう楽しませるの?」という態度を取る事が多いです。

Adsense広告

40 . 彼氏に許可を求める

自分がやりたい欲求について、わざわざ彼氏に許可を求めて実現しようとします。既に買うと決めているものに対して「どうしよう?このブランド買ってもいいかな?」と彼氏にわざわざ許可を求めて、彼氏はもちろん「買えばいいじゃない」と言うのですが、後から失敗したと思うと彼氏の責任に押し付けようとします。

とにかく彼氏の意見を絶対視する傾向があるので、彼氏に相談して決めようと思っています。実際には、相談する前に既に決めていて、形だけ「どうしよう?」と質問して、彼氏の責任に押し付けようとしているのです。

41 . 母親と距離感が近すぎる

メンヘラ女子は、母親と仲良しで、毎日のように連絡を取り合っている事が多いです。メンヘラ女性は、人脈と呼べるものが希薄であり、連絡のほとんどが母親・彼氏によって占められています。母親・彼氏の意見を絶対視しており、相談相手も主に母親・彼氏のどちらかになります。

母親との距離が近すぎることで、時として母親と彼氏の意見が対立構造になることがあります。そうすると、彼氏に嘘を付いて騙そうとする行動をすることさえあります。

女性である母親との距離の近さは、とにかく感情的にものごとを判断する癖にも繋がります。理屈で判断する人を嫌う傾向があり、気分でものごとを決定する傾向があります。

42 . 自分に優しくする人になつく

メンヘラ女子は、愛情に飢えているので、自分に優しくしてくれる人に好感を抱いてなつく傾向があります。大学の先生などが自分に優しくしてくれると、その先生になついて「いい子」と思われて、助けて貰えることに喜びを感じたりします。自分が依存できそうな対象を独自の嗅覚で見抜いて、自分に優しい・味方になってくれる人に全てをさらけ出して受け止めて貰おうとします。

初対面の時から可愛らしくて印象が良いので、多くの人が優しく接してくれますが、その中でも特に優しくしてくれる人に積極的に近づこうとします。女性から積極的に近づいてきたり、連絡がきたりすることは嬉しいので、男性も喜んで応じてしまいます。自分に優しい人を探してなついて、利用価値がありそうだと思った男性に対しては、LINE交換などで積極的に友達になっていきます。多くの男性に対して色恋のようなことを仕掛けるメンヘラ女性もいます。

自分のことを分かってくれると思う男性と親しくなって、彼氏がいても「次の彼氏候補」としてキープしておきたいと思っています。恋人でもないのに男性に甘えたりして、複数の男性と連絡を取り合いながら、男性の優しさの中で生活したいと思っているメンヘラ女子もいます。自分の感情をどのように満たしながら生活できるかを考えているのです。

メンヘラ女性は、甘い言葉をかけてくれる人にだけなついて、少しでも厳しい言葉をかけてくれる人に決してなつくことはありません。友達になって仲良くなった後でも、メンヘラ女性に対して正直な気持ちで厳しい言葉を言ったとたんに態度が急変して、LINEブロックで絶縁などという事があります。自分に都合の良い人間、自分に都合の良い話をしてくれる人しか周囲に置かないような「裸の王様」のようになってしまうのです。

43 . スキンシップをしたがる

子供の頃からの愛情不足で、スキンシップを好むのがメンヘラ女性の特徴です。久しぶりに会ったと思ったら、何故か抱きついてきたりすることがあります。また、気に入った男性に対しても、すぐにスキンシップで抱きついたりする事で愛情表現を行って、自分に気を持たせようとしてきます。男性に対してかなりアクティブな女性は、高確率でメンヘラ女性と言えるでしょう。

単に構って貰うだけではなくて、情熱的に、愛情をもって構って欲しいと思っている欲求の表れでもあります。ちなみに、男性側からの積極的スキンシップは嫌がる傾向があるので、男性からのスキンシップをするのはやめましょう。あくまでメンヘラ女性に気に入られるとスキンシップをとってくるという話です。

44 . 本音の人間関係が苦手

誰かと深く付き合うことを苦手としており、深い付き合いを避けたがる傾向があります。彼氏にさえ自分をさらけ出す事を嫌っていて、いつまでも表面的な付き合いだけをしている状態になっています。深い付き合いをすれば、自分が嫌われることを恐れているのです。

