恋愛に必要となる大人の歯並び矯正治療

Adsense広告

顔つきがイケメン、美女であったとしても、歯並びが残念すぎると、ガッカリされてしまうことになります。そればかりでなく、自分でもコンプレックスになって笑えないということになりかねません。さらに歯科衛生に敏感な女性などは、歯並びが悪い男性を嫌う傾向が強いです。
恋愛に必要となる歯並びの矯正治療

日本でも歯に関心を持つ人は増えていて、特に歯科医療に敏感な女性は、男性の歯並びを必ずチェックします。男性でも歯並びがかなり悪い場合には、出来れば20代~30代のうちに歯並びの矯正を行うようにした方が良いでしょう。自分の歯に関心を持つことは、健康を保つ上でも非常に大切になります。

大人の矯正治療が当たり前の時代

日本人は、小さい頃に矯正を行わず、大人になっても歯並びが悪い人が多いことで知られています。特に日本人に八重歯が多い事が知られており、大人になってから八重歯をコンプレックスに感じる人も多いです。最近では、歯科に敏感になる日本人も増えてきて、友人のSNSなどで自然に歯並びをチェックする敏感女性も増えています。このような時代で、男性であっても綺麗な歯並びが求められるようになってきました。

本来、矯正治療を子供の頃に受けておくとスムーズに矯正できますが、健康意識が低い両親のもとに生まれたり、矯正をするお金がなかったりした場合、大人になって歯並びが悪すぎることをコンプレックスに感じることがあるでしょう。最近では、SNSで自撮りを共有する機会も増えており、大人になってから歯並びを矯正治療している人も増えています。

最近では、大人の矯正治療が当たり前に行われるようになってきており、30代、40代になってから矯正治療を行う人も珍しくない状況になっています。矯正治療で歯並びを良くしておくことで、単に見た目が良くなり自信に繋がるということではなくて、将来的に健康に歯を保つことができるからです。歯並びが良い事は、歯の健康を維持する上で非常に重要で、それが体全体の健康に繋がるのです。

矯正治療の前に良く調べる

早く良い歯並びになりたいからと、決断を焦ると失敗の原因になるので、決断を焦らずにじっくりと矯正について考えることが大切です。矯正治療を行う前には、必ず1年~2年ほどかけて、じっくりと調査を行うことが良いでしょう。自分が歯科医院の説明に納得できないのであれば、矯正治療を開始するべきではありません。矯正治療で成功している人の多くは、歯科医院を10ヵ所も回ったり、5年もかけて矯正歯科について良く勉強してから矯正治療を開始する決断をしています。

周囲の人は、誰も自分の矯正治療について教えてはくれませんので、自分でアクティブに積極的に動いて情報をキャッチする必要があります。自分の足できちんと情報を集めて、それで矯正を開始するようにしましょう。インターネットで調べただけで分からないこともあるので、必ず矯正歯科に通ってカウンセリングを受けるのが良いでしょう。その決断力がなければ、歯並びが悪いまま一生涯を過ごす事になってしまいます。

歯科矯正で最も重要となるのは、矯正治療を行う歯科医院の選定であり、そこで妥協を許してはいけません。ホームページが美しい歯科医院が良いとは限らないし、インターネット上で評判が高い歯科医院が良いとも限りません。自分で実際に歯科医院に歯科クリーニング、カウンセリングなどに通ってみて、その感覚で決めるのが最も確実です。矯正治療で最も大切なのは、何よりも歯科医師の技術力の高さと、その歯科医師の持つ技術と自分の行いたい矯正治療との相性が一致することです。

大人の矯正治療は、子供の矯正治療に比べて長期を要すると言われていますが、歯科医院の技術力によって矯正治療期間が全く異なる場合があります。歯並びがそれほど悪くない部分矯正であれば、1年以内に終わる事もありますし、歯並びが相当に悪い場合、3年~5年を要することもあります。歯科矯正の治療期間が長引くほど、虫歯のリスク、通院の費用などが大きくなることになるので、治療期間は出来るだけ短い方が良いです。

セラミック矯正を行ってはいけない

歯科医院の広告などで、気軽に行えるセラミック矯正の広告がありますが、セラミック矯正は絶対に避けるべきです。セラミック矯正は、歯を大きく削る事で歯の寿命を大幅に縮めて、自分の生涯寿命まで縮んでしまいます。一度セラミック矯正を受けてしまうと、将来的に歯がボロボロになることが目に見えています。いちどセラミック矯正を受けると、60代、70代まで歯を残す事が難しくなってしまいます。まともな歯科医院であれば、健康な歯の神経を抜くセラミック矯正の選択肢に反対します。

