一緒にいてもつまらない「趣味がない男性」の特徴とは?

Adsense広告

男性がイケメンで外見を好みとする女性が寄ってきたとしても、中身が趣味がなくて薄っぺらい人間だと知ったら、一緒に居ても楽しくないので離れていってしまいます。男性が趣味を持っていないと、女性を引っ張る事ができません。
一緒にいてもつまらない「趣味がない男性」

趣味がない男性というのは、女性から見ても魅力に欠ける男性になります。趣味が多様な男性であれば、女性と趣味を共有できる可能性も大きくなります。恋愛するのであれば、趣味の幅が広い男性が楽しめると言えるでしょう。趣味が多い人の方が、仲間が多くて楽しく人生を過ごしていることが多いです。

趣味がない男性の会話が少ない

趣味がない男性というのは、会話の引き出しが非常に小さいので、一緒にいても面白くありません。自分から会話を話し出す事がないので、常に一緒に居る人がネタを提供しないといけない状況になります。一緒に居る人も、自分のネタばかりで話をするので、新しい情報を仕入れる事ができずに面白くありません。

趣味がない人というのは、趣味がないので自分のことを話さないので、会話をしていると「秘密主義」のように見えてしまいます。趣味のない男性は、女性からも「この人はつまらなそうだ」と思われてしまいます。女性というのは、楽しませてくれる男性が好きで、楽しい雰囲気を持たない男性は距離を置かれてしまいます。

グループで一緒にいてもつまらない

例えば、男性2人、女性2人の4人グループで行動した場合には、男性2人のうち1人が全くの無趣味であれば、趣味を持った男性1人で女性の会話を引っ張らないといけない状況になってしまいます。趣味を持った男性1人が提供する話題がほとんどになってしまって、グループ行動として面白みに欠けることになりかねません。趣味を持たない男性が「聞き役」に徹して話題を提供しないので、趣味を持つ男性も疲れてしまいます。

男性で趣味が非常に多様で、会話の引き出しが多い人は、会話の共通点も多いので会話が面白いのです。逆に趣味がほとんどない人などは、会話の引き出しが少ないので、相手の話の聞き役ばかりで一緒にいてもお互いに楽しくありません。

興味・関心・好奇心が低い

趣味がない人の多くは、新しい世界に興味・関心・好奇心を持ち合わせていません。口先では、友達の話に何でも興味ありそうにしますが、実際に活動に参加する時になっていくのを渋るなど、新しい活動に対して前向きに取り組もうとしません。他人の趣味の話に興味を持っているかのようで、実はあまり興味がないのです。

自分で何かの計画を立てるのも面倒に思って、誰かに任せて集団行動をしたりすることが多くなります。その集団行動は、自分の意に沿うものであるとは限らないので、場合によっては文句を言ったりする事になります。何事にも興味・関心・好奇心が低い人とカップルになると、例えばどこに旅行にでかけても関心が低い状態にあるので、非常に苦労することになってしまいます。

新しい事に踏み出せない

趣味がない人の特徴として、なかなか新しい事に踏み出そうとしないことがあげられます。変化することが苦手で、経験したことがあることを中心に取り組む傾向があります。趣味を広げていくためには、自分が出来ない事にチャレンジして、それを深くしていく必要があります。いずれも、自分から動かないといけないので、強い動機付けが必要になります。

趣味がない人の多くは、自分が動くことに関して「メンドクサイ」と思っていて、何となく他人任せのところがあります。自分1人で動けなくて、他人に言われて何となく動くようなことが多くなります。他人からは、会話をしていても「良い情報を吸い取られるだけの人」に見られてしまい、距離を取られる場合もあります。

他の人から誘われないと、自分から自発的に動こうとしないので、自分の足で社会の情報を仕入れる事ができません。行動範囲も狭くなるので、自分が社会の潮流に乗り遅れていることにも気が付かない状況で日々を過ごすことになっていきます。

趣味を持つべき理由とは?