今まで仲良くしていた相手であったとしても、地雷を踏むと突然に攻撃的になり、感情に支配されて凄まじい怒りと共に罵り始めます。そしてLINEブロックをして絶縁宣言ということがあります。

45 . 夜行性になっていく

メンヘラ女性も大学生ぐらいまでは、普通に生活を過ごしている人が多いです。ご両親と一緒に生活している場合には、夜10時ごろに寝て、朝7時に起きるような生活を普通に過ごしていたりします。それが社会人になって少しずつメンヘラ女性の精神状態が不安定になると、どんどん夜行性になっていく傾向があります。

精神的に不安定になるにつれて夜型の生活となり、仕事のない土日には、朝の5時、6時に寝るなど生活が狂ってきたりします。もともと不安定だった精神状態は、健康面でホルモンバランスが崩れることによって、さらにイライラしたりする事が多くなります。友達にLINEで「こんな時間に起きてるの?」と聞かれると、「トイレに起きた」と嘘を付くこともあります。

Adsense広告

46 . 寂しがり屋で構って欲しい

とにかく寂しがり屋で、誰かに構って欲しいと思っています。母親、彼氏、友達など、誰かと常に連絡を取り続けていないと気が済まない状況になっています。

メンヘラ女子の彼氏になると、常に彼女の事を構い続けなければいけない状況を強要されるので、仕事が進まなくなったり、友達と遊びに行けなくなったりしてしまいます。彼氏がほとんど全力で構っているにもかかわらず、それでも満足できずにさらに構ってほしいと要求します。

深い仲になればなるほど、四六時中、構って欲しいと連絡が来るようになるので、相手をする側も大変でウンザリしてしまいます。

47 . 急に体調が悪くなる

メンヘラ女性は、相手に構って欲しいと思うと、体調が急激に悪くなります。急に頭が痛くなったり、どこが悪いか良く分からないけど、夜に病院に連れて行ってと言い始めたりします。周囲が心配して病院に連れて行くと、十分に構って貰えたという安心感を得られるので、すぐに調子が回復します。

精神的な不安定を体の不調に繋げて、体の調子が悪いことを訴えます。本人は、誰かから心配されるのが大好きなので、自分が心配されていないと感じると、頭が痛い、お腹が痛いと騒いで誰かに心配してほしいと思っています。

48 . 自分が中心でないと気が済まない

グループ行動でも、常に自分が中心でチヤホヤされていないと気が済まない性格です。自分に注目が集中しないと、不機嫌になったり、無言になったりします。とにかくマイペースでわがままなところがあり、自分が輪の中心にいたり、特別扱いされることを好みます。

女性同士でいても、自分が一番になりたいという欲求が全面にでてしまって、同性から嫌われてしまう傾向があります。恋愛関係にある男性もメンヘラ女性の感情に振り回されて大変です。常にLINEの返信をしなければならなかったり、感情の起伏の激しさに付きあわされたりする羽目になります。

メンヘラ女性に振り回された男性・彼氏は、自分の人生がおかしな方向に向かっていき、最終的に男性の人生が破壊される可能性を秘めています。例えば、仕事を辞めなければいけなくなったり、離婚しなければいけなくなったり、精神的に病んでうつ病を発症したりすることがあります。

49 . 深い話・将来を考えてない

メンヘラ女性の特徴は、今の依存できる彼氏を探しているだけということです。その敏感な嗅覚で、今の利用価値がある人を最大限に利用して、自分が1人でいることを避けているのです。彼氏の事も本当に好きかどうか分からなくても、とにかく構ってくれて寂しさを紛らわせてくれるので、1人になりたくないと思って連絡を取り続けている状態です。

今の感情に左右されて動くので、理屈で話し合いなど全く通用しません。メンヘラ女性と付き合っている男性の深い部分に関心があるという訳でもなく、飽きてきたら別の男性と平気で連絡を取り合ったり、デートしたりすることになります。

50 . LINEをブロックしてくる

メンヘラ女性は、感情をコントロールするのが苦手です。一度、怒り始めてしまうと、もう手の付けようがありません。喜怒哀楽が激しくて、常に自分のペースで怒ったり、泣いたりします。相手の関心が自分に向いてないと思うと、怒り狂って公共の場所でも構わずに叫んだり、相手を罵ったりします。相手の行動が気に入らなかったり、自分の理想に反していたりすると、信じられないほど怒る事があります。

