人生を楽しく生きて恋愛運を高める方法

Adsense広告

楽しそうに生きる人の魅力 楽しそうに生きている人と、楽しくなさそうに生きている人の違いは何でしょうか?楽しく生きている人は、日常においてネガティブなことがあったとしても、それをポジティブに変えられる力を持っているのです。

仕事の時間を充実させる

仕事の時間に集中力をもって充実させた時間を過ごすことは、人生においてもとても大切なことになります。仕事の時間を充実させるには、それなりに能力地を高めておく必要があります。能力を高めないでいると、ダラダラと仕事する結果となり、生産性が悪化してしまいます。また、長時間労働などをすることも、集中力を欠く結果を生み出してしまいます。

仕事のパフォーマンスを高めるためには、良く寝て健康状態、精神状態を良好に保つことが重要です。眠い状態で仕事に挑んでも、良いパフォーマンスが得られる訳ではありません。

仕事で新しいスキルを身につける

仕事で新しいスキルを身につけることは、自分の能力を高めて、自己防衛をするために非常に重要になります。会社の内部で仕事を覚えたら、別の部署に移動する希望を行って、別の仕事を覚えるのも良いでしょう。全く新しい部署で、新しいスキルを身につけていくことは、将来的に必ず自分の知識として役に立ちます。

社会で求められる仕事が高度化しているにも関わらず、会社は単純作業を求めている場合もあります。そうした会社に長くいることは、時間の無駄になりかねないので、ある程度の仕事を覚えたら、転職するのが良いでしょう。

食生活を豊かにしていく

食生活を豊かにしていくことは、自分の生活を豊かにすることでもあります。バブル崩壊後に日本におけるサラリーマンのお小遣いがどんどん減少した結果、「現在のサラリーマンの食生活は、ホームレスの食べているものとほとんど変わらない」とさえ言われるようになっています。

現代の庶民にとってみると、低コストで栄養価の高いバランスの取れた食事を取ることは、大きな課題となっているのです。朝食を時間をかけて楽しみながらきちんと食べることは、健康を維持する上で大切になります。

仕事以外の時間が充実している

楽しそうに生きている人は、仕事以外の時間がとても充実しています。仕事に熱中しすぎて、仕事が全てというようになっている人は、「他人から指図されたことしかできない人間」になってしまっており、自分の人生を満喫することができません。自分の人生を充実させるためには、仕事以外の時間の充実が必要になります。

仕事以外の時間を充実させるためには、仕事の時間を出来る限り限定する必要性があります。残業ばかりしている人は、仕事以外の時間の余裕がほとんどなくなり、人生=仕事になってしまいます。それでは、とても「充実している人生」ということはできないでしょう。仕事をほどほどにして、仕事以外の余力の時間をいかに楽しめるかが人生を楽しくするポイントです。

仕事で残業などをせず、自分の能力を高めることで「時間内の賃金アップ」を目指した方が将来的に良い結果を生み出します。低い能力で残業をして低賃金であるよりは、高い能力で高賃金を得た方が人生を楽しむことができるようになるのです。長時間労働で「残業代」を稼ぐよりは、副業で自動的に得られる所得を増やした方が将来的に得られる所得が高くなります。

個人が「企業で責任のある地位を通じたマネタイズ」から、インターネットを使った企業との契約によるマネタイズなどをする手法が発達しているので、そうしたものを発展させることで、独自のマネタイズ手法を確立していくことは、個人に求められるスキルにもなってきています。個人メディア(もしくは零細会社)のメディアが大きなPVを叩き出して高い利益率を実現していることがあります。

会社の名前にすがりつかない

大企業に勤務することで、会社の名前を出すことを誇りとしていると、会社を辞めた途端に自分を見失うことになりかねません。大企業の名前が凄いかもしれんが、そこで行っている仕事が単純作業であるというのは、良くあることなのです。

生活全体の質を高める

人生を楽しく過ごすためには、生活の質を高めていくことを考えなくてはいけません。具体的には、食生活が栄養バランスの取れた野菜・果物・肉類などバランスの良い食生活を心がける必要があります。食事に気を使うことは、生活の質を高める上で必修と言えるでしょう。

