回避依存症の人が見せる特徴とは?回避依存症の人と上手に接する方法

Adsense広告

回避依存の人は、相手に対して猛アタックするにも関わらず、手に入った瞬間に冷めてしまうということが起こります。
回避依存症の人が見せる特徴とは?

異性の交友関係が広く浅くなる

回避依存症の人というのは、異性に対して非常に愛想が良いので、異性と仲良くできる傾向があります。異性と出合った当初から親密な素振りを見せるなどして接近したりするなど、何人もの異性と仲良くしていきます。周囲から見ると「もう付き合っている?」と思われるようなカップルのような行動を取ったりすることもあります。

回避依存症の人というのは、異性の交友関係が広いと思われていますが、実際に親密な関係になろうとすると避けたがる傾向を見せます。回避依存症の人は、親密になろうとすると離れたり、離れたと思ったら近づいてくるなど特殊な距離感の取り方をして、周囲の人であったり恋人などを惑わせます。

社交性が高い人が多い

回避依存症の人は、交友関係も広くて、社交性・コミュニケーション能力の高い人も多いです。その社交性から多くの異性に対しても、すぐに仲良くなって気のある素振りをしてしまいます。優しくて気のある素振りをするので、女性もその気になってしまうことが多いです。

特に恋愛依存症の女性は、回避依存症の男性と連絡を取り合って恋愛関係になることも多いです。

回避依存症がモテる理由

回避依存症の人がモテる理由は、回避依存症の行動が勘違いを引き起こさせるからです。出会った頃から社交的に振る舞い、異性に対して脈あり態度で好意を示したりすることで勘違いを起こさせます。そこから距離を置くことによって「簡単に近づけない価値のある人」と錯覚したり、「自分を隠すミステリアスな人」だと錯覚したりします。

回避依存症の人が取っている通常の人と異なる行動は、特定の異性に対して価値があると思い込ませるのに有効に機能します。

好意を抱かれると逃げたくなる

相手から好意を抱かれた時点において、自分のことを知られる恐怖であったり、相手から嫌われてしまう恐怖感が出てくるので、すぐに相手と距離をおいて逃げ出したくなります。この『人を恐れている姿勢』というのが回避依存症の特徴でもあります。

相手から好意をもたれたり、仲良くしようとされると、親密な接触を避けるようになります。親密になることで、相手から強い影響を受けて支配されることを嫌います。その多くは、幼少期に保護者から強い支配を受けたり、子供の頃に受けたいじめなどが関係することが多いとされています。

自分の趣味を知られたくない

自分の趣味などを積極的に教えたがらないのも、回避依存の特徴としてあげられます。自分の本当の姿を見られたら嫌われるのではないかという恐れを持っています。過去に自分の趣味を言って、友達にバカにされるなどしたことで自信を失って、もう趣味を話さないと決めたりしている人もいます。

ギャンブル・お酒などにのめり込む

男性の場合に仕事に熱心になっていたり、女性の場合にアイドルの追っかけに熱心になっていたりします。男性が仕事に熱中しているということは、それ自体は悪いことではありません。熱中するものが特になかった場合には、ギャンブル・お酒に依存していくことになります。

回避依存症の人は、人との親密さを避けて通る傾向があるので、その寂しさを埋めるためにギャンブル・お酒など簡単に依存できるものに依存度を高める傾向が強いとされています。自分が別のものに依存を深める事によって、パートナーに依存しないように回避していくのです。

相手を支配・コントロールしようとする

回避依存症の人は、自分が相手に集中しないことで、相手からの無償の愛だけを受け取りたいと思う傾向があります。恋愛において常に追われる側になりたいと考えていて、懸命に追いかけてくれる恋愛依存症の女性などがターゲットになることが多いです。恋愛依存症の異性は、「捨てるぞ」と相手を脅したり、連絡を絶つだけで相手を恐怖でコントロールしやすいからです。