誰かと繋がっていたいという寂しさであったり、彼氏に構って貰えないイライラ感から、自分が寂しいにも関わらず、自分の親しい人をLINEブロックして更に孤独に突入していく非常に可愛そうな状況になってしまいます。男性から見捨てられる不安から、先にブロックしてしまうのです。

人間関係がうまくいかなくなると、衝動的にLINE、Facebook、Twitterなどのアカウントを削除したりしますが、寂しがり屋で全く友達がいない状況だと生きていけませんので、しばらくすると連絡がくる事も多いようです。完全に連絡を断ち切るのではなくて、その時の感情で動いているようで、周囲は迷惑ですね。

自分に都合が悪くなったり、自分に使えない人間だと思った瞬間、人間関係をシャットアウトしようとします。メンヘラ女性が人間関係を終わらせてこようと思ってLINEブロックしてきたら、そのままフィードアウトした方が良いでしょう。しかし、メンヘラ女性が寂しくなった1週間~3ヵ月ほどでLINEブロックがいつの間にか解除されて、連絡が来る事になります。

51 . 人間関係のリセットする

メンヘラ女性は、手広く広く・浅く広げた交友関係を突然、リセットする時があります。相手の気持ちなど全く考えず、一方的・感情的に友人関係を整理して、LINEブロックを使ったりします。人間関係が煩わしくなってくると、ストレスを感じて人間関係を遮断していくので、いつまでも本音を言い合えるような深い友達ができません。

自分が仕事・恋愛などでうまくいっていない時、相手がうまくいってニコニコしていると、それだけで相手に対する嫉妬心でいら立ちを覚えて、人間関係をリセットしようとします。メンヘラ女性は、人間関係のリセットに備えて、よほど親しくならないと、自宅の住所を教えなかったり、LINE以外の連絡先を教えなかったりします。

職場における人間関係を簡単にリセットする事は難しいですが、彼氏と常にLINEやり取りをしていたり、夜型の生活で仕事に集中できなくなったりするので、職場の人間関係もうまくいかなくなる事が多いです。かつての友達・仕事の人間関係が全く機能しなくなって、ますます孤独になっていくという特徴があります。後で後悔しても、連絡先を削除したり、連絡を取りづらくなっていることがほとんどです。

最近では、自宅の固定電話もないので、お互いにLINEの連絡先ぐらいしか知らない人間関係も多くて、人間関係を断ち切るのが容易になっています。人間関係を真面目に考えすぎて、イライラして連絡を断ち切ろうとしてしまうのです。人間関係を何度もリセットしていると、長期の付き合いができる信頼できる友達がいない状態に陥り、年齢が上昇するに従って、孤独感が増していくことになります。

人間関係が煩わしくなってリセットすることは、全てが悪い事とは思いませんが、長い付き合いをしている人であればあるほど、将来的に悪い結果になることが多いです。何故なら、長い付き合いをしてきた人は、少なくとも危険な相手であったり、危害を加える可能性は極めて低いからです。それだけでも、今後、付き合っていく価値は十分にあるのです。その人たちを次々と切り捨てていたのでは、誰も長い付き合いの友達がいなくなり、孤独になって当然と言えるでしょう。

52 . 依存価値がないと思われると縁切り

メンヘラ女性は、自分が依存価値がないと思う男性には、冷たくあしらおうとする傾向があります。メンヘラ女性に関心を持っていなかったり、一緒にいてもメンヘラ女性を持ちあげないのでつまらないと思われたり、メンヘラ女性に同情しないと思われたら、『役に立たない男性』ということで、縁切の対象になります。

常に依存の対象を求めているメンヘラ女性は、自分が相手にされていないと分かると、自分が依存できる相手を探して、自分から去っていく傾向があります。メンヘラ女性と付き合った彼氏の多くは、自分まで精神的におかしくなりそうになるので、『別れられて良かった』と安心感を抱く場合が多いです。

メンヘラ女性が依存する人を次々と変化させたとしても、最終的に絶縁で終わるパターンが多いです。メンヘラ女性が自分自身の価値を認識して、自分が自立して誰かに依存しない状態にならない限りは、このループから抜け出す事は難しいでしょう。

