魔性の女の特徴とは?「魔性の女」の落とし方

Adsense広告

魔性の女は、性格面において自立しており、メンヘラ女子のような男性に対する依存体質と対照的な女性になります。本当の魔性の女とは、美人と言えるほどでもないにも関わらず、同時に多数の男性からアプローチされる非常に希少価値が高いものになります。魔性の女は、まさに『恋愛ゲームの頂点に君臨している女性』のことです。
魔性の女の特徴とは?天然系で狙った男を簡単に落とせる

魔性の女は、普通の女性と異なって、2人でデートしたから恋愛感情が高まっていくということがありません。1人で楽しんでいるのと、男性と2人でデートしている状態があまり変わらないのです。デートで恋愛感情が高まるのは、男性側だけだったりします。

魔性の女は、男性に対して全く恋愛感情がないにも関わらず、男性側が熱くなって「この人に運命を感じて付き合って結婚したい」と思い込みを持っている状況です。特にあまりモテない系の男性が熱くなる事が多いのです。

魔性の女とは、『男性を虜にしてしまう魅力がある女性』です。魔性の女は、意図せずして天然ぶりを発揮して、男性を夢中にさせていきます。その最大の武器となるのは、満面の笑み、ボディタッチ、目で見つめるということで男を虜にします。

魔性の女にはまり込んだ男性は、自分が気が付かないうちに魔性の女に生活を奪われて、疲弊して全てを捧げる事になっていきます。そして、男性が疲弊したところで、魔性の女が男のもとを去っていきます。

1 . 滅多に出会えない魔性の女

魔性の女は、人生において何人も出会える人ではないほどに希少価値が高いものになります。その希少価値が高いだけに、多くの男性が魔性の女に夢中になってしまいます。魔性の女に夢中になって、魔性の女の存在が頭の中から離れなくなってしまうのです。

魔性の女は、モテる女性の最上位に位置していると言っても過言ではありません。自分のすべてを彼女に捧げても良いと思えるほどに男性を夢中にさせる力があります。美人でもない、むしろ地味な女性なのに多くの男性を夢中にさせる魔性の女は、周囲の女性にとって非常に脅威に見えることでしょう。

魔性の女にはまり込む女性は、単に一緒にいるだけで幸せな気持ちになり、ランチを一緒にしてと嘆願します。周囲の男性を魅了して、学校・会社で最も良いとされる男性まで魅了することで、男性陣から取り合いになります。

2 . 独特の感性を持ち合わせている

魔性の女というのは、その独特の感性から、他に代替がいない『唯一無二の女』と思わせる魅力に長けています。多くの人から見ると、見た目が地味でどこにでもいる女性に見えますが、友達として付き合ってみると楽しく会話できたり、簡単に惚れ込んでしまいます。

滅多に見る事が出来ない魔性の女ですが、その魔性の女をゲットしようとチャレンジした数多くの男性は、そのまま付き合うことができずに撃沈してしまいます。魔性の女から興味を持たれてデートできた男性はラッキーであり、付き合うハードルが極めて高い場合が多いです。

3 . 男女問わずに誰とでも仲良し

魔性の女は、男女問わずに誰とでも仲良くすることができます。魔性の女は、年齢・性別を問わずに非常に人気があります。だからこそ、男性の目を惹く事が多くなり、数多くの男性から言い寄られる機会があるのです。そのために、複数の男性を同時にキープしておくことが可能です。

魔性の女の交友関係というのは、基本的に「広く浅い」という状況になっているので、多くの場所に顔を出しながらも、興味がない人とデートしたりすることはありません。自分が興味有る男性とは、自分の時間が空いたときに2人きりで気軽にデートに応じたりすることも珍しくありません。

Adsense広告

4 . 魔性の女の魔力

本当の魔性の女というのは、男性が一生に一度、見るか、見ないかという非常に珍しいものです。魔性の女がいたとしても、周囲から見ると『普通の女性』に見えるので、その魔力を見る事が出来ません。

魔性の女に備わっている魔力というのは、特に調子が良いときにその力が最大限に発揮されます。体調、調子が悪いときには、その魔性の女に備わっている魔力の力が落ちて、男性を吸引する力を失わせていきます。

魔性の女は、自分の魅力を最大限に発揮する方法を心得ており、ファッションなども流行に左右されない「自分に似合った服装」を身につけているという特徴があります。

5 . 魔性の女の色気

魔性の女というのは、独特の色気を持っています。その色気というのは、体の露出が激しいというものではなくて、自分に似合う服装をしているのです。本物の魔性の女というのは、露出が激しい格好をしている訳ではなくて、むしろ露出が少ない格好を好んでいます。

魔性の女の色気は、『肌が綺麗』であるということもあります。顔が美人と言えないにも関わらず、肌が綺麗だと他の女性と並んだ時に際立つのです。魔性の女は、自分の色気に加えて、興味がある男性に対して積極的にボディタッチを行って、男性の気を惹こうとしてきます。

6 . 自分に向けられる笑顔

自分に向けられる自然な笑顔ほど男性を魅了させるものはありません。魔性の女というのは、興味のある男性に対しては、最大限の笑顔を見せてきます。それは、まるで『あなたに出会えて本当に良かった』というメッセージに見えるのです。その笑顔に多くの男性が魅了されます。そして、知らないうちに魔性の女の虜になってしまうのです。