趣味というのは、仕事以外の場所で自分が楽しめるところです。趣味を持つべき理由とは、自分が仕事以外の場所で情報を仕入れることが出来る場所を持つことが出来るというメリットがあるのです。

趣味=自分の生き方

仕事以外に趣味があるということは、自分の生き方をキチンと持っているということでもあります。仕事だけに熱中して、仕事人間になってしまっている場合には、仕事=趣味という場合もありますが、経営者などごく一部の人間に限られるでしょう。

趣味がある男性に対して、女性は「モチベーションが高い生きたかをしている」と肯定して考える人が多く自分を引っ張ってくれそうだと感じることでしょう。一方で、趣味がない男性というのは、自分の人生の目標が定まらないので、お酒を飲んだり、ギャンブルに刺激を求めたり、テレビを見続けたりするなどダラダラと過ごしていることが多いです。お酒、ギャンブル、テレビは趣味にすべきではない娯楽です。

若いうちは、それでも親の言うままに、先生の言うままに、上司の言うままに生きていけば良いでしょうけど、30歳を過ぎた頃からは、自分の生き方に大きな責任が生じるようになっていきます。責任を回避して生きる事は難しくなっていきます。

お金がなくて何もできない

男性の中には、実際にお金がなくて何もできないという人もいます。お金がなければ、旅行など一度に大きな出費をする趣味が難しくなってしまいます。また、お金がないことは、自分の行動範囲を狭めてしまう事にも繋がるので、新しい趣味に取り組む気分がなくなってしまいます。友達と遊びに行くのに興味はあるけど、それほどお金を使えないと考えている場合も多いです。

趣味を持っているとお金の出費が多くて、手元にお金が貯まらないと悩んでいる人も多いですが、趣味がないのに最初からお金がないという場合もあります。趣味がないのにお金もないという場合、お金がない上に人生経験までも少なくなってしまいます。趣味がない人というのは、新しい事に踏み出す時に先にお金のことなどを考えて、なかなか行動に移すことができません。

今では、安いLCC航空会社などを使えば、海外旅行に3万円ぐらいで行くこともできるようになりました。足りないのはお金ではなくて、海外旅行にいく目的になろうとしています。目的が不明瞭であれば、海外旅行に1人で行っても面白いと思えないかもしれません。

インスタグラムがつまらない

趣味がない男性というのは、インスタグラムの内容も面白くありません。インスタグラムの内容は、趣味をやっている元気さと華やかさに欠けて、ほとんど『俺の日常報告』になってしまいます。その男性が単に犬と散歩に行ったり、読んだ本を報告したり、抜歯したりするという内容に興味ある友人はいません。

最近のインスタグラムで求められるのは、何か役に立つ情報であったり、面白い情報が求められています。女性が見たくない『俺の日常報告』をしているインスタの男性は、趣味がないつまらない男性の可能性が高いです。

男性がインスタグラムでつまらない投稿を連続すると、それだけで友達からも「つまらない日常を過ごしている人」思われてしまいます。

女性を会話で楽しませられない

女性は、『話を聞いてくれる男性が好き』と言われていますが、会話の発展性がない人と話すのを面白いと思う人はいません。男性の聞き上手がモテると言われていますが、趣味がない男性というのは、聞き上手なのではなくて「一方的に聞いてばかり」で自分からの会話ネタが提供できないので全く面白みがないのです。趣味がない人というのは、得意分野がないことで自分から会話の話題が何も提供できないのです。

多趣味の男性というのは、ありとあらゆる趣味に精通していたりします。登山をはじめとするアウトドア、旅行・ホテル、写真、料理、ファッション、話題が豊富で会話のネタがなかなか尽きず、相手に合わせて会話することができます。

女性にモテる趣味は何か?