53 . メンヘラ女性が求めるホストクラブの男性

メンヘラ女性が求めている男性像というのは、ホストクラブにいるような男性像になります。自分の話を何でも優しく聞いてくれて、共感してくれるような男性です。そして、自分だけを特別扱いしてくれます。実際、ホストクラブのホストにはまるメンヘラ女性は多いです。

現実の世界では、ホストクラブのホストのように女性のために時間を費やしてくれる男性は、多くありません。メンヘラ女性は、自分に優しい人に依存する傾向があるので、ホストクラブのホストに依存してお金を貢いでしまいます。

メンヘラ女性は、プライドが高くて自分で考える事ができると思っているので、相手の事を本気で考えて助言してくれるような人の事は、すぐに嫌いになってしまいます。自分に優しい声をかけてくれる人しか周囲に残そうとしないので、いつも孤独な状況を味わう事になってしまいます。

54 . メンヘラ彼女の男性が出世できない

メンヘラ彼女は、自分に構ってくれる人を彼氏にします。簡単に言ってしまえば、男性の時間の全てをメンヘラ彼女のために費やしていくような、まるで両親が子供を育てるような献身的に尽くす必要があるのです。それは、男性にとって仕事の時間・精神的な余裕を彼女の為に割いていくことになります。メンヘラ彼女を持った男性は、時間をどんどん彼女の為に奪われて、必然的に仕事に集中できなくなります。それが長期的になると、仕事が全くできないような状況に追い込まれます。

メンヘラ彼女が彼氏に期待しているのは、ホストクラブのホストのように自分の話を聞いてくれる男性ですが、彼氏・夫がホストクラブのホストのようにお金を貰える訳ではありませんので、結果的に彼氏・夫がメンヘラ女性の話を聞いていると、その時間は自分の時間に使えずに失っていくことになります。連日のようにメンヘラ彼女と電話連絡を取って自分の仕事に集中できなくなると、自分の社会的地位が脅かされると感じてしまうのです。

メンヘラ彼女は、真面目で几帳面、仕事熱心な人もいますが、彼氏の仕事の足を引っ張ることだけは間違いない事実です。メンヘラ彼女と別れを決断する男性の多くは、自分の時間を確保しないと、仕事に集中できないなど『自分の人生まで破壊されてしまう危機感』によって別れを決断します。

55 . 復縁する割合が一般より多い

メンヘラ女性が復縁することが多いのは、今の付きあっている彼氏に不満がある時に、元カレが構ってくれると分かると、すぐに元カレの方に流れてしまう傾向があるからです。元カレであれば、今までの付き合いで安心もできるし、今の彼氏が構ってくれないのであれば、元カレの方が寂しさを紛らわせてくれると思えば、すぐに切り替えて元カレと付き合うようになります。

メンヘラ女性は、恋愛依存症であることが多いので、回避依存症とされる男性と付き合う事が多くあります。恋愛依存症の女性と回避依存症の男性は、恋愛において情熱的で感情的なダンスを踊り続けるとも言われていて、お互いの依存関係から復縁することも良くあります。別れてから、もう何年もたっているのに復縁できるカップルというのは、恋愛依存症・回避依存症である可能性もあります。

56 . 状況がさらに悪化する場合がある

時間を経て状況が改善するようだと良いですが、彼氏との別れによって精神的ショックが加わって、状況が悪化していくことがあります。例えば、今までは夜11時頃に寝ていたにもかかわらず、精神的に不安定になって朝の5時まで起きているような事が起こってきたりします。

付き合った彼氏が尽くし続ければ、メンヘラの状態が安定するとされています。現実的には、それはほとんど不可能な場合が多いです。メンヘラ彼女の思うように男性が動くようになると、今度は男性の人生そのものが危うくなってしまう可能性があるからです。たとえ彼氏がメンヘラ女性と信頼関係・信用関係を築き上げようとしても、彼氏は親ではないのでずっと一緒にい続けたり、全ての時間を共有することは到底不可能です。

自分が絶対に見捨てないと思っていても、メンヘラ彼女が寂しくなって浮気するような状況だとどうしようもありません。彼氏の方も頑張ってメンヘラ彼女に一生懸命に尽くした挙句、それでもメンヘラ彼女が他の男性に向かうという事が良くある事なのです。そうして同じことを繰り返していくと、どんどんメンヘラ女性の特徴が増えて症状が悪化していきます。