セラミック矯正は、将来のことを考えると通常矯正よりも相当に高い金額がかかることになってしまいます。矯正治療を受けるのであれば、安易にセラミック矯正に騙されず、きちんとワイヤー矯正を選択するべきでしょう。ワイヤー矯正は、時間・費用がかかりますが、コストを抑えた部分矯正を選択したり、裏側矯正で見えない矯正を選択したりできるので、自分に合った治療を得意とする歯科医院を探すのが良いでしょう。

セラミック矯正を行うのは、どうしても短期で歯並びを改善しなければならない職業である「売れた芸能人」のみです。そのほかの一般人には、美容目的で歯をボロボロにするセラミック矯正というのは、百害あって一利なしです。セラミック矯正を受けるぐらいなら、矯正を行わないか、費用も安く済む部分矯正で対処するのが良いでしょう。

抜歯を出来るだけ避ける

歯科矯正する時には、なるべく健康な歯を削らないこと、なるべく抜歯を避けることが原則になります。大人の歯科治療では、抜歯が当然のことのように言われていますが、最近になって非抜歯治療の適用範囲が広がりを見せてきています。

八重歯を並べる事ですら、非抜歯の範囲が増えてきています。自分で良く調べてから決断を行わないと、取り返しがつかないことになり、後悔する可能性が高まってしまいます。八重歯の人が非抜歯治療を行う方法として、歯肉に手術で切り込みを入れる「コルチコトミー」という歯科治療を取り入れる歯科医院も増えてきているので、自分で事前にきちんと調べることが大切です。

抜歯を行ってしまうと、単に歯を失うというリスクだけではなくて、歯並びが狭くなった印象になることがあり、笑った時などに口元が寂しい印象を持たれることもあります。歯がアーチのようにきちんと並んだ歯並びを保つには、非抜歯で行うのが良いのです。ただし、非抜歯で矯正治療を行うデメリットは、口元が出て出っ歯になる可能性があるということです。

20代からの矯正治療の注意点

大人の矯正治療は、そのリスクを良く理解しておく必要性があります。大人の歯科矯正で、特に注意し那智の歯、抜歯のリスク、歯肉後退のリスクです。2つとも歯の健康にとって非常に大きなリスクなので、矯正治療の前に良く歯科医院、歯科医師と相談して納得して治療を受ける必要があります。

矯正治療の歯科医院を選ぶ時には、歯肉の後退に敏感である歯科医院を選んだ方が良いでしょう。単純に歯にワイヤーを装着して歯並びを並べるだけであれば、どの歯科医院でも難しくはありませんが、歯肉の後退などを予防しながら歯を並べるのは難易度がかなり高くなります。歯科矯正で著しい歯肉の後退を起こしてしまうと、歯と歯肉の間に「ブラックトライアングル」と呼ばれる隙間ができて、非常に目立ってしまうのです。いちどブラックトライアングルが出来ると、治療でブラックトライアングルを解消させることは困難とされています。その場合、部分的に歯を再矯正したり、ダイレクトボンディングというプラスチックを貼り付けて見た目を良くする方法もあります。

特に大人になってからの歯科矯正治療は、自分の歯に起こりうるリスクを良く理解してから開始する必要があります。歯科医師と良くコミュニケーションを取る事が大切です。歯科医師に頼りきりになるのではなくて、分からない事は、自分から尋ねたりするなど、自分から関心を持って歯科医師に接することが大切です。

大人の矯正にコルチコトミー矯正治療

コルチコトミー治療は、外科手術で歯肉に切り込みを入れる矯正治療で、最新の医療として矯正治療で広まりを見せています。コルチコトミー治療は、実施している歯科医院は、非常に限られた数になります。そのメリットは絶大で、矯正期間の短縮、歯肉退縮を防いだり、根の吸収を防ぐなど、非常に大きなメリットがあります。デメリットとして、外科手術が必要で医師の技量に左右されるところが大きい事と、費用は高くなることがあります。しかし、それだけリターンが大きい矯正治療になります。特に日本人に多い八重歯の治療に非常に有効なので、大人の矯正治療の選択肢として検討するべき治療方法です。

歯の寿命を保つためには、歯肉を含めた口元全体の治療を考える必要があり、特に『歯肉の健康を保つこと』が非常に大切になります。抜歯の多くの原因は、歯の乱治療もありますが、歯肉の後退によるものだからです。歯を失うと、自分の寿命が短くなる原因になってしまいます。歯科医院を選ぶ時には、歯肉の健康も含めて、総合医療を提供できる歯科医院を選ぶことが良いと言えるでしょう。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告