魔性の女が出す笑顔は非常に強力なもので、それほど美人でないにも関わらず、男性からすぐに『気になる存在』にさせてしまうような魅力:魔力を持っています。魔性の女の笑顔は、美人よりも更に男性の心に刺さって、男性の心を奪い取る力があります。

7 . 男性の脈ありラインを超えてくる

魔性の女は、男性が『脈あり』と思うラインを簡単に超えてきます。その結果、モテない男性であれば、簡単に魔性の女を好きになってしまいます。モテる男性であっても、その微妙なラインに翻弄されることになって、心を大きく揺さぶられることになります。

魔性の女は、無意識のうちに『都合の良いように男性を利用する』という事ができます。男性に対して、それとなく自分のやりたい事を匂わせて、自分の利益になるように誘導していきます。「温泉に行きたいなー」と言って一緒に温泉の旅行に行くけど、体は許さないということを平気でやってのけます。

8 . 魅力的な人に会える幸せ

自分の人生において、『魅力的な人間』に出会えることは、とても幸せなことです。そして、その魅力的な人と交流することは、自分の人生を魅力的にする活力になります。魅力的な人と一緒にいることで、自分もその恩恵を得ることが出来ることは間違いありません。

自分の人生において魅力的な人に出会える機会と言うのは多くありません。それを活用できるか否かというのは、自分次第という事になります。生涯に1度でも魔性の女に出会えたという人は、その魅力を堪能できるということで、ラッキーだと思うべきでしょう。

9 . 見た目が地味であることが多い

魔性の女の特徴としては、見た目が地味である場合が多いということがあります。身近でどこにでも居そうな女性なので、周囲が『魔性の女』と気が付いていない場合もあります。周囲が『魔性の女』と気が付くのは、自分が惚れ込んでしまった時だけかもしれません。

必ずしも美人であるという事ではなくて、最初に会った時に与える印象は、地味な女性と思われる事が多いです。多くの男性は、美人とまでは言えない彼女を何故か追いかけてしまうのです。多くの男性にとって、どこにでも居そうな地味な女性というのは、男性に安心感を与えるので恋愛対象になりやすいのです。

黒髪・メガネでどこにでも居そうな地味な女性が『魔性の女』です。

10 . ギャップを感じさせるキャラクター

魔性の女は、そのキャラクターにギャップを感じさせる要素があります。魔性の女というのは、知的で、大人びた考え方を持っていながらも、少女のような可愛い部分も持ち合わせています。多くの男性は、その意味不明のキャラクターにギャップを感じて魅了されるのです。

周囲の抱くイメージと、自分が知っている魔性の女のキャラクター乖離が大きければ大きいほど、『自分だけが知っている彼女の魅力』に惹き込まれてしまうのです。

11 . ボディタッチが多い

普通の女性であれば、最初からボディタッチを積極的に行うことはありませんが、魔性の女は違います。最初から興味がある男性に対して積極的に近くに接近してボディタッチを行うなど、肉食女子さながらの態度を示してアプローチを仕掛けていきます。

魔性の女は、会った当初から距離感が非常に近いので、恋愛慣れしていない男がたちまち虜になってしまいます。多くの男性が『魔性の女が自分に気がある』と勘違いをしてしまうのです。魔性の女にとって、ボディタッチというものは『単なる挨拶』にすぎません。

12 . 男性に思わせぶりの態度を取る

魔性の女は、自覚がある・なしに関わらず、男性に対して『思わせぶりの態度』を取ります。それが計算された行動であれば、小悪魔女子に該当しますが、魔性の女は「計算せずに思わせぶりの態度がとれる」と言う点において、天然系と言えるでしょう。

天然系の性格で非常に多くの男性をメロメロに出来てしまう魔性の女は、男性にとって非常に厄介な存在です。多くの男性が魔性の女に夢中になって、魔性の女のことばかり考えるようになって、必死で魔性の女に尽くそうとします。

実際には、魔性の女は『男性の欠点』も同時に見抜くことで、男性を異性として好きにならないようになっています。単に自分に都合の良い男性を見抜く嗅覚に優れており、自分に都合の良い男性であれば、デートをOKしてくれるようになります。

13 . 男性に惑わされない

魔性の女は、男性に従うという考え方がありません。男性に惑わされずにマイペースを保つので、特定の男性に夢中になって自分の心が乱れることがないのです。自分は男性に甘える事が多いにも関わらず、その男性に依存することがないのです。

男性の思い通りに動くことは無く、彼氏になってからも全く思い通りに動きません。魔性の女は、気分によってフラフラと動きを変えて、男性の「思い通りにならない女性を追いかける」という男性の本能を揺さぶります。

魔性の女は、何度デートを重ねたとしても、男性に心が揺さぶられることがありません。普通の女性であれば、何度かデートしたら付き合う選択肢が出てきそうなものですが、魔性の女にそれが出てこないのです。魔性の女と関係が深まっていく男性が告白しても、魔性の女には恋愛感情がないので、付き合うことになりません。

14 . 魔性の女はオープンである

魔性の女は、恋人がいても他の男性と普通に遊びに行くことが多いという特徴があります。その際には、男性に媚を売っている訳ではないので、恋人がいる時に隠すことがありません。また、他の男性と遊びに行ったことさえ、普通に友人・他の男性に話そうとします。