Adsense広告

57 . メンヘラ女性に嫌われる人

メンヘラ女性に最も嫌われるのは、正論を述べたがる「理論派」の男性です。理論派の男性は、感情的であるメンヘラ女性に「自分を全く分かってくれない人」と映ります。たとえ、相手の事を本気で考えて更正させようとしていたとしても、メンヘラ女性にとって迷惑な人間にしか見えません。自分に関わってほしくないと思われ、LINEをブロックされる可能性もあるでしょう。感情的にメンヘラ女性の話を聞いたり共感しないので嫌われるのです。

メンヘラ女性から見て『リア充』だと思われると、メンヘラ女性が「充実していない日常」と対照的に見られてしまうので、「自分の状況を全く分かってくれない人」と思われて、嫌われてしまう可能性があります。

メンヘラ女性と別れたい場合には、自分がリア充になって、メンヘラ女性のことを構わないでいれば、そのうち新しい男性と連絡を取り合うようになって、自然に離れていく事になります。メンヘラ女性は、自分のことを理解してくれない人に関わって欲しいとも、分かってほしいとも思っておらず、単に「私に近寄ってほしくない」とだけ感じています。それは、着信拒否・ブロックなどに現れることもあるでしょう。そこそこの付き合いで長期の信頼関係を築くことができないのです。

58 . 愛情を注ぎ続けると更正する可能性は?

愛情不足で育ってきたメンヘラ女子に対して、恋愛依存症である事を理解した上で愛情を注ぎ続ける人に出会う事ができれば、自分に自信が持てるようになって、メンヘラ女子が改善される可能性があります。先ずは、メンヘラ女子のネガティブを改善するために良い所を見つけて良く褒めることです。また、連絡が来るのを待つのではなくて、自分から積極的に連絡を増やしていく事も大切です。ホストクラブのホストになって惚れさせることができれば、長い付き合いができるでしょう。

相手に愛情を注ぎこみながらも、相手のペースにのみこまれないようにするというのは、非常に難しいことです。相手の意見を十分に聞くことを根気よく続ける事ができないといけないので、自己犠牲を伴う事を覚悟しなければいけません。下手をすると、自分の生活ペースまで乱されて、共倒れになる危険性もあります。

絶対に彼女のことを生涯にわたって愛し続けて、『彼女の全てを受け入れて絶対に結婚する』と感じていない限りは、関係を維持し続けるのは相当に難しいと言えるでしょう。自分の人生がどうなってもいいから、彼女と生涯を共にしたいとだけ願うのであれば、メンヘラ彼女を受け入れる事ができるかもしれません。ただし、このほかの仕事の名声・子供など諦めないといけないことが沢山出てくる可能性があります。

59 . メンヘラ彼女と別れる方法

メンヘラ彼女と別れるには、連絡回数を減らしていき、メンヘラ彼女が他の男性に連絡を増やして乗り換えさせるのが最も穏便なやり方になります。メンヘラ彼女は、恋愛のことについては、凄まじい集中力を発揮して非常に敏感(というか恋愛が趣味となっている)なので、連絡回数が少し減っただけでも、すぐに気が付きます。メンヘラ彼女の多くは、本命男性との連絡が取れる頻度が減少してしまったり、関係が悪化してくると、キープ君を探し始める行動にでます。具体的には、「彼氏がいない」と嘘を付いて多くの男性との連絡を増加させていきます。また、キープ君とデートに出掛けたりして、本命彼氏を揺さぶる行動に出たりします。

本命彼氏がいよいよ連絡回数が減っていき、もう連絡が取れなくなってくると、メンヘラ彼女の方でキープ君の男性の中から本命彼氏を探そうとする行動に出ます。もともと、彼氏が好きというよりも、依存先があれば良いという考え方を持っているので、本命からキープ君に乗り換えをスムーズに進めようとします。本命彼氏を乗り換えた後は、元カレにほとんど連絡しなくなります。

メンヘラ彼女と連絡を減らしていけば、3ヵ月ぐらいすれば、すぐに新しい彼氏に乗り換えられて「表面上は」円満にお別れする事ができます。その後に彼氏として付き合った自分の傷は残り続けるかもしれません。