食事と同時に「睡眠時間の確保」も重要になります。睡眠時間が十分に確保できないようだと、生活の質が大幅に下がってしまいます。睡眠時間をきちんと確保できるように生活をコントロールすることが重要になります。

生活の質をさらに上げるためには、適度に運動をすることで筋力を保つようにしたり、温泉に入浴して体温を上昇させて免疫力を高めてみたりすることも非常に大切になります。また、旅行などをして気持ちをリフレッシュさせることも大切です。

好奇心が旺盛である

好奇心が旺盛であり、何事にも興味を持っていることは、生きる上での糧になるとも言えるでしょう。何事にも興味を持ってチャレンジする人というのは、それだけ経験量がどんどん増えていくことになります。それだけ人とのコミュニケーションが上手になったり、会話する内容も面白くなっていきます。

仕事で1つの会社しか知らないと、世の中の流れを正確にキャッチすることができなくなります。政府が発表する大本営発表であったり、メディアのプロパガンダ放送に騙されるようになります。好奇心が旺盛であることは、何事も自分の目で確認しようとする動機付けにもなり、そのことが正確な情報をキャッチするきっかけにもなります。

新しいことにチャレンジしている

何歳になっても、新しいことにチャレンジしていく人は、非常に刺激的な人生を過ごす事ができます。自分の環境でチャレンジできそうなことがあれば、積極的にチャレンジした方が多くの学びを得ることができます。

新しいことにチャレンジした人と、そうでない人では、年齢が高くなるほど差が拡大していく傾向にあります。新しいことにチャレンジした人は、どんどん新しいことを吸収して友達を増やしていく一方で、新しいことにチャレンジしない人は、知識・経験の広がりが乏しくて、交友関係も広がりません。

新しいことにチャレンジしていくことは、「自分ができること」を増やしていくことでもあります。自分ができることを増やしていくことは、様々な知識を吸収して、人間関係の幅を広げていく上でも極めて有効に機能します。常に貪欲になって、新しいことにどんどんチャレンジしていくのが良いでしょう。

自分の軸で人生を生きている

自分の軸を持って人生を生きる人は、人生を存分に楽しむことができます。他人からの評価ばかり気にする人生は、「他人からの目線」で生きることになり、つまらない人生になってしまいます。自分の軸を置いて、過去の自分と現在の自分を比較することが大切です。

自分自身が、昨年よりも成長した、昨日よりも成長したと思えるように成長を実感できれば、生きる気力にも繋がります。また、自分が毎日のように少しずつ成長を続けていくことは、最終的に周囲の人が驚くほど高いパフォーマンスの実現に繋がっていきます。

自分の軸で動くことは、「自分に責任を持って行動する」ということでもあります。自分で決めた道を行くためには、知識・経験が豊富な方が正確に判断を下すことができるようになります。日頃から努力を怠らず、周囲との人間関係などを円滑にして、情報収集を行っておくことも大切になります。

人生を楽しむところに人が集まる

人生を楽しんでいる人のところには、どんどん人が集まっていく傾向があります。楽しさというのは、人に伝染する力を持っていて、楽しい人の近くにいると楽しくなるのです。逆に楽しくない人の近くにいると、どんどん楽しくない人生になっていきます。

自分が楽しそうに生きることで、楽しそうに生きたい人を周囲に引き寄せていく力を持つことができます。仕事を活き活きと行いながら、プライベートを充実させていくと、自然と良い仲間に恵まれるようになっていくでしょう。

能力を常に磨き続ける

能力を常に磨き続けることは、豊かな人生を過ごす上で非常に大切になります。自分を常に磨き続けることは、誰にでもできることです。自分自身が向上心を持つことさえできれば、常に勉強を続けたり、運動したりすることで、自分を常に磨き続けることができます。

スキルを高める時には、集中力をもって一気に学習を行った方がスキルを高められることが知られています。例えば、大学などで勉強したことは、生涯にわたって役に立つとされています。また、語学留学などで得た語学のスキルも一生涯にわたって役に立ちます。短期間で一定のレベルまでスキルを高めておけば、人生で使う機会が沢山でてきます。

常に努力を重ねている人と、努力をしない人では、その差がどんどん拡大していきます。努力さえしていければ、自分の不得意であった分野を得意分野にしていくことも可能になります。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告