恋愛


Adsense広告

友達の延長?恋愛に発展しそう?デートした時に分かる恋愛感情

たとえ付き合う気がなかったとしても、2人で遊びに行くというのは、男性慣れ・女性慣れしている人なら『友達として当然』と思っている人も多いです。

2人で食事ぐらい当たり前

2人で食事するぐらいのことは、特に異性の友人が沢山いるようなタイプの男女であったり、特にモテる男性、モテる女性であれば、異性と2人で遊びに行くぐらいのことが『当たり前のこと』だと思っています。

2人で友達として会うことを普通に思っている人もいるし、付き合う前提で会っていると一方的に思い込む人もいます。

恋人として見れない事情

休日を一緒に過ごす異性として良いけど、恋人として見ることは出来ないという男女が多いのも事実です。自分の好きなタイプと違っていたり、将来を考えると一緒に過ごす事が難しいと考えていたりする理由があるでしょう。

一緒にいると楽しいけど、恋人として見た時に微妙だと思うネガティブ要素が勝ってしまった時に「恋人としてごめんなさい」と言われる可能性が高くなります。何度かデートしてネガティブになって恋愛対象から外します。相手に対して恋のスイッチが入らなかったという状態です。

女性の浮気の原因は、パートナーに対する不満。女性にどんな不満があるのか把握する事が浮気防止に繋がる。

スマホで異性と連絡を取り合う

浮気の多くは、スマホで異性と連絡を取り合うところから始まります。最初のうちは、相手の男性から強烈にアプローチを受けて、今の彼氏に構って貰えない寂しさ、マンネリ感などで、スマホのやり取りを始めます。始めのうちは、後ろめたさもあって、自分から積極的に連絡を取る事はせず、相手からの連絡に返信するだけです。それでも、相手の男性が熱心に連絡をくれるようだと、返信して繋がりを維持するようになります。返信を熱心に返しているということは、どこか発展を期待するところもあるでしょう。

しばらく連絡をしていると、自然に女性の側からも連絡を維持したいと思うようになり、女性の側から連絡することも出てきます。女性の側から連絡するようになると、心が少しずつ浮気相手の方に向かっている事になり、本命の男性の扱いがやや雑になり始める頃です。そして、連絡を取るにつれて、女性が「相手の男性のことをもっと知りたい」と思うようになります。そうすると、もう浮気にかなり近い段階になっていると思われます。具体的には、趣味・嗜好を知りたくなったりするので、質問が増えてきます。

恋愛依存症の人が陥る悲惨すぎる人生とは?彼氏に病的に依存する深刻すぎる病気

恋愛依存症の人と長期の付き合いを行うのは難しいので、恋愛依存症の人と付き合うのは「できるだけ避けた方が良い」と言われています。幼少期の特に母親の教育から、厳しい環境で育って愛情が不足していたことで、自分に自信をなくして恋愛依存症に陥っている女性が多いとされています。

1人になることを何より嫌う

恋愛依存症の特徴として、1人を何よりも嫌う傾向があるということがあります。このために好きでもない男性と付き合い続けたり、遠距離恋愛ともなるとすぐに別れてしまったりする傾向があります。つまり、近くで過ごせる相手であれば、ほとんど誰でも良いような状況に陥っていきます。

相手に避けられて恋愛を終わっても、次にすぐに依存できるような相手を見つけて恋愛を始めます。このために交際人数がどんどん増えていきますが、結婚適齢期になっても出会いと別れを繰り返すことによって結婚に至らないという特徴があります。

Adsense広告

Adsense広告