男友達と彼氏候補の違いとは?

Adsense広告

女性の多くは、男として見られない男友達としての「いい人」と、彼氏候補を完全に区別して考えているようです。
男友達と彼氏候補の違いとは?

男性関係にオープンである女性は、男性友達と2人で遊びに行ったり、遠出したりもします。

彼氏候補なら誘われたら喜んで行く

彼氏候補の場合には、誘われた時に喜んで誘いに応じるという特徴があります。

一緒にいてドキドキする?しない?

男性としてドキドキすることがあると、彼氏候補になります。

異性として緊張してる?してない?

異性として意識している場合には、少し緊張感を持ってしまうので、食べ方なども丁寧にしたりします。逆に緊張感がない場合には、普段どおりにパクパクと口が動きます。

スキンシップを想像できる?できない?

一緒にいて手を繋いだり、キスをしたりするスキンシップを想像することができれば、彼氏候補です。男性として見れる人に対しては、抱き合ったり、キスしたりする妄想を抱けます。

嫉妬する?しない?

他の女性と一緒にいた時に嫉妬してしまったり、他の誰かに取られたくない!と思う心理が働いた場合には、恋愛の本能が働いている可能性が高いと言えるでしょう。

急にドキドキするようになる

最初は単なる友達だと思っていても、複数人で会ったりしているうちに「この人が彼氏だったらいいかも!」と思うようになることもあります。

誠実さだけで女性は落ちない

男性がいかに誠実さを見せても、女性はドキドキしないです。男性が誠実さを見せることは、女性に媚びているような態度に見えてしまうからです。男性が誠実さを出せば出すほど、「この人は正直な人ではないかもしれない、何か隠しているかもしれない。何か見返りを求めているのではないか」と思われてしまいます。

男性があまり女性に優しくしたところで、女性は男性のことを好きになってくれる訳ではありません。女性は「男性に価値がある」と感じるから好きになってくれるのです。

褒めるだけで女性は落ちない

可愛い女性というのは、可愛いと言われる事に慣れています。可愛い、可愛いといくら言っても、ご機嫌を取る格下の男性としか思われません。単純に優しい男だけではなくて、相手をしっかりと揺さぶれる男性になる必要があります。

女性は、どの男が優秀であるかを見ているのですが、女性に優しいだけの男は優秀だと思われないのです。ただ、勘違いしない方が良いのは、女性に親しくするからといって、女性に対してセクハラ発言をするなどマナー違反をしないようにすることです。

感情の乱高下が快感になる

恋愛の感情の乱高下というものは、女性にとって麻薬のように癖になってしまうものです。周囲にあまりよくない男性だと言われても、女性がある男性に夢中になって離れられなくなるのは、感情の乱高下している時に快感になってしまっているからです。ある意味で、薬物の中毒症状のような状態とも言えるでしょう。

女性というのは、手に入れづらいものを欲しくなるという性質があります。手に入りづらい逃げる男性に対して、追いかけたくなるのです。何故かクズ男にはまり込む女性が多いのは、クズ男の方が「感情の揺さぶり」が激しいからです。女性の自己肯定間を下げて、その男の言いなりのようになってしまいます。依存して、依存から抜け出せなくなってしまいます。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告