女性にモテるための趣味と言えば、男性が外出する姿を連想できるものです。特に女性にモテるのは、登山などのアウトドア、国内旅行、海外旅行などです。男性がアウトドアを得意としていたり、旅行を得意としている場合には、「この人となら一緒に楽しめるかもしれない」と思わせることができます。

簡単に行ってしまえば、活発に動き回っている「アクティブ男性」というのは、モテるということになります。また、アクティブ男性というのは、女性からだけではなくて、男性からも人気があると考えて良いでしょう。

女性にモテる趣味を追及したりすると、女性と一緒に楽しむ機会も増えるので、自然とカップルになりやすいと言えるでしょう。

彼女が趣味になってしまう

趣味がない男性と付き合った場合には、彼女=趣味になってしまう可能性があります。女性からすると、当初マメに連絡をくれたりするように見えますが、異常に束縛が強いなど彼女の監視者のようになってしまいます。また、一緒に出掛ける時があっても、彼女の方がプラン作りしないといけないなど、一緒に何かを作り上げる雰囲気になりません。

男性が彼女を趣味としてしまった場合には、一緒にいる彼女も窮屈に感じるばかりではなくて、特に相手から提供される話題がないので会話が全く面白くありません。結局のところは、最終的に会話が全く面白くないので、別れてしまうことになる場合が多いです。

趣味がない男性というのは、自分の話があまりないので「女性の話を良く聞いてくれる人』という印象を与えて、女性から好感を持たれることがあります。しかし、実際に付き合ってみると、全く趣味がない男性が会話にも面白みに欠けるので、女性の側もつまらない男だと感じ始めます。

女性がふざけた悪い男を好む理由

女性が真面目な男よりも、少しふざけた悪い男を好む理由として「一緒にいて刺激が貰えて楽しいから」という理由が多いようです。自分に趣味がない女性にとって「真面目な男」が刺激不足に感じてしまうのです。自分の人生がつまらないので、彼氏から刺激を貰って楽しみたいと思っているのです。

少しふざけた悪い男というのは、普通レベルの女性から「遊びを良く知っている」と思われるのです。遊びを良く知っている男性は、一緒にいて楽しいだろうと思わせる事が出来ます。良く言えば、数ある男性の中で差別化できるということでもあります。

趣味がないとつまらない人生

趣味がない人の一部は、『自分の生活がつまらない』と感じて、友達と飲んだり、テレビを見て過ごす時間が増えたりします。友達と飲んでいる時には、一時的に仲間とバカな話をして騒いで誰もが楽しいという感覚を共有することができます。大学生ぐらいの若い時には、友達と仲良くなる方法として、飲み友達というのも悪くないでしょう。しかし、20代の後半ぐらいからは、向上心がある人が飲み仲間になることがなくなってきます。

趣味がない人生というのは、刺激がなくてつまらない人生になってしまいます。実は、趣味がない人というのは、ダラダラとつまらない生活をして、周囲の人の人生の足まで引っ張る可能性まであります。趣味がないような生き方になると、休日なのに1人でテレビを見ながらお酒を飲むような生活になってしまいます。日頃のつまらなさからお酒を飲むようになると、アルコール依存症になる危険性が高くなります。アルコール依存症になると、家族の人生も破壊してしまう可能性が出てきます。

誰でもできる旅行という趣味

基本的には、旅行という趣味であれば、誰でも行う事ができます。大人が気軽に行ける旅行というのは、車で出掛けるドライブ旅行であり、女性が何もしなくても助手席に乗っているだけで目的地に到着するという点で人気があります。その代わり、女性を会話で楽しませることができないと、ドライブデートもつまらないものになってしまいます。

安く旅行をしようと考えたり、海外の個人旅行をしようと考えた場合、それなりのテクニックが必要になります。海外旅行に行くのにパスポート申請も必要になりますし、国によってビザ申請などの面倒に思う作業も必要になります。

旅行を自分で組み立てることによって、実に様々な問題解決能力を身に付けることができるようになります。その問題解決の能力を身に付けることが自信にも繋がりますし、どのような問題が起こっているか、どんな問題に対処すれば良いかなどの知見を広げることにも繋がります。

女性の趣味がない場合

女性に特に趣味がない場合には、女性が仕事を趣味にするか、男性を趣味にするか、子育てを趣味にする場合が多いです。女性に趣味がない場合には、外出の機会が減少して、休みの日にダラダラと家でテレビを見て過ごすような事が増えてしまいます。趣味がないという場合には、体つきがふっくらとしてくる場合も多いです。女性の場合には、趣味がないメンドクサガリの女性は、特に顔、服装、体型に顕著に出やすいです。