15 . 復讐心・お金の執着心がある人もいる

魔性の女の中には、誰かに復習したいと思っている復讐心を多数の男性に向けている場合もあります。自分に好意を寄せてくれる男性をコントロールすることで、自分の感情を満たしたいと思っているのです。

家族がお金で苦しんだ経験があると、お金に対する執着心を見せる人もいます。男性に食事・金品などを貰うのを当然と考えて、自分の感情を満足させようとします。魔性の女は、言葉で直接的に何かを要求することがありませんが、男性が金品をプレゼントしてくれます。

16 . 男と同じ部屋に泊まる事に慣れている

終電を逃して男の部屋に泊まって寝泊りしたり、旅行先でホテルに一緒に宿泊することに慣れており、多くの男性に同じように接しています。魔性の女は、男性から自分への好意を上手に使いながら、さらに男性と仲良くなる方法を模索しているのです。

魔性の女は、男性にチヤホヤされたいと思っているので、楽しそうな場所にお金を出して連れていってくれる男性を喜びます。言い換えれば、『遊び人』と判断されても間違いないということです。

17 . 行動が謎に包まれている

魔性の女は、自分の行動計画を必要以上に語ることがありません。友達などにも行動計画を話したりしないので、その行動が謎に包まれています。自分の行動を他の人に漏らして、複数の男性とデートしていることを知られたくないという思惑もありそうです。

魔性の女は、日常を隠すことが多いので、周囲に「ミステリアス」という印象を与えます。魔性の女が何を考えているかは、周囲の友達でも良く分からないことが多いです。

18 . 目をじっと見つめる

魔性の女は、目をじっと見つめることが多いので、多くの男性が意識するようになってしまいます。多くの男性は、女性から目を見つめられることが少ないので、恋愛経験が少ない男性なら魔性の女にすぐに夢中になってしまいます。

恋愛経験が多い男性でも、魔性の女に狙われると多くが抵抗できずに簡単に落とされてしまいます。100人に1人もいないと言われる魔性の女をコントロールできるのは、魔性の男と言われる相当にモテる男性だけです。

19 . 一緒にいると良い香りがする

魔性の女からは、何故か分からないですけど、良い香りが匂ってきます。それは、シャンプーの香りかもしれないし、柔軟剤の匂いかもしれないし、香水の香りかもしれない。とにかく魔性の女からは、良い匂いが漂ってきます。

匂いに対するこだわり、そして色に対するこだわりというのは、『魔性の女の特徴』としてあげられます。魔性の女は、匂いについて自身が認識していることもありますし、自分が認識していないこともあります。

20 . 特定の彼氏がいない

特定の彼氏を作らないで、常に複数の男を掛け持ちして遊びまくっているのが『魔性の女』の特徴とも言えます。常に彼氏候補を探していように見えて、実際に彼氏を必要としていないので、付き合うことに慎重である場合も多いです。

特定の彼氏をずっと持たなくても平気であり、長期間のアプローチを経てようやく信用して魔性の女と付き合うようになれます。ただ、魔性の女は、彼氏ができた後でも行動スタイルを変えることはなく、マイペースを維持し続けるので、付き合っていくのは大変です。

21 . 連絡が自分の気分次第

魔性の女の特徴としては、『連絡がマイペースで返事も気分次第』という事があります。好みの男性であったり、緊急性がない限りは、なかなか返信をすることがありません。興味がない人からの連絡であったり、大した事がない雑談などの用事に対しては、返信がかなり遅くなります。

魔性の女と長文でやり取りできるのは、かなり仲良しの男性だけという事になります。自分の気分次第で返信したり、返信が特に来ないことも珍しくありません。また、長文などメンドクサイ文章には、全く返信が返ってこないと考えた方が良いでしょう。

返信の速度もまちまちで、返信が早かったり、遅かったりと気分次第でまちまちになります。連絡も、自分からしたり、全く連絡しなかったりします。男性は、その魔性の女のLINEにも振り回されることになります。

22 . 自分の私生活を明かさない

魔性の女が私生活を明かさないというのは、自己防衛の本能が働いているということでしょう。その姿勢は徹底しており、携帯電話にデートに行った相手を残さないという具合です。つまり、2人でデートに行ったのに、携帯電話の中が『あたかも1人で旅行に行ったような写真ばかり』になっているのです。

私生活が謎であるのは、男性と2人でデートしていることを明らかにしないからです。魔性の女は、男性と2人でデートしていることが他の男性にバレるのを嫌がる傾向があります。他の男性に共有されることで、気になる男性からの指名を失う可能性があるからです。

23 . 優柔不断で複数の男と遊ぶ

魔性の女は、1人の男性に決められることがほとんどありません。男性から誘われて、自分が興味が持てる人・場所だと思えば、気軽にデートにも応じるという特徴があります。執着心の強い男性を嫌う傾向があるので、執着心が薄くて特にモテる男性と遊びたがる傾向があります。飲み会、映画、温泉など、どこでも誘うと気軽に遊びに応じます。

魔性の女は、興味がない男性に対しても思わせぶりの態度を示します。しかし、当然ながら自分が全く興味がなければ2人で遊びに行くことはありません。2人だけで遊びに行くのは、誘ってくれた男性にある程度の興味は抱いていて、かつ提案された場所が自分が行きたい場所だった場合には、気軽にどこでも遊びに行きます。

