男女がデートで相手に幻滅されないためのマナー

Adsense広告

男女でデートに行く時には、きちんとマナーを心得ておくのが良いでしょう。
男女がデートで相手に幻滅されないためのマナー

デートプランをきちんと相談する

デートを相談する時には、相手にお任せにしてしまうと、デートの前から印象が悪くなってしまいます。良くありがちなのは、女性が男性に丸投げして「私を楽しませて」という態度になってしまうことです。そのような態度を男性側もきちんと分かっているので、一生懸命になってデートをエスコートしても、心の中で「2回目はないな」と思っているかもしれません。

デートプランをたてる時には、きちんと情報交換をしておくようにしましょう。そうすることで、男性がますますやる気になって、デートの時も楽しむことができるようになります。自分が仕事が忙しくて、デートプランをきちんと立てる余裕がない時には、そのことを相手に伝えておくのも良いでしょう。デート前にきちんとコミュニケーションをとっておくことが重要です。

デート中にスマホを見ない

デート中にスマホを見ないことは、男性・女性どちらにとっても非常に大切なことです。グループで行動する時ならばまだしも、2人で行動する時にスマートフォンをチェックしていると、相手からの印象が最悪のものになりかねません。2人でいる時にスマホばかりを見ている行為は、相手に「あなたと一緒にいたくありません」という主張になり、友達付き合いもして貰えなくなる可能性があります。

インスタをチェックしたり、ゲームをしたりするのが癖になっている人は、デート中だけでもスマホを見ないようにしましょう。時間を見るために時計を身に着けて行って、LINEなどは音が出ないようにして、トイレに行ったときなどに簡単に返信しておくのが良いでしょう。日頃からスマホばかりに熱中している人は、特に注意が必要です。

服装をきちんとしておく

男女がデートに行く時には、当たり前に服装をきちんとしていくのがマナーになります。男性の場合には、季節にあった綺麗な靴を履いていくだけで、かなりイメージが良くなります。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告