友達の延長?恋愛に発展しそう?デートした時に分かる恋愛感情

Adsense広告

男女が2人で出掛けるというのは、友達の延長として考えて『男女の友情が成立する』と考えている男女も多いです。2人で出掛けた時には、友達なのか、恋人になれるのかを自分自身で見極めようとして2人で出かけることもあるでしょう。自分が好きかどうかの判断は、微妙な気持ちということになります。
友達の延長?恋愛に発展しそう?デートした時に分かる恋愛感情

たとえ付き合う気がなかったとしても、2人で遊びに行くというのは、男性慣れ・女性慣れしている人なら『友達として当然』と思っている人も多いです。

2人で食事ぐらい当たり前

2人で食事するぐらいのことは、特に異性の友人が沢山いるようなタイプの男女であったり、特にモテる男性、モテる女性であれば、異性と2人で遊びに行くぐらいのことが『当たり前のこと』だと思っています。

2人で友達として会うことを普通に思っている人もいるし、付き合う前提で会っていると一方的に思い込む人もいます。

恋人として見れない事情

休日を一緒に過ごす異性として良いけど、恋人として見ることは出来ないという男女が多いのも事実です。自分の好きなタイプと違っていたり、将来を考えると一緒に過ごす事が難しいと考えていたりする理由があるでしょう。

一緒にいると楽しいけど、恋人として見た時に微妙だと思うネガティブ要素が勝ってしまった時に「恋人としてごめんなさい」と言われる可能性が高くなります。何度かデートしてネガティブになって恋愛対象から外します。相手に対して恋のスイッチが入らなかったという状態です。

相手のことを自然に考えている

相手のことを自然に考えている時には、既に恋愛感情を持ってしまった可能性があるでしょう。友達のことを考え続けるということは、あまりないからです。相手のことが頭から離れなくなって、一緒にいたいと思うような状況になると、好きだと思った状態になっている可能性が高いです。

相手の事を思い出してしまったり、相手に自分のことを気にして欲しいと思った時には、もう好きになっている可能性が高いと思います。無意識に相手のことを考えているので、自分と友達の会話の中にも出てきてしまったりします。

自分を知ってほしいと思う

女性は、自分の好きな人に対して、もっと自分の事を知ってほしいと思ったりします。そのために口数が増えて、自分のことをどんどん話すようになっていく女性が多いです。

用もないのに連絡してくる

何の用事もないのに連絡が来るという時には、もう恋愛感情を持っている可能性があるでしょう。耀もないのに、暇つぶしで連絡しているという可能性もありますが、何とか用事を作って連絡してくる場合もあります。とにかく恋愛関係に近い関係で連絡が続く時には、好きの感情がある可能性があります。

2人でいることに違和感がない

2人で一緒にいることに違和感がなくて、このまま一緒にいたいと思うようであれば、好きになっている可能性が高いと言えるでしょう。

相手を最優先にしている

自分の用事をさし置いて相手を最優先にしているということは、既に好きな感情がある可能性があるでしょう。自分が気になっている人がいれば、自分が最優先に相手の予定に合わせていくでしょう。

好きになると、恋した相手に対して『特別意識』が働くようになるので、相手を他の人とは別の次元で扱うようになります。

1人で独占したい恋愛感情

相手を1人で独占したい欲求があれば、それが恋愛感情と言えるものでしょう。他の異性と一緒にいると嫉妬してしまう感情というのは、まさに『好きだから』という感情が高ぶっている状況になります。

彼女でもないのに、相手を独占したいと考えてしまうのは、相手のことが好きになってしまった証拠と言えるかもしれません。

気合が入った服装を着ている

2人でデートする時に色が入った服装で色気・気合を入れてきている場合には、恋愛感情を持っている可能性が高いです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告