複数の男性に思わせぶりの態度で接する事で貢がせておいて、自分に役立たないと思うようになると、ポイと捨てて連絡を減らすことも何とも思いません。もしくは、自分に気の有る相手を嫉妬させて弄んだ上で、気がなくなったと分かると次のターゲットに切り替えていきます。

相手から誘われた場所には、2人きりでも気軽に応じますが、自分から誰かを誘おうとしない「受身スタイル」が特徴です。

24 . 男性の誘いを断らない

魔性の女というのは、誘われたことに対しては、あまり断らない傾向があります。たとえ、2人きりのデートであったとしてもOKすることで、男性を勘違いさせる結果になることが多々あります。自分で物事を判断できず、男性から決めて貰うという優柔不断なところがあり、デートプランなども任せきりになることもあります。

海に行きたい、山に行きたい、映画に行きたいなどと男性に言って、男性が連れて行ってくれると言えば、2人きりのデートも軽々と応じてくれます。男性は、付き合ったような気持ちになって舞い上がったりしますが、実際に魔性の女にデートしている感覚は全くありません。魔性の女にとって2人きりの時間を過ごしたという感覚ではなくて、1人で遊んでいる感覚と何も変わらないのです。

相手が誠実で真面目だと思えば、ほとんどの2人きりのデートに応じます。どの男性にも、ほとんど区別なく優しく接することができるので、男性が居心地が良い楽しいデートを過ごすことができます。多くの男性が2人でデートに行った事に舞い上がってしまって、魔性の女を好きになってしまいます。

25 . 複数の男性を競わせる

魔性の女は、基本的に複数の男性と連絡を取り続けるという特徴があります。メンヘラ女性にも似たような傾向が見られますが、魔性の女は、メンヘラ女性と違って『男性を振り回せるだけ振り回す』という傾向があります。他の男性の存在をチラつかせるのは、魔性の女に良く見られます。

複数の男性が熱を入れてアピールしていますが、魔性の女はうまくかわして相手にしないのです。魔性の女を好きになってしまった男性は、会話のネタにされることになり、『他の男性に告白された』という話を出してきたりして、他の男性にアピールすることもあります。

26 . 男性の話を上手に引き出す

魔性の女の特徴として、興味を持った男性の話をどんどん聞いて話をニコニコしながら聞いてくれるということがあります。男性は、ニコニコ笑顔で興味深く聞いてくれる魔性の女と話していると楽しくなって、魔性の女に対して自然に好意を抱くようになっていきます。普通の男性であれば、自分の話に興味を持ってくれている魔性の女は、自分の事が好きなんだと勘違いします。

魔性の女は、確かに興味を持った男性に対して積極的に聞き手に回りますが、それが恋愛感情に結びつく事は、ほとんどありません。魔性の女が抱いているのは、恋愛感情ではなくて、友達感情に似たような『男女の友情が成立する』と信じるような感覚です。

27 . モテるけど本命になれない?

魔性の女は、モテる人気がある魔性の男から見ると、本気になれない存在になります。いかに『モテているように見える』女性をものにしたいとは言え、複数の男性と関係を持っているかもしれない女性を本命にしたい男性はいないからです。特にモテる男性・ハイレベル男性ほど、落ち着かない女性を警戒します。

魔性の女に対して、全ての男性が反応するという訳ではないですが、かなりの男性が反応を見せることは間違いありません。魔性の女のモテ方というのは、多くの女性から見ると羨ましいと感じることでしょう。

魔性の女は、複数の男と交際しているように見られるので、本当に良いモテ男から避けられる傾向があります。また、遊び相手として見られることはあっても、結婚相手として見られることが少ないという特徴もあります。

28 . 本命が誰か分からない

魔性の女の本命は、本命の男性がいたとしても他の男性とデートしたりするので、『誰で現在の本命なのか』ということは、周囲にも判断が付きません。しかも、気分屋で心変わりが激しいので、本命がすぐにコロコロ変わる傾向があります。今日の本命と、明日の本命が違うという事も良くあるのが魔性の女の特徴です。

魔性の女は、長い時間をかけて男性をじっくりと選別しようと考えているので、簡単に本命を決めたりしません。また、本命の彼氏が決まったとしても、他の男性と会うことをやめようとしない事が多いです。

29 . 恋愛ゲームを楽しんでいる

魔性の女の特徴として、自分に対する男性の反応を純粋に楽しんでいるということがあるでしょう。相手の表情・動作などから、自分にどれだけ関心があるのかを即座に見抜いていきます。そして、自分に好意が出てきたと分かると、ボディタッチをやめたりすることで、男性に対して冷淡な態度を示したりします。

特定の男性に絞り込むと、恋愛ゲームが楽しめなくなるので、彼氏を作るより複数の男性と楽しむ方を優先します。彼氏候補を放さないように上手にコントロールできる範囲で付き合うので、彼氏候補もダラダラと恋愛ゲームに付き合わされることになります。

魔性の女に対しては、恋愛ゲームを一緒に楽しむぐらいの余裕を持った男が好まれます。

30 . 男性に媚びることがない

魔性の女は、男性に気を使うことがあっても、媚びることがありません。精神的に自立してやっていこうという考え方をしているので、男性に媚びる必要がないのです。

男性に媚びることがないので、自分からの連絡が極端に少ないという特徴もあり、LINEなどのメッセージを自分から進んで出そうとしません。必要がないと判断すれば、LINEの返事をしなかったり、レスポンスが遅かったりします。でも、返信が必要だと思えば、きちんと返信を行うという特徴もあります。

