好きなのに避けてしまう女性の好き避け心理とは?内心はドキドキ!

Adsense広告

好きな人の前では、恥ずかしくて話しかけるなどの行動ができず、好き避けしてしまう女性心理をまとめました。
好きなのに避けてしまう女性の好き避け心理とは?内心はドキドキ!

好き避け女性の特徴とは、2人きりだと凄く優しくなったりしますが、他の人の前だと雑であるなどの行動が見られたりします。

あまり好き避けをしていると、「良く分からない面倒な女性」と思われてしまいます。良く分からない女性に猛烈にアプローチしてくる男性は、自分に相当自信がある男性であるか、質の低い男性である場合がほとんどです。経験があるそれなりの男性になると、脈なし女性に猛烈にアタックしたりしません。

無関心を装ってしまう

自分が気になる相手に対して、『私はあなたに関心がありません』と無関心を装ってしまうのです。ほとんどの場合、自分が傷つくのを恐れて予防線を張っているのです。無関心であるのを乗り越えて、男性側が強引に迫ってくるような恋愛を求めているのです。しかし、良い男性が強引に迫ってくることを求めるならば、それだけ女性の価値が高くなければいけません。

意図的に冷たく接することで、相手に時分の事を印象付けたいという計算高い女性もいます。自分が簡単に手に入らないものだという印象を与えたいという考え方です。しかしながら、冷たくされた男性側は、「俺に気がないんだね」と思って、去っていくことも多いです。

周囲に冷やかされたくない

自分が相手にことを好きだと分かってしまうと、周囲に冷やかされてしまうと感じて、無関心を装う行動にでます。

自分に釣り合わないと思うような人気のある人ばかりを好きになってしまって、好きという気持ちが伝わるのを恐れるので、気のない素振りをしてしまうのです。

恋愛経験が極端に少ない

恋愛経験が少ないまま20代を過ごすと、恋愛本などに紹介されている内容を実践する「恋愛行動」を意図的にするようになっていたりします。恋愛を駆け引きする場所と勘違いして、どうしたら良いかを常に考えながら相手と恋愛ゲームの駆け引きばかりを行うようになる状況です。周囲の男性をとにかくボディタッチしてみたり、気のある素振り、気のない素振りで男性を振り回したりします。

恋愛ゲームをする女性というのは、当初こそ男性に興味を持たれるのですが、長期的に男性との信頼関係が保てなくなるので、お付き合いに発展しないことが多いです。

自分のプライドが高い

自分が気のない素振りをしているのに、相手には「それを乗り越えて私にアプローチしてこい」と考えているのです。男性がその壁を乗り越えられるほど「女性に価値がある」と感じれば別ですが、それほどでもないと感じる場合には、男性が面倒だと感じて逃げていくことになります。良い男性ほど、代替となる女性がいるので逃げていく傾向が強くなります。世の中の男性は、脈なし女性にいつまでも時間をかけられるほど暇ではないです。

チャンスを逃し続ける

好き避けのようなことは、「自分が何もしないのに相手に来てほしい」という非常に都合の良い事を考えています。自分が主導権を握りたいにも関わらず、相手にリスクを負わせるような恋愛は、付き合えたとしても長続きすることはありません。

20代のうちにチャンスを逃し続けると、30代になってアプローチが激減した時に後悔することになってしまいます。20代女性の選択肢は多いですが、30代の女性になると極端に選択肢が少なくなってしまうからです。

好き避け女子の対処方法

好き避けする女性に対しては、気軽に連絡してあげて、連絡を取りやすい状況を作り出す事が大切になります。とりあえず、デートに誘って様子を見るのも良いでしょう。何度デートの誘いを出しても、日程をはぐらかされたりするようであれば、脈なしとしてさっさと引いた方が良い場合も多いです。

単に周囲にいる男性を通じて『仮想恋愛』の気分を味わいたいと思っている女性もいます。その場合には、単に男性と連絡したり駆け引きしたりすることで満足して、デートしたり、お付き合いをしたりするのが『めんどくさい』と感じて求めていない可能性もあります。

関連記事: 

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告