女性に趣味がない理由としては、親の言うこと、学校の言うこと、仕事の上司のいうことを聞いているだけで、自発性が薄くなってしまったことが考えられます。仕事などにきちんと取り組みますが、自分では何かをしようという気が起きないということがあります。

趣味がない女性で『アイドル追いかけ』にはまり込んでいるような女性の場合には、自分の人生に投資すべきお金をアイドルに吸い取られている可能性があります。全く自己投資にならないという点において、非常に良くない娯楽であると言えるでしょう。

趣味を持つ方法は?

趣味を持つのは、何でも好奇心を持つということが必要です。何事にも好奇心を持たなければ、自分がやってみたいと思う事も見つける事ができません。趣味というのは、他の人から押し付けられることではなくて、自発的に始めないと長続きするものではありません。例えば、誰かと旅行に行くとしても、自分が行きたいと思っている訳ではないので、誰かに計画を丸投げして「参加者だけど楽しませてね」ということになりかねません。これは周囲にも迷惑なことです。

趣味が本当に大切になる理由とは?

趣味が大切になる理由は、それ自体が人類の生存に欠かせないものになっているからと言えるでしょう。最近では、「生き方の多様性」が広がる社会になってきており、インターネット上のコンテンツが活気を帯びています。その中で、会社で働くような働き方では、お金が稼げなくなっているという問題が生じているのです。言い換えれば、自分で何か副業でも何でも収益を持たなくてはいけない時代になってきています。これが本当に趣味が必要な理由です。

かつては、会社からの給料だけで生活するのが当たり前の時代があり『仕事が趣味』と言っていれば良かったのですが、そうした前提はすでに崩れてきているのです。高収入を得たいのであれば、会社ではなくて『個人の得意分野で生活していく時代』であり、それは趣味を極めていき、販売する方法しかありません。そうして趣味を極めていく目立つ人しか高収入が得られない時代になっています。趣味というものが直接的に人間の強みとしてコンテンツとして販売できる時代なのです。

副業で稼ぐというのは、趣味の延長線上にあるものです。例えば、スノーボードが得意であれば、それを起点にして「スノーボードのコーチング」を行う事ができます。老後に退職金だけで暮らすという暮らし方も、とても不可能になってきています。言い換えれば、趣味を拡張紙て自分で稼げるようにならないと、生き残っていけない時代になったと言えるでしょう。趣味を収入まで発展させたものが勝ち残ります。

グローバルの競争が激化して、日本で賃金が低下しているので、『あくまで趣味でお金を稼げなくてもいい』という甘い考え方では、そもそも自分が生活していく事も難しくなってきています。他の人に見られない特技と呼べるものがないと、人材としての価値を出す事が非常に難しくなっているのです。人材としての価値が出せないと、高い収入も得られませんので、自分の子供に対する投資にも影響がでてきます。

差別化した趣味が重要になる

誰もができるような趣味のレベルでは、女性を惹きつけることも、稼ぐこともできない時代になってきました。自分の独自性が高い趣味は、女性の心を惹きつける事もできますし、お金に換える事もできるようになってきています。

自分の好きな事を追求して、他の人が及ばないレベルに高めていくことが大切になってきています。

何歳になっても趣味を持ちたい

何歳になっても、趣味を持ち続ける事は非常に大切な事です。もし、仕事しか活躍の場がない人は、退職してから特にすることがない状態になってしまいます。退職後は、家でダラダラと毎日を過ごして、体調不良になって寝たきりになるという人も多くいます。様々なことに興味をもって、外出する機会を増やして、出来れば旅行にも活発に出掛けた方が、元気に老後を過ごす事ができます。

趣味を多く持って外出の機会を増やすメリットは、単に健康的に過ごせるだけではありません。90歳まで生きると言われている社会では、70歳からも20年間も人生を過ごしていく事になります。高齢になってもなお、変化に対処できる能力が求められる時代になってきているのです。

関連記事: 
Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告