31 . 最小の労力で最大の成果を狙う

魔性の女は、最低限の労力で最大の成果を得ようとします。自分のために尽くしてくれるけど、付き合わないで済むような都合の良い男性を選んでデートします。男性がすべての代金を支払うのを当たり前のように考えているので、最小限の金額で、自分の楽しみを最大化させることができます。

魔性の女は、何も言っていないにも関わらず、デート代金を男性側が支払ったり、男性がものを貢いだりします。魔性の女というのは、ものに対しての執着心が低いことが多いので、何かをプレゼントしたから男性を好きになることがほとんどありません。

32 . 男心をくすぐる

魔性の女は、興味のある男に対して、男を持ち上げるようなことを言うことで気持ちよくさせる傾向があります。魔性の女は、何を言ったら男性が喜ぶかということを良く知っていて、男性が喜ぶような言葉を積極的にかけていく傾向があります。

男性は、女性から言い慣れていないような言葉をかけて貰うことによって、『魔性の女と一緒にいて楽しい』と感じることができるのです。

33 . 自分が楽しめることを優先する

魔性の女がわがままだと言われる理由は、他の人に無理に合わせようとせず、自分が楽しめることを優先する傾向があるからです。

その手段を全く問わずして、人生を楽しんでこそ「魔性の女」と言えます。

34 . 知性を感じさせる発言をする

知的な男性を取りにいく時には、知性を感じさせる発言を行います。ハイレベル男性になればなるほど、付き合う女性に知性を求めるようになるので、『知性を感じさせる発言』というものが多くの男性を喜ばせることになります。

35 . 男性から追いかけられると逃げる

魔性の女は、男性に気があるような振る舞いを行いますが、実際に気がある訳ではありません。そこで、男性が追いかけていくと、「自分よりも隠したの男性」と認定して、気持ちが別の男性に向いてしまいます。男性があまりに追いかけすぎると、嫌悪感を抱く可能性すらあります。

男性が魔性の女と上手に付き合いを続けていくためには、『魔性の女を追いかけないこと』が大切に鳴ります。希少価値が非常に高いとされる魔性の女をコントロールできるぐらいの実力がある『魔性の男』のレベルに達することが出来る男性は、1万人に1人と言えるほど希少価値が高いものになるかもしれません。

36 . 魔性の女の心が変わりやすい

魔性の女は、心変わりが激しいので、僅か数日で気持ちがコロコロと変化することがあります。蝶のように舞うのが魔性の女と言われており、回避依存症の女性の特徴とも似ています。優柔不断でものごとを決められず、「あの人もいいし、この人もいい」など、複数の男性と2人きりでデートを頻繁にします。

魔性の女の心が変わりやすいというよりは、『最初から誰にも恋せず、自分に恋していた』と言えるかもしれません。最初から誰かに本気で恋をしないので、その切り替えも早いものになっていくのです。

37 . 軽く付き合ったりしない

魔性の女の特徴としては、簡単に男性と付き合ったりしないという特徴があります。彼氏が途切れないメンヘラ女性と違って、男性からの依存を嫌う魔性の女は、彼氏がいない場合が多いです。魔性の女は、彼氏がいなくても沢山の男とデートすることができます。

魔性の女というのは、男性が非常に人気があるモテ男子であったり、ハードルが非常に高い男性でないと付き合いたいと思いません。モテそうな男性にどんどん積極的にアピールを行う一方で、モテない男性に対しては、それなりの対応しか行いません。

38 . 1人の時間を楽しめる

魔性の女は、1人の時間を楽しむことができて、女性と過度につるむことがありません。その結果、魔性の女の人付き合いが男性だらけになってしまっている場合すらあります。1人の時間を存分に楽しむことができるので、自分から誰かを愛すことができず、誰かから愛されると逃げ出してしまうという特徴があります。

39 . 男性に頼るのが上手

魔性の女は、自立して1人で何でも出来る半面で、男性に頼るべきところできちんと男性に頼ります。男性が女性から頼られると喜ぶことを知っており、そのことを最大限に活用して男性との関係を構築しようと思っています。

魔性の女は、頼られると喜ぶような年上の男性を好んで頼る傾向があり、年上男性に奢って貰うことにも慣れています。

40 . 男性から勝手に貢がれる

魔性の女は、小悪魔女子と違って、男性が勝手に贈り物をしてくれたり、貢いでくれるという特徴があります。100人に1人いないと言われる魔性の女は、男性を虜にしてしまって、自分に注目を集めたいと思う男性から貢物を次々とプレゼントされます。

男性から搾取できるだけ搾取して、『用事が済んだらさっさと消える』ということも当たり前のように行います。魔性の女は、自分がつまらない、用なしだと感じると、全く連絡が取れなくなったりするのです。

41 . 自分に関心のある男性を見抜く

魔性の女は、自分に関心の有る男性を見抜くことができます。自分に関心がある男性に対して、自分もまるで関心があるような素振りを見せて、相手をその気にさせるように仕向けます。実際には、自分に気を向けさせたいだけなので、カップルとして付き合うことはありません。

