恋愛依存症の人が陥る悲惨すぎる人生とは?彼氏に病的に依存する深刻すぎる病気

Adsense広告

恋愛依存症になると、彼氏に連絡が取れないだけで不安になるという症状がでるので、彼氏に常に連絡を取り続けることになります。そうする事で自分の生活が彼氏中心のものになり、彼氏も連絡に応じないといけないような状況になるので、今度は彼氏の生活も徐々に破壊されていく事になります。
恋愛依存症の人が陥る悲惨すぎる人生とは?彼氏に病的に依存する病気

恋愛依存症の人と長期の付き合いを行うのは難しいので、恋愛依存症の人と付き合うのは「できるだけ避けた方が良い」と言われています。幼少期の特に母親の教育から、厳しい環境で育って愛情が不足していたことで、自分に自信をなくして恋愛依存症に陥っている女性が多いとされています。

1人になることを何より嫌う

恋愛依存症の特徴として、1人を何よりも嫌う傾向があるということがあります。このために好きでもない男性と付き合い続けたり、遠距離恋愛ともなるとすぐに別れてしまったりする傾向があります。つまり、近くで過ごせる相手であれば、ほとんど誰でも良いような状況に陥っていきます。

相手に避けられて恋愛を終わっても、次にすぐに依存できるような相手を見つけて恋愛を始めます。このために交際人数がどんどん増えていきますが、結婚適齢期になっても出会いと別れを繰り返すことによって結婚に至らないという特徴があります。

自分を必要とする人を探す

自分が必要とされることに最大の喜びを感じるので、自分が必要とされる献身的になれる人を見つけて好きになる傾向があります。彼氏の問題を解決することを全てに優先して、自分のやる事は二の次になってしまいます。この為に彼氏との遊びを最優先にして、仕事などが疎かになる可能性もあります。

彼氏が学校の課題を抱えていると、自分の課題などを放置してまで手伝ったりすることになります。また、彼氏が必要だと言えば、大金であるお金をあげてしまったり、下手をすると自分の収入を注ぎ込んでニートの彼氏の生活を支えてしまう事さえ起こってきます。

とにかく「彼に必要とされたい」という心が人生の最優先課題となり、彼のためにあらゆる努力を行おうとします。その事は、自分のお金、時間を大幅に失わせることにも繋がってしまうことになるのです。

好きでもない男性と付き合う

恋愛依存症の女性は、『自分が必要とされること』に喜びを感じる傾向があります。このために特に好きでもないけれども、相手から強くアプローチされると、その交際を受け入れてしまうという傾向があります。この事は、結婚後において浮気される可能性が高まる事を意味しており、他の男性からの要望を断れないで秘密で外出する可能性があります。

恋愛依存症の女性は、必ずしも「好きな人と一緒にいる訳ではない」ので、結婚生活をなかなか想像できないという状況になります。愛情というよりも、依存の方が上回っているので、それを浮気という手段で回避する可能性があります。

共依存の関係になる

自分に自信がない女性は、『1人で何もできない寂しい』という考えがあるので、男性に依存したいと考えています。自分が尽くせるような男性を探して、同時に自分のためになってくれるような男性を探します。自信がないもの同士で傷をなめ合っているような共依存の状態が成立してしまいます。

女性が自分のお金を使って「働かないニートの男性」を献身的に支えることで自分の存在価値を見出したいと思っている状況です。また、男性側も自信がない女性、弱い女性を献身的に支えたくて全ての時間を使って連絡を取り続けてあげても良いと思っているので、共依存の関係になります。お互いがお互いのことで頭がいっぱいになっている状況で、社会からの孤立も招きます。

相手のことを常に考えている状態では、自分のことがどんどん疎かになっていきます。常にスマホで連絡を取り続ける時間、他の事が全く手に付かなくなってしまいます。彼氏と別れて共依存関係を抜け出すと、そこにさらに大きな穴が空いて、それを埋める為に別の相手を探すことに必死になってしまうのです。自分で自立した精神を身に付けることがないと、いつまでも共依存を脱することができません。

常にスマホばかり見ている

恋愛依存症に陥っていると、常にスマホのLINEばかりを見て、LINEの返信を最優先に行うようになります。友達と一緒にいるときでさえ、彼氏からのLINEが常に気になって、LINEばかりを見ている状況になります。

特に生理前の女性などに見られる行動として、何事も手につかずに1日中彼氏と一緒にいることを最優先にしたり、1日中連絡を取り続けることを最優先にする傾向があります。仕事中にも携帯ばかり見ることで、仕事が手につかない状況になってしまいます。

