良く会う人を好きになる単純接触効果(ザイオンス効果)とは?

Adsense広告

人間というのは、自分が良く会う人を好きになる傾向があります。特に女性は、接触頻度が高い人を好む傾向があります。
良く会う人を好きになる単純接触効果(ザイオンス効果)とは?

単純接触効果(ザイオンス効果)は、今から50年以上も前になる1968年にアメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが論文にまとめたものです。恋愛の初期段階においては、とにかく接触回数を高めることが重要ということが分かっています。

異性との接触回数を高める

異性と接触回数を高めることは、恋愛において絶大なる効果を発揮することになります。

続きはNOTEで販売しています

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告