自分に関心のある男性からさらに選別をかけて友人付き合いを行い、『つまらない男性』と思うと見向きもしません。周囲から羨まれるような経済的・人間的に成功した男性をパートナーとして選びたがる傾向があり、理想がとても高いという特徴があります。

42 . 執着心が感じられない

魔性の女は、『去るものは追わず』の姿勢があるので、男性に対する執着心がありません。そもそも、魔性の女を『男性が勝手に好きになっている状態』なので、魔性の女が男性を追いかける必要がありません。魔性の女の周囲には、魔性の女を好きになって離脱する男性が多くなっています。

1人の男性に固執しないことは、魔性の女の最大の強みともなってきます。魔性の女が複数の男性を相手しているのに対して、男性側が魔性の女に集中する状態では、心理バランスが釣り合わなくなってしまいます。それは、魔性の女に余裕がある理由ともなっています。

魔性の女の気持ちの切り替えというのは、女性の中でも特に早いものであり、すぐに気分を切り替えて次の目標に向かって進んでいきます。過去のことをバッサリと切り捨ててしまうのも魔性の女の特徴と言えるでしょう。

43 . 自分に正直に生きている

魔性の女は、自分に正直に生きています。自分の好きなことを追求することで、自分のスタイルを確立しているという特徴があります。

自分を中心に考えているので、『他の男性のことなどどうでもいい』と考えています。男性とのデートの最中、デートの後に少しぐらい感情は残るんですけど、それも日が経つと「どうでもいい」と感じるようになるようです。

44 . 精神的に自立している

魔性の女は、メンヘラ女性と違って男性に依存することがありません。自分の軸で生きるのが魔性の女なので、男性が去ることに対しても引き止めることがありません。

男性に対して『去るものを追わず』の姿勢があり、あっさりと男性と別れてしまいます。

45 . 見た目が地味なことが多い

魔性の女は、見た目が華やかではなくて、むしろ地味ということが多いです。地味な見た目で男性から『俺でも付き合えそう』と思うところに魅力があります。

魔性の女の武器というのは、化粧が濃いわけではなくて、色白でお肌が綺麗に見えるというところにあります。それほど美人でないにも関わらず、他の女性と並んでみたとしても、非常に見栄えが良いという特徴を備えています。

46 . ミステリアスで掴みどころがない

魔性の女は、なかなか自分の話をしてくれないので、何度もデートを重ねないと、全貌を知ることができません。そのために男性には、デートするためのお金、時間の投入が必要になってきます。魔性の女に気に入られてデートするような男性でないと、魔性の女の中身を知ることすらできないのです。

魔性の女は、素性を簡単に明かしてくれないので、2人きりで遊ぶ以外に魔性の女のことを良く知る術はありません。そして、魔性の女が興味を持ってくれない人と一緒に遊ぶことはないので、

47 . 男性に囲まれている

魔性の女は、男性と頻繁にデートをするので、誰が本命か分からない状態になっています。魔性の女は、気が変わりやすいので、今日の本命と思っていた相手を明日から完全に無視して眼中にないということも良くあることです。

男性の側は、自分が本命であるに違いないと思い込んで魔性の女に日程を合わせたり、お金を貢いだりしますが、魔性の女にとって『単なる友達』ということも頻繁に起こるようになってきます。

48 . 自分からの連絡が少ない

魔性の女は、LINEなどで『自分から連絡をすることが少ない』です。相手から連絡があると返信することはありますが、必要のない連絡に対して返信することにも消極的です。

自分からの連絡回数が多くなる例外は、相手に対してそれなりの好意を抱いた時になります。

49 . 魔性の女との付き合い方

魔性の女性というのは、自分に対して興味がある男性を見抜く力に秀でています。サッパリとした男性を好むので、あまりLINEで連絡しすぎたり、好き好きアピールをする男性に対しては、冷淡になるという特徴があります。

魔性の女は、都合が良い男性と分かると、2人のデートにも気軽に応じてくれます。2人デートしただけで舞い上がって、魔性の女が自分のものになったと勘違いするような男性は、魔性の女をゲットすることはできません。

魔性の女をゲットするためには、魔性の女が憧れるような男性になる必要があります。

50 . 周囲の女性の脅威に見える

基本的に魔性の女は、それほど外見が美人でないという理由から、他の女性に警戒されることがありません。しかし、その恋愛における実力は本物であり、しばらく付き合いを続けている女性は、あまりにモテる魔性の女を少しずつ脅威と考えるようになってしまいます。男性の前で魔性の女の話題を避けたりするようになります。

『魔性の女』は、他の女性からすると脅威の存在になります。自分がコミュニケーションを取りたい男性に対しては、特に親しく接近する傾向があり、人気の傾向がある男性を簡単に落としてしまう実力を持ち合わせています。

51 . 独占欲の強い男性を嫌う

魔性の女は、自由奔放で『自分の自由に生きたい』と思っているので、自分を追いかけて独占しようとする男性に興味を失います。男性に対して『自分の人生に対して介入してほしくない』という考え方を持っており、男性側にかなり精神的に自立した状態を求めてくることになります。

独占欲が強い男性に対しては、他の男性との関係を強く匂わせたり、LINEの返信を適当に行うことによって、距離を置こうとしてきます。強いアプローチを行えば行うほど、魔性の女に対しては、逆効果になっていきます。