60 . メンヘラ彼女と別れた後に男性に残る傷

メンヘラ女性と付き合った男性は、長く付き合えば長く付き合うほど、別れた後にも後遺症を残す事が多いとされています。メンヘラ女性から攻撃されたことで自分に自信がなくなり、ネガティブな思考が定着してしまって、メンヘラ男性と化してしまうことも多いです。そのままの状態で次の付き合いを始めると、またメンヘラ女性との恋愛になってしまう可能性があるので、十分に注意が必要です。男性がメンヘラ化していくと、普通の女性と付き合うと、自分と依存関係になれないのでつまらないと感じてしまうのです。

メンヘラ女性の尽くし方は、一般の女性に比べると異常レベルであり、お金を貸してあげたり、本当に都合の良い女性になってあげたり、献身的になったりしてくれます。それだけ尽くすと、普通の男性であれば別れることに関しての罪悪感が相当のものになり、なかなか別れる事ができなかったり、別れた後も非常に大きな罪悪感が残る可能性があります。自分の罪悪感を解消するためにお金をあげたりする男性もいるほどです。男性の方も心に大きな傷を負いますが、その頃にメンヘラ女性は別の男性と付きあっています。

メンヘラ彼女と「共依存関係』になっていた男性が、自分の失った自信を取り戻して精神状態を正常に戻していくには、付き合った期間と同じぐらいの時間を要するでしょう。メンヘラ女性と共依存の関係にあった場合には、その影響というのが非常に大きなものになっており、その傷ついた精神状態から抜け出す事が非常に大変です。

メンヘラ女性と一緒にいると、彼女と共依存の中で友達との関係が分断されたりして、思考がどんどん内向きになっていきます。そうすると、『彼女の人生を生きる』ことになってしまうので、自分の人生でやりたかった事が出来なくなったり、自分の向上心を奪われてしまったりします。多くの男性は、メンヘラ彼女と真剣に付き合いますが、結婚することなく別れてしまいます。そして彼氏の方は、この恋愛で負った傷でメンヘラ男性化していったり、簡単に恋愛できなくなったりする症状がでて、場合によっては人生に大きなダメージになり得ます。

彼女の共依存の状態から逃げ出した事で、別れた後でようやく自分の人生を取り戻せる感覚になる男性が多いので、ぐったりと疲れ果てて、とてもすぐに一緒になりたいと思えない状況になっています。メンヘラ彼女と付き合った半数以上の男性は、メンヘラ彼女と別れた後に「しばらくは、もう連絡を取りたくない」という嫌悪感を抱いたような状況になっていきます。メンヘラ彼女に未練を残しながらも、もう勘弁してくれという思いが大きくて再び付き合う気にはならないでしょう。

Adsense広告

61 . メンヘラ女性と上手に付き合う唯一の方法

メンヘラ女性と仕事の同僚であったりして、利害関係で繋がれる場合には、自分のキャリアを落とすことなくメンヘラ女性の相手する事もできるかもしれません。メンヘラ女性と異なった仕事をしていたり、自分のキャリア・将来性を考えたい場合には、メンヘラ女性に時間を取られることで、自分の人生にとって非常に大きなマイナスになる危険性があります。例えば、メンヘラ女性に合わせて1日中スマホをチェックして返信していたら、付き合っている男性まで本当にそのうち頭おかしくなりますよ。メンヘラ女性を中途半端な気持ちで愛するのは無理なんです。男性が自分の将来を考えたい場合には、メンヘラ女性を本命にして付き合い続けるのは、どうしても避けたい選択肢です。

メンヘラ女性と上手に付き合うには、どんなに可愛い子で大好きになりそうでも、1番手を狙わない方が安全です。メンヘラ女性の1番手『将来の結婚相手』にならず、あえて2番手に甘んじるのであれば、メンヘラ女性とも上手にお付き合いする事が出来る可能性があります。本命の1番手の男性がいることをメンヘラ女性が幸せになる手段が出来ていると喜び、愛されるべきメンヘラ女性の将来の幸せはその1番手の人にほとんど全て任せて、自分の立場として1番手より連絡回数を少なくしたり、1番手に嫉妬心を抱くことがないように心がけて2番手のサポート役でいいという立場です。2番手がいることでメンヘラ女性の精神状態も安定して、メンヘラ女性が1番手と幸せになれる可能性が高まるということもあるでしょう。メンヘラ女性を陰から支える役でいいではありませんか。

