成功している結婚の多くが学生時代からの恋愛結婚

Adsense広告

女性が30歳ぐらいになると、相手に年収とか求めるようになるけど、ぶっちゃけ年収なんてリストラされたらゼロですからね。年収がないと確かに子育てとか非常に大変ですけど、それは日本という国が腐敗国家だからであって、個人の責任にされちゃっている部分が非常に大きいです。
成功している結婚の多くが学生時代からの恋愛結婚

 

学生恋愛が一番良い

学生の時に恋愛して、そのまま学生結婚するぐらいの勢いが最も結婚して幸せになれるパターンかもしれません。収入などの確定しない段階での恋愛だし、周囲やお互いの事も良く理解して結婚する事ができますからね。

学生時代を逃したのであれば、社会人1年目~3年目ぐらいに結婚相手を決めると、最もスムーズにいくパターンかもしれません。

結婚相談所も30代は難しい

結婚相談所においては、女性が結婚するのは『若さが全て』と言われています。そして、婚活市場において男性に求められるのは、年収がトップとなっています。金を稼げない男は婚活市場において用なしな訳なので、年収が低い時点でもう婚活なんてやらなくてよいという事になります。

30代であれば、婚活なんてしなくても、アルバイトとかフリーターでも、シェアハウスにでも住んでいれば、20代のそこそこの女性を捕まえる事は可能です。婚活をするより、そちらの方が手っ取り早いです。『婚活に出てくると大人気だろ』というような女性がシェアハウスに沢山いますからね。

高所得女性ほど結婚できない

男性が高学歴・高所得の方が結婚しやすいのに対して、女性が高学歴・高所得になるほど結婚が遅れる、もしくは結婚できない状況である事が報告されています。日本において、女性が稼ぐことは、必ずしも幸せに直結しない事を意味していると分かります。そこにあるのは、『私生活を完全に犠牲にしたカネ稼ぎ』であり、人生をカネの方に重点を置くと結婚が遠のくことが分かります。

高所得男性は、結婚において有利ではありますが、ベンチャー企業の社長などは仕事に必死すぎて婚期を逃している人もたくさんいます。

Adsense広告

Adsense広告