52 . 魔性の女にはまり込む男

魔性の女にはまり込む男が多いです。魔性の女は、男性にとって魅力的であり続けますが、魔性の女と付き合った上で維持していくのは、並大抵の男性に出来る事ではありません。また、好きだと言い続けたり、魔性の女を追いかけてしまったり、束縛しようとするのは、魔性の女に嫌われる『逆効果』になることが多いです。

魔性の女は、思わせぶりの態度を取ったかと思うと、急に離れていってしまったりするので、男性が夢中になります。

53 . 好きにさせて付き合わない

魔性の女は、男性をその気にさせておいて、いざ付き合うとなると『そんなつもりじゃなかった』と言い放ちます。魔性の女は、チヤホヤされることに快感を覚えるので、特定の男性を好きになったり、付き合ったりすることに非常に慎重です。

プライドが高い魔性の女性というのは、特定の相手と真剣に交際した後で傷つくことを極端に嫌う傾向があります。そのため、複数の男性を掛け持ちでチヤホヤして貰うだけで彼氏にしなかったり、彼氏がいたとしても、他の男性と会い続けてチヤホヤしてくれる人をキープしておくという特徴があります。

54 . 魔性の女に夢中になったら?

魔性の女に夢中になってしまったと気が付いたら、頭を冷やす必要があります。自分から魔性の女に連絡するのを我慢して、とにかく冷静になる必要があります。冷静さを失ってしまうと、魔性の女に上手にコントロールされるようになってしまいます。

魔性の女が発する言葉というのは、特別感があり強力ではありますが、魔性の女からすれば『挨拶程度の言葉』であることも多いです。その言葉に簡単に惑わされるようでは、魔性の女とデートすることすらかないません。魔性の女を落としたければ、魔性の男ほどの実力を身につけるのが良いでしょう。

55 . 成熟しない恋愛ドラマ仕立て

魔性の女との恋愛は、成熟しないドラマのような展開になっています。いつまで経っても付き合えないし、たとえ付き合ったとしても、魔性の女のペースで進んでいくことになります。

男性に求められるのは、魔性の女が期待する以上の恋愛ドラマを展開することです。女性を完全にヒロインにしてエスコートすることが出来れば、魔性の女に対しても有効になることは間違いないでしょう。

56 . 魔性の女と釣り合う男性

魔性の女と釣り合う男性というのは、魔性の男性と言われる相当モテる男性でなければ、継続して恋愛し続けることが難しいということになります。魔性の女は、普通レベルの男性だとすぐに飽きてしまうので、魔性の女を飽きさせずに付き合い続けるには、相当のハイレベル男でないと無理という事になります。

魔性の女と付き合うのは、同年代の男性レベルではコントロールが効かずにコミュニケーションが難しい場合が多くなるので、どうしても年上男性が多くなってきます。魔性の女をゲットするためには、どこにでもいるような男性ではダメで、『この人と縁を持ち続けたい』と思われる必要性があります。

魔性の女は、ずっと魔性の女に粘り強く連絡を続けた男性と付き合うことがあります。魔性の女は、誘われ続けても断ることが上手ではないので、ずっと誘われ続けていると、流れで付き合うことになってしまうこともあります。それでも、付き合った後も魔性の女の性格が変化することはありません。

57 . 魔性の男になれば釣り合う

魔性の女は、男性に影響されるようなことはないですが、それでも全く影響を受けないことはあり得ません。魔性の女に対して、長期的にアプローチをかけ続けて、ドラマ仕立てでその心を動かすことができる『魔性の男』であれば、魔性の女と釣り合いが取れる男性と言えるでしょう。

魔性の女をコントロールする事ができる『魔性の男』は、非常に少数の男性ながらも存在しています。魔性の女を逆にメロメロにして、場合によっては魔性の女を手のひらで転がすような芸当ができます。いかにサバサバしている魔性の女であったとしても、自分から縁を切りたくないと思うほどの男性は、実際に存在しています。

自分の価値を最大化することに集中して、他人に無関心であるはずの魔性の女すら関心が持つような人間になる事ができれば、魔性の女と上手に付き合い続けることもできるようになるでしょう。相手を束縛しない、去るものを追わない魔性の女が追いかける男こそ、魔性の男と言われる最強の男性です。

58 . 魔性の女の欠点とは?

魔性の女にも欠点があり、複数の男性と遊び・デートに行っていることを隠さずに公表していくことによって、『軽い女』と見られる可能性があることです。男性からすると、魔性の女は、遊び相手として最適ですが、将来のパートナーに選ぶのに不安要素が多すぎるのです。男性は、遊び相手と結婚相手を明確に区別します。

競合男性の存在を知ることは、プラスに働くこともありますが、大きなマイナスになることもあります。いい男ほど軽い女を嫌う傾向があるので、軽い女と見られると、魔性の女から良い男が離れていくことになります。結局、魔性の女のもとに残るのは、体を目的にしたダメ男だけになる可能性があります。

59 . 男性が向上するチャンス

魔性の女は、男性に「あげまん男性」として、男性に大いに良い影響を与えることがあります。魔性の女と付き合う男性は、自分が向上するチャンスと捉えることもできます。魔性の女の高い要求に応えていくために、男性がどんどん自分磨きを頑張って、向上する可能性があるからです。

