女性が1回目デート後に男性を切り捨てる女性心理とは?

Adsense広告

女性と言うのは、気軽に男性の誘いに乗ってデートに応じる一方で、『この人は何か違う』と思えば、容赦なく切り捨てていきます。その一方で、何か繋がりをもっておけば、後から役立ちそうと思えば、友達としてキープする選択を行うこともあります。
女性が1回目デート後に男性を切り捨てる女性心理とは?

特にモテる女性の場合には、じっくりと複数の男性を比較して、彼氏候補の男性を決めたい!と思っているかもしれません。また、男性と気軽に遊びに行く事をデートだと考えていない場合もあります。

1回目のデート以降も頻繁に連絡が取れるような状況が維持できるのであれば、次のデートに誘うチャンスはいくらでもあるでしょう。しかし、最も最悪なパターンと言えるのは、1回目のデート以降、音信不通になるということです。

いずれにしても、1回のデートをした後で、2回目のデートに繋げられないというのは、様々な理由があります。

・恋愛対象じゃないけど、お試しで応じた。
・たまたま行きたい場所だったので応じた。
・1回ぐらい応じるのがマナーだと思った。
・1回ぐらい応じて判断して、ダメだった。
・本命を決めるために会って不採用にした。
・観光は楽しかったけど、会話はつまらなかった。
・楽しいだけで将来性を感じなかった。
・次に会うメリットを見つけられなかった。

女性はデートと考えていない

男性の側が2人で遊びに行ったことをデートと考えていたとしても、女性の側デートと考えているとは限りません。女性としては、単に選別作業をしていただけであり、その厳しい選別で残念ながら選ばれなかったということでしょう。

女性の場合には、20代になると『将来のことも考えて彼氏を選びたい』と思うようになります。一緒にいると楽しい感じがするけど、自分の将来を考えるとメリットがなさそうだと思うと、簡単に弾いてしまいます。つまり、ある程度の年齢になった女性は、お酒を飲む仲間じゃなくて、知能が高そうな人とデートする方向に比重を移していくのです。

最近の女性の目が肥えている

最近の女性の目は、SNSなどの発達によって非常に肥えてきています。男性が通常のデートプランで挑んだとしても、簡単になびかない女性も増えていて、それなりにレベルの高いデートプランを求めてくる女性が増えているのも事実です。

1回目のデートに簡単に応じるけど、2回目のデートに応じてくれない女性というのは、2回目のデートをメンドクサイと思っている可能性が高いです。

しばらく様子を見たいと考えている

1回目のデートに気軽に応じても、2回目、3回目となってくると、相手に気を持たせることにもなりかねないので、慎重に判断しようと考えている場合もあります。

女性の心は冷めやすい

女性のストライクゾーンは、男性に比べて非常に狭いと言われており、減点方式で簡単に恋愛対象外になってしまいます。男性の行動が不誠実そうに見えたり、不潔そうに見えたりするだけで、簡単に恋愛対象外となってしまいます。

特に女性の恋愛経験が豊富であったり、完璧な偶像であるアイドルに憧れていたりすると、男性に幻滅するのも早いです。女性から一度「ドン引き」されると、もうマイナス男性になっているので、挽回することがほとんど不可能になります。

Adsense広告

Adsense広告