歯並びが恋愛に影響する?歯並びに敏感な女性が急増して恋愛に影響

Adsense広告

最近では、グローバル化による欧米の価値観の影響も会って、歯並びに敏感な人が増えています。特に女性は、会った相手の歯並びをチェックするなど、歯並びに敏感な女性が多くなっています。20代以降の大人の矯正も増加傾向にあり、男性でも歯科矯正する人も増えています。恋愛で歯並びが良い事は、大きなアピールポイントになります。
歯並びが恋愛に影響する?歯並びに敏感な女性が急増して恋愛に影響

女性も男性の歯並びをチェックするようになってきており、男性で大人の歯科矯正する人も増加しています。歯並びが良いということは、異性に対して清潔感を与えて、好印象を持って貰うことができます。女性から「この男とキスしたくない」と思われたら最悪ですね。異性から「キスしたい」と思われるためには、歯並びが良い必要性があるのです。

健康意識が分かる歯並び

歯並びは、健康意識の現れであると考える人もいます。欧米では、多くの過程が幼少の頃に歯並びを矯正歯科で治療するとされています。日本では、親の意識が低い場合もあって、幼少期の矯正治療が行われないことも多いです。その結果、大人になってから非常に悪い歯並びがコンプレックスになるだけではなくて、虫歯、歯周病になりやすくなるなど、健康上の問題を引き起こしやすいのです。

歯の健康のために投資する事は、将来の高いリターンが得られるのです。一般的に教育水準が高ければ高いほど、歯に投資する意識も高くなると言われています。

部分矯正なら簡単で安い

歯科矯正の中でも部分矯正であれば、20万円ぐらいで行える歯科医院もあります。早いものであれば、半年ぐらいで終える事もできるので、「少し歯並びが悪いけど、完璧な歯並びにしたい」という場合には、部分矯正を行うのが良いでしょう。歯並びが少しだけ歪んできたという場合には、数か月のマウスピース矯正で治せる場合があります。

矯正治療はお金がかかりそうと考えている人も、前歯だけの部分矯正ができる場合もあります。自分の歯並びが悪いと思った時には、とりあえず矯正歯科に無料相談に行ってみるのが良いでしょう。すぐに矯正治療を行わない場合でも、将来の知識として役立ちます。

歯並びが健康に悪影響を与える

歯並びが悪い事の最大のデメリットは、虫歯になりやすいことです。八重歯の高齢者がいないというのは、ほとんどの八重歯の人が虫歯になって高齢になる前に歯が抜けてしまうからです。歯並びが悪い事は、どうしても磨きの腰が多くなるので、虫歯ができやすくなってしまいます。歯並びが悪い事は、歯周病にもなりやすくなります。

歯並びが悪いことは、食事がしづらい事にも繋がります。例えば、片方の歯だけが傾いていたりすると、正常な片側だけで噛むようになったりして、それを長期間にわたり続けると顔が歪むことになったりするのです。歯並びが悪いということは、それが食事に影響を与えることになってしまうのです。若いうちは、胃の働きが良いので問題ないのですが、60代以降になると、モノを良く咬まないで飲み込むと、胃の中で消化不良を起こすことに繋がります。

年齢が高くなるほど深刻化

歯並びは、年齢が高くなるほど、どんどん悪くなる傾向があります。人間というのは、年齢が高くなるに従って、歯がどんどん前に出てくるからです。年齢が高くなるにつれて、歯周組織なども弱くなっていくので、歯並びがどんどん悪くなっていくのです。最初から歯並びが悪い人というのは、60代になると目も当てられないほど歯並びが悪くなり、虫歯、歯周病のリスクが高まります。

大人の矯正というのは、20代に行う事が奨励されます。また、20代で行えなかったとしても、30代ぐらいで行っておいた方が良いでしょう。40代以降になってくると、歯並びが悪い多くの人が歯肉にも問題を起こしてくるので、矯正で動かすと歯肉後退を起こしやすくなってしまいます。歯科矯正も、早めに対処した方がスムーズに終えることができます。

非抜歯の症例も増えている

以前であれば、八重歯などの乱杭歯の場合、大人の矯正では上下2本ずつ抜歯して矯正治療を行うのが普通でした。最近では、技術の進歩などによって、抜歯しなくても矯正治療が行える症例が増えてきました。大人の非抜歯矯正では、インプラントを使って全体の歯を後ろ側に下げたり、矯正器具で歯並びを全体的に広げたりすることで矯正を行います。

虫歯になっていない歯を抜歯することは、健康を損なうだけではなくて、矯正期間もそれだけ長くなる傾向があります。非抜歯矯正は、健康を損なうことなく矯正期間も短くできるので、非常にメリットが大きな治療方法であると言えるでしょう。

セラミック矯正は絶対ダメ

短期間で歯並びを治療する「セラミック矯正」というものは、歯科医師が自分の家族に絶対に勧めることがないとされています。セラミック矯正というのは、健康な歯を削ってセラミックで覆うものですが、健康な歯の寿命を大幅に縮めることになってしまいます。セラミックのかぶせ物は、5年ほどでやり直しになると、前歯などいずれ抜歯になってしまいます。

簡単に出来ると言われるセラミック矯正というものは、明らかにコストパフォーマンスが良くないので、絶対にやるべきではないです。通常の矯正に外科的処置を加える事で、短期間で良い歯並びを手に入れる方法もあります。将来的に歯をボロボロにするセラミック矯正に騙されないようにしましょう。

外科手術のスピード矯正

大人の矯正治療では、骨が硬くて動かないことも多いです。そこで、歯肉の中にある骨に切り込みを入れて、動きやすくする外科手術(コルチコトミー手術)を行うことで、歯の動きを良くして矯正治療をスムーズに行うことができます。単純に八重歯だけが問題であるという例には、コルチコトミー矯正の手術を適用すれば、短期間に大きく歯並びを動かす事ができるメリットがあります。

コルチコトミー治療など、外科手術を受けて矯正治療するメリットは、非常に大きなものがあります。コルチコトミーを併用して、上手に治療できる歯科医院では、歯肉の後退を予防すること、強制後の後戻りを予防することが期待できます。ただし、外科手術を行う事になるので、歯科医にそれなりの技術が求められることになります。

矯正歯科医院を安易に決めない

矯正歯科は、少なくとも5~10医院ほど回るのが良いでしょう。安易に矯正歯科を決めず、時間をかけてじっくりと矯正歯科医院を決めるのが良いでしょう。特に「歯を抜歯しないと矯正できない」と言われる場合には、非抜歯でできる歯科医院がないかを良く探した方が良いでしょう。自分が疑問に思うことがあるうちは、矯正治療に踏み出さない方が良いでしょう。

矯正治療というのは、何歳になっても行う事ができるものです。最近では、40代、50代で矯正治療を行う人も増えています。歯科医院を焦って決めて矯正治療を行うと、失敗するリスクが高まってしまいます。自分なりに沢山の知識を得た上で納得して矯正治療を受けるようにしましょう。

関連記事: 

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告