メンヘラ女性を間接的にサポートする「2番手の男性」というのは、メンヘラ女性の希望に応じる形で動けば良いでしょう。メンヘラ女性が望むのであれば、体の関係を持つ人かもしれないし、全く体の関係なしでも楽しくデートする関係かもしれないし、LINEチャットだけで楽しませてくれる男性かもしれません。メンヘラ女性とは、深い話をすることは難しいので、ホストのように、単に寂しさを紛らわせるだけの『表面的な会話』を中心にすることになります。『相手の幸せは、1番手の男性に任せた。私は友達としてのサポート役でいいです』これがメンヘラ女性と上手に付き合う最高の方法です。ネットの記事で見た事があるキャリア女性に見られる「機能的彼氏」の状態です。

メンヘラ女性とも完全に縁を切らず、適度な距離感を保ちながら、メンヘラ女性が望むようにホストクラブのホストの代わりをするぐらいのことなら可能です。それ以上の関係は、メンヘラ女性の本命男性に任せてしまった方が良いでしょう。メンヘラ女性とは、たまに遊ぶ、本気にさせない、これが上手に付き合う方法でしょう。メンヘラ女性だろうと何だろうと、女の子の友達は多い方がいいに決まっているし、可愛い子ならなおさら楽しくデートできるので、気晴らしでたまに遊ぶ関係ぐらいがちょうどいいです。

基本的にメンヘラ女性は、1番手の男性に必死で連絡していますが、1番手の男性と並行して複数の男性とLINEやり取りしている事も珍しくありません。決して1番手になろうとせず、連絡頻度もそこそこに2番手ぐらいにいると、メンヘラ女性というのは疑似恋愛の相手として非常に良い相手であることもあります。1番手になってしまう危険度をはらんでいますが、それでも可愛い子とLINEで連絡を取り合ったり、デートに行けたりするのは、それだけでキャバクラ気分で男性の気持ちを盛り上げてくれるかもしれません。本当に注意しなければならないのは、絶対に1番手になるほど頑張り過ぎないことです。メンヘラ女性の彼氏よりも優しくしてはいけないので、彼氏と完全に別れてこちらに来そうになったら、連絡回数を極限まで減らすなど、逃げるしか方法がありません。

メンヘラ女性の心はガラスなので、LINEを含めてどんな言葉もサラリとかわす事ができません。20年もメンヘラ女性と付き合いのある友達ですらそう感じるぐらいなので、深い話をするのは非常に難しいものがあります。実は、どの女性もガラスの心なので大事に扱わなければいけませんけど、メンヘラ女性が特に薄いガラスなので気を遣うのに疲れ果ててしまいます。基本的に2番手の男性であれば、ホストクラブのホストの気分になって、深い話を展開する必要はありません。誰もが疲れ果てるメンヘラ女性に対して、生涯の愛を捧ぐと決意した1番手の男性に全てを任せて、自分は気晴らし程度に付き合うのが最も良い方法です。

恋愛における決定権を女性が持っているのはメンヘラ女性でも同じです。女性に対しては、2番手を狙っていたとしても、私もあなたを大好きであることを伝えたうえで、自分も付き合いたいと思っていく必要があります。メンヘラ女性が2番手の男性がいて欲しいと思えば、そっと2番手として連絡を取ったり、デートしてあげればいいんです。結婚する前の恋愛関係であれば、1番、2番を作る事も自由ですし、特に女性がそれを望んでいれば何も問題ありません。

メンヘラ女性に上手に優しくしてお互いの微妙すぎる関係を楽しみながらも、接近しすぎて1番手になることだけは避けなければなりません。メンヘラ女性の2番手と決めたのであれば、メンヘラ女性の1番手の彼氏に嫉妬して奪おうなどと絶対に思わない事が重要で、下手に惚れられたら自分の人生を奪い取られる危険性があります。メンヘラ女性の1番手の男性の事を持ちあげて、1番手の男性と素敵な将来を祈りながら、自分は2番手でいいんだという強靭な男心で挑みましょう。そうすれば、お互いに割り切った楽しい人間関係を広げる事ができて、メンヘラ女性が精神的にも安定します。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告