彼氏が生活の中心になる

彼氏が生活の中心となり、彼氏の予定がすべてに優先されることになります。週末などの予定をすべてフリーにしておいて、彼氏のために空けておくことになります。女性が彼氏に依存した状態になると、自然と委縮した状態になっていき、彼氏に見捨てられたくない、嫌われたくないと思って、彼氏に言いたい事が言えないような状況になってしまいます。彼氏の言いなり状態になり、嫌なことがあっても意見を言う事をほとんどせず、自分の意見を押し殺すようになっていきます。

彼氏が良いと言うようであれば、高い服でも購入して着ようとしたりします。彼氏中心の生活になってしまうので、友人が極めて少ないという特徴になります。親身になってくれる友人よりも彼氏を最優先にするので、彼氏がダメ男だったとしても、友人の意見を聞いて別れるようなことがなく、逆に友人と縁を切る事に繋がります。

友人関係から疎遠になる

彼氏を最優先する事ばかりに努力がいくようになるので、友人関係を継続する事に興味を失うようになります。また、友人と遊んでいる時でさえ、彼氏の事ばかりが気になる除去うになって、スマートフォンばかりを見ている状況が続きます。こうなると、友人もどんどん離れていくようになります。

友達がますます少ない状況から孤独になり、恋愛依存をさらに深める傾向になってしまいます。友達と疎遠になることで、さらに現状を客観的に見ることが困難となり、ますます恋愛にはまり込むという悪循環になってしまいます。

恋愛依存症が進行していると、もはや「友人なんていらない」と思い込んだり、チヤホヤしてくれるだけの異性の友人だけが何人か居れば良いという歪んだ状況が作り出されてしまいます。彼氏との交際を邪魔するような女性の友人をブロックしたり、要らないアドバイスをくれる友達をブロックするようになります。

彼氏と常に連絡を取り続ける

恋愛依存症の人は、誰と一緒にいても常に彼氏のことを考え続けている状況になります。彼氏のこと以外に集中できないので、常にスマホで連絡を取り続けることになり、友達と一緒にいても、彼氏と連絡を取り続けたり、電話したりする事が習慣化されます。

彼氏と必要以上に連絡を取り続けることは、他の友達と疎遠になる事にも繋がり、自分の仕事の時間なども疎かになっていきます。夜中にも彼氏と連絡を取り続ける事だけが生きがいになり、一緒にいない時に常に会話を続けなくては安心できないような状況に陥ります。

彼氏のために何でもする

恋愛依存症の女性は、彼氏のために何でもしようとする傾向があります。自分の貯蓄から大金を彼氏に貸してしまったり、最悪の場合になるとヌードモデルを引き受けたり、風俗店で勤務することすらあります。とにかく彼氏に喜んでほしいと献身的になる事が考えられます。

『誰か男性に必要とされている』という事が自分の価値観だと思い込んで、自分を頼ってくる男性と親密になり、自分ができることを何でもしてあげたいと思うようになります。好きでもない相手でも付き合うことが良くあります。

彼氏の生活を破壊して嫌われる

交際初期にラブラブだった2人は、1年~2年ほどで落ち着いてくると、恋愛依存症の人は『愛情が冷めてきた』と感じて不安になります。愛情が冷めてきたと不安になると、今度は別の男性を探し始めることに着手して、別れた後にすぐに別の男性と付き合い始めます。別の男性と付き合い始めると、前の男性と連絡をほとんど取らなくなります。

恋愛依存症の女性を相手にすると、彼氏になった人も常に連絡に時間を奪われるようになってしまう事になります。また、2人の時間を強要されることによって、別の行動が取れなくなってしまう症状に陥ってしまいます。

男性の質がどんどん悪化する

若い頃に付き合う男性は、普通の男性であったり、社会的地位が高いお金持ちの男性であったりします。しかし、恋愛依存症者が30代になってくると、付き合える男性が限定されていくことになります。付き合える男性が限定されてくると、男性の質を下げないと付き合えないということになっていき、男性の質が大幅に低下します。

例えば、両親も許容できないニート男性と付き合うようになったり、暴力的な男性と付き合うようになったり、幼い考え方の男性と付き合うようになるなど、大きな問題を抱えていくことになります。恋愛が長続きせずに別れるので、結婚できずに出産適齢期を過ぎてしまうという深刻な問題も抱え込みます。

恋愛依存症の女性が35歳ぐらいになってくると、自分でも結婚・出産に対する危機感を抱くようになります。「今の彼氏は好きだけど、一生涯を共にするほど好きになれる訳ではない」と自分でも分かっています。そうすると、結婚しなくても、誰かの子供だけいればいいという発想になったり、彼氏だけずっとい続ければ良いと思ったりするようになります。

ストーカーに発展する事例もある

恋愛依存症の人は、とにかく1人の人が近くにいるうちは固執するので、別れた後にもストーカーに発展する可能性もあります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告