運が良く魔性の女に出会うことが出来た男性は、魔性の女にコントロールされながら、魔性の女を上手に使って自分の向上心を刺激するのも良いでしょう。

60 . 魔性の女にアプローチする手法

他の男性と似たような『通常のアプローチ手法』では、魔性の女にアプローチどころか、普通の男性として無視されてしまいます。魔性の女にアプローチをするためには、他の男性と異なる『非常に高い能力』と、『優れた男性的な魅力』が欠かせません。例えば、魔性の女が一緒に飲みすぎて自宅に来る流れになった時には、『ホテルを用意しておいた』と応じることで、魔性の女の期待を裏切ります。

魔性の女に対して他の男性と同じだと思われてしまっては、手の上で転がされて終わりです。魔性の女に手の平で転がされない為には、魔性の女のさらに上級をいく男性的な魅力あるテクニックで、魔性の女を包み込む存在になってしまえば良いのです。つまり、魔性の女を『自分なりのアプローチで心から大切』にしてあげればいいのです。それは、魔性の女に新しい男性の魅力という気づきを与えることでしょう。

魔性の女は、頭が良い女性が多いので、その頭が良い女性に『良く考えて貰う』という事が大事です。魔性の女は、簡単にデートに応じてくれますが、魔性の女が本当に行きたい場所は、自分の言葉で発言した場所であるはずです。男性が自ら提案するんじゃなくて、魔性の女が自分から『ここが私がずっと行きたかった場所です』と発言した内容を実現してあげるのが男性の役目なんですね。

真面目な人と付き合おうと思ったら、真面目に正面からアプローチする必要があります。相手に真剣に向き合ってこそ、相手も自分に真剣に向き合ってくれるのです。そして、どれぐらい相手が真剣に向き合っているかどうかというのは、魔性の女が判断してくれればいいんです。

61 . 自分が魔性を身につける方法

『魔性の女』の最大のポイントは、隠れたスター性を持ち合わせていて、男性1人1人に対して「自分だけを見てくれている」と信じさせることです。それは、モテる男女に共通して言えることです。異性とのデート中には、スマホで他の異性に返信せず、目の前の人に集中する力があります。

魔性の女になるためには、『自分の価値』と『自分のブランド力』を認識する必要があります。相手に接近しながら離れるという動作を繰り返して、自分に夢中にさせる『単純接触効果』であったり、『広告効果』を繰り返して行って、自分の存在を相手に強く意識させます。

相手を好きになって貰うには、相手に意識して貰わなければならず、最初に相手に対して好きと思わせるような態度を取り、相手に印象付ける必要があります。魔性の女のイメージとしては、黒髪、身長160センチぐらい、セミロングヘア、色白の子で、声が可愛い子が多いようです。本人が本当に純粋かどうかに関わらず、純粋そうに見せることに長けています。

62 . 魔性の女の彼氏はどこにいるのか?

魔性の女は、長期間にわたって彼氏がいない場合もあり、その愛がどこに向かっているのか?と疑問に思う人もいるでしょう。一般的には、女性は愛する男性が1人だけだからです。魔性の女の愛情は、実はテレビの中のアイドルなどに向かっていることもあるのです!アイドルを仮想の恋愛相手として愛することで、自分の理想の相手を形成していたのです。

魔性の女を形成しているのは、そのアイドルに対する憧れで、『アイドル中毒』というものが普通の男性では満足できない状況を作り出している可能性があるのです。他にやらなければいけない事があるにも関わらず、自分の生活そっちのけでアイドルに夢中になるのは、『恋愛中毒の症状』と良く似ている状況で、アイドルとの擬似恋愛に陥っている状況です。そして、その症状が魔性の女を形成している可能性があるのです。

簡単に言ってしまえば、キャバクラを使って男に貢がせている一方で、ホストに金を注ぎ込んでいるような状況が起こっている訳です。アイドルを理想化して、自分の仮想彼氏のような状況にすることによって、現実の男性に対して向き合わない自己を形成しているとも言えるでしょう。

アイドル中毒の女性は、何歳になっても乙女のような目をして、擬似恋愛に浸っています。ファンが集団で情報共有して、集団心理でおかしな方向に向かっていってしまうのです。しかし、他のことに気が向くようになってくると、アイドル中毒が終焉を迎えて、魔性の女の力も落ちてきます。

63 . 魔性の女と恋愛の行く末

魔性の女は、たとえ彼氏がいたとしても、彼氏に集中することができないのです。常に自分が中心にあり続けて、相手をコントロールするということは、『恋に落ちていない状況』なのです。自分の心は、彼氏のもとにないにも関わらず、相手を惚れさせる事で全力を注いで貰おうとします。

魔性の女に対して自分が全力を注いだにも関わらず、『相手から好かれているという実感』が持てない状況を長く続けられる人はいないでしょう。魔性の女が恋に落ちることができないのは、『人間不信』が根本にある可能性があるでしょう。自分の考えがハッキリしているので、自分以外の人間が自分を理解してくれると思っておらず、他人に対する期待値が極めて低いのです。

魔性の女と長い付き合いをしたいと思えば、魔性の女を相手に深く自分を惚れさせる必要あり、非常に難易度が高いものになります。惚れない人を惚れさせるという行動ができるのは、本当にモテる男のできる芸当ですが、本当にモテる男であれば、魔性の女ではなくて普通の美人を選ぶ可能性が高くなるでしょう。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告