既婚者の女性が夫以外の男性を好きになってしまった時の対処方法。既婚者でも恋をするのは悪くない

Adsense広告

既婚者の女性だからと言って、夫以外の男性に接触する機会が多い(職場での接触、趣味の場所での接触など)場合には、それが恋愛の心理に発展してしまう
既婚者の女性が夫以外の男性を好きになってしまった時の対処方法。既婚者でも恋をするのは悪くない

何かの感謝を伝える手紙を書く

既婚女性が夫以外の男性に対してアプローチする方法は、「何かの感謝を伝える」という方法があります。感謝を伝えるためにLIENを送ったり、手紙を書いたりするということは、友達であっても不自然なことではありません。その場合には、恋愛感情が決してバレないように、普通の文章で短めの文章を送るのが良いでしょう。

既婚女性の場合には、LINE、手紙などで後に残るものには、恋愛感情が入るものは後でトラブルになる可能性があるので避けた方が良いでしょう。

友達を交えてグループで遊ぶ

友達を交えてグループで遊ぶことは、夫の許可も得やすくなりますし、2人で遊ぶより気楽に遊びにいくことができます。特に日帰り旅行などであれば、友達と遊びに行くことを止める夫はいないでしょう。2人で遊びにいくより気楽に自分が好意を持っている男性と一緒に遊びに行って、楽しいひと時を過ごしましょう。

特に夫にない趣味であれば、グループで遊びに行くときにも夫に言いやすくなります。例えば、登山などの趣味であれば、大勢で一緒に行った方が安全ですし、泊りがけの旅行も不自然ではなくなります。

思い切ってホテルに誘ってみる

既婚女性が男性に惚れてしまった場合には、男性に脈ありサインを出しながら、2人きりになる機会を探るのが良いでしょう。2人きりになる機会があった場合には、男性側にボディタッチをするなど、やる気があることを強烈にアピールするのが良いでしょう。大人の男性であれば、既婚者の女性であったとしても、2人の時間を大切にしてくれるでしょう。

既婚女性だからと言って、性欲がないわけではありません。また、夫に大事にされない欲求不満がたまっていることもあるでしょう。人生は1度きりであり、自分の自由を尊重すべきなのです。2人でいる時に女性の側から積極的にホテルに誘うことができれば、ほとんどの男性は断りません。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告