恋愛依存症

Adsense広告


サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)

メンヘラ女性と呼ばれる女性たちの特徴とは?恋愛依存症とも関係している

ネガティブ思考で虚言癖があり、恋愛依存症でもあるというメンヘラ女性と恋愛・結婚するとなると、自分の人生が壊れてもこの人を支えたいという強い思いがないと本当に難しいです。1人の人に愛されて、結婚・出産などを経て落ち着く場合があります。

女性の多くが男性から見ると軽いメンヘラ女性に見えると言われていますが、重症になると客観的に見ても恋愛依存症と言われる症状になります。何歳になってもモテるメンヘラ女性ですが、実際に付きあうと困難だらけで、自分の人生の汚点になる可能性があります。彼女が自分ではなくて単に恋愛が好きという事実を含めて、全てを受け入れて絶対に結婚する気持ちがない限り付きあえず、最初はその気持ちがあったとしても、途中で自己防衛のために切り捨てる男性が多いです。

彼氏が全てになる恋愛依存症・彼氏依存症の恐怖

彼氏に全て合わせるストレス

彼氏依存になってしまうと、彼氏の時間に合わせて生活する事になっていくので、自分のペースで生活できないストレスに悩む事になります。彼氏と一緒にいないとイライラする一方で、自分が中心の生活も過ごすことが出来ないこともストレスに繋がります。

彼氏が寝る時間までLINEをしたり、電話をしないと不安な状況になり、夜に寝られない不眠状態に陥ったりします。そのことが原因となって、仕事・友人関係などに大きな影響がでる事があります。

自分の気持ちを抑えてしまう

彼氏に嫌われたくないという気持ちになると、彼氏の顔色を見るのが常態化してしまう事で、彼氏の言う言葉を最優先させるようになってしまいます。その結果、彼氏と対等な関係を築くことができなくなって、全て彼氏がいうような形で物事を決めていく事になります。

自分の気持ちを抑え込んでいる事はストレスになり、そのストレスが親・周囲の友達に向けられることがあります。親との関係が悪くなったり、周囲の友達との関係が悪化したりすることに繋がります。

恋愛依存症の彼女が支えるダメ男!貧乏な彼氏でも支えたい?

恋愛依存症の彼女が支える貧困男

恋愛依存症の彼女は、貧乏すぎる彼氏に将来性があると信じて支えようとしてしまいます。高学歴ポスドク彼氏が貧乏であっても、将来的に大学教授になれるかもしれないと思って、お金をかけて献身的に支える事もあるでしょう。また、起業家を志望している彼氏の場合には、将来的に会社社長として成長できる期待からお金を貸してあげる事もあるかもしれません。

いずれにしても、恋愛依存症になっていると、周囲のアドバイスに耳を貸さず、彼氏のために尽くせる事に喜びを感じている状況です。彼氏がいなくなったらどうしようという不安感で、自分のお金、時間を彼氏に注ぎ込んでしまっています。心の中では、何かおかしいと思いながらも、今の生活を変えられない状況かもしれません。

自分の貯蓄を彼氏に注ぎ込む

恋愛依存症である彼女は、彼氏にお金をどんどん注ぎ込むので、自分の貯蓄もほとんどない状況に陥ります。結果、化粧品を購入しなくなったり、身だしなみが以前よりも安物になったりします。付きあい始めた頃は、彼氏の良い所ばかり見えるのでラブラブのカップルでいられますが、時間がたつと彼氏が貧乏である事に不満を持つようになってきます。

恋愛依存症の女性から男性が逃げる理由とは?美人なのに男性が逃げ出す恋愛依存症の特徴

男性に依存すると嫌われる理由

通常の恋愛であれば、常に連絡を取り合っていないと不安という状況に陥る事はありません。1日に1回メールをやり取りしたり、2日に1回のメールのやり取りで関係を維持する事が可能です。恋愛依存症の場合には、1日中連絡を取り合っていたり、友達と一緒にいる間も連絡を取り合っていないと気が済まない状態になっていたら恋愛依存症です。

友達と一緒にいるにも関わらず、常にスマートフォンをチェックして、返信をしていたりする状況です。昼も、夜も、寝る前も、彼氏からの連絡がないと常に不安な状況になり、連絡をずっと取り続けようとします。この期待に応えられないと、「私のことを好きじゃないのか」と彼氏を責めるようになります。いずれ、彼氏に疲れ果てて、新しい彼氏を探す繰り返しになります。

彼氏は、常に恋愛依存症である彼女の事を気にかける事を強要され、彼女からの高価すぎる贈り物にもプレッシャーを感じるようになります。

恋愛依存症という病気に悩む女性たち

恋愛依存症の女性の特徴

恋愛依存症は、恋愛にのめり込んで1人で暴走している状況に陥っている恋愛の症状です。恋愛に病的にのめり込み、常に相手に連絡を求める状況になり、相手が懸命に愛してくれているにも関わらず「相手に愛されていない」と感じる事でもあります。

恋愛依存症の女性は、恋愛と自分の人生を結びつけて、『この恋愛が終われば人生が終わる』と信じ込んでしまうという特徴があります。交際中に気持ちが非常に不安定になり、自傷行為を行ったり、交際相手に大量のメールを送りつけたりするなど、通常では考えられない行動を起こすことになります。

彼氏の言うことに全て従う

恋愛依存症になると、彼氏が最優先になりすぎるという特徴があります。このために友達関係などが悪化するだけではなくて、彼氏の言うことに全て従うような異常な傾向が見られるようになります。彼氏が少しぐらい間違った事を言ったとしても、それを実行してしまいます。例えば、彼氏が「男性の友達とは付き合わない方がいい」と言えば、男性の友達LINEを全てブロックしたりするのです。

恋愛依存症の人が陥る悲惨すぎる人生とは?彼氏に病的に依存する深刻すぎる病気

恋愛依存症の人と長期の付き合いを行うのは難しいので、恋愛依存症の人と付き合うのは「できるだけ避けた方が良い」と言われています。幼少期の特に母親の教育から、厳しい環境で育って愛情が不足していたことで、自分に自信をなくして恋愛依存症に陥っている女性が多いとされています。

1人になることを何より嫌う

恋愛依存症の特徴として、1人を何よりも嫌う傾向があるということがあります。このために好きでもない男性と付き合い続けたり、遠距離恋愛ともなるとすぐに別れてしまったりする傾向があります。つまり、近くで過ごせる相手であれば、ほとんど誰でも良いような状況に陥っていきます。

相手に避けられて恋愛を終わっても、次にすぐに依存できるような相手を見つけて恋愛を始めます。このために交際人数がどんどん増えていきますが、結婚適齢期になっても出会いと別れを繰り返すことによって結婚に至らないという特徴があります。

Adsense広告

Adsense広告