女性が40代独身になると、恋愛での成功が難しくなり、社会的評価が最後の砦になる

Adsense広告

女性40代独身になると、女性が出産することが非常に難しい年齢となるので、男性と結婚する事が難しくなります。女性40代以上の結婚というのは、出産を望んでいない男性との結婚になります。
女性が40代独身になると、恋愛での成功が難しくなり、社会的評価が最後の砦になる

女性が仕事に没頭しすぎることは、婚期を逃す要因となる可能性が強くなります。

仕事に没頭しすぎて婚期を逃す

女性が婚期を逃すのは、仕事に没頭しすぎるためだという事です。仕事に熱中しすぎることによって、プライベートが疎かになってしまって、結婚できなくなります。『仕事も含めて理解してくれる男性』というのも居ることは確かですけど、仕事が忙しいことは離婚原因となりえます。

女性の結婚適齢期というのは、出産限界年齢を考えて38歳ぐらいまでとされています。男性の結婚適齢期は、女性よりも少し遅いですが43歳ぐらいとされています。結婚適齢期を逃すと、結婚することが極めて難しくなります。

仕事中心の生活リズム

仕事が中心の生活リズムが確立されると、もはや他人が入り込む余地がほとんどなくなってしまいます。他人が自分の生活に合わせてくれることなんて、ほとんど不可能なことです。直前に自分の自己都合で予定が決まる人に対して、生活を合わせられるのは、ニートぐらいしかいません。世の中の人は、労働者こそ忙しい状況になっています。

自分の社会的地位がすべてになる

40代の独身女性は、『自分の社会的地位』がすべてになってしまいます。そのために仕事をすべて抱え込んで、常に忙しくするのでプライベートの時間を作ることができず、パートナーとの時間も過ごせずに孤独な生涯になる可能性があります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告