恋愛依存症のような人を狙うことで、『相手が自分の言うことを聞くような状況』を作り出そうとしていきます。相手を支配・コントロールできないと、逆に自分が支配されて捨てられる恐怖を感じてしまうのです。相手と親密になりたくない回避行動をとっていることは、自分でも自覚しているので、相手を支配してコントロールすることで相手が離れるのを阻止したいという意図が出てきてしまうのです。

回避依存症の人が簡単にコントロールできるのは、恋愛依存症の異性などに限られています。相手を支配・コントロールできないと分かると、自分がコントロールされるのを嫌って、やはり相手と距離を取りたがる傾向があります。相手に恋愛の主導権を握られるぐらいなら、自分から離れるという選択をしてしまうのです。

自分の予定で行動しようとする

回避依存症の人は、あくまで自分の距離感での付き合いを好む傾向があり、誰かに合わせることを極端に避けようとします。あくまで自分の予定で行動することを優先して、誰かの予定に合わせることを嫌います。

回避依存症の人は、友達・恋人などが自分の日程を確認しようとするだけで、「相手から束縛されている」と感じることがあります。それだけで自分が束縛されてる、コントロールされていると感じて音信不通になってしまうこともあります。

何人もの異性と同時に交際する

1人の人に集中してしまうと、1人の人が逃げ出した時に1人ぼっちになって寂しくなってしまいます。寂しさを回避するために、1人の人に集中することを避けようとします。回避依存症の人は浮気性が多いとされており、2股、3股を行っていたりします。

体の関係がない表面的なものも含めると、多くの異性に思わせぶりの態度をとって自分を囲わせようとする傾向があります。何人もの異性と連絡を取り合って、自分の中で現在の優先順位の高いものから選びます。また、優先順位の低い人に対しては、直前にドタキャンしたりすることもあります。

回避依存症の人と付き合う方法

回避依存症の人と上手に付き合うには、追いかけすぎたり、何かについて責めたり、束縛したりすることがマイナスになるとされています。回避依存症の人とまともに付き合っていくには、交際相手として相当に忍耐、努力が必要となり、多くの人が交際途中で別れてしまいます。

回避依存症状の人は、とにかく自分のペースで付き合いたいと思っているので、相手のペースに理解を示して合わせていけるような人でないと、信頼関係を築いて長期的に築いていく必要があります。そのためには、自分から会いたいと言うべきではないですし、好きだという言葉も安易に口に出してはいけません。

相手の行動に干渉しない方がいい

交際した時には、相手の行動について干渉せず、長期的に信頼関係を築いていく必要があります。回避依存症の人に心を開かせていくには、数年にもわたる信頼関係が必要になる場合があります。

相手と長期的に信頼関係を築いていくためには、相手の言いなりになってばかりではいけないでしょう。時には、相手に対して厳しい意見を言わないといけないし、追い互いに本音でぶつからないといけない時も出てきます。回避依存症の人だからと言って、いつまでも本音でぶつかれなければ、対等な友人関係と言える事がないので長続きする関係にはなれません。相手のことを本気で考える優しさは、回避依存症の相手にも必ず伝わります。

回避依存症の人に対しては、干渉しすぎると逃げていってしまいます。相手が構って欲しいと思って連絡をくれた時に優しく、親切に接するのが良いでしょう。回避依存症の人に振り回されないように、普段はあるていど放置しておくのが良かったりします。

自分に意識を集中させる

回避依存症の人が自分に意識を集中させて「親密な付き合いを回避」しているのと同じように、回避依存と付き合う側の人間としても、自分に意識を向けることで回避依存の人と上手に付き合える可能性が出てきます。

相手を変える事は難しいですが、自分が変わることならできるので、自分に意識を集中させて自分を変化させていくようにすれば良いという結論になります。回避依存症の人が「この人に連絡したい」と思うように、相手が気になってしまう行動をして待っていればいいということになります。その上で、回避依存症の人と会うことを急がず、LINEメール、電話などで連絡を取り合いながら、相手が会いたいと言った時に会えれば良いという考えに変えていけば良いでしょう。

回避依存症の人にLINEなどでわざわざアプローチをしなくても、SNSなどで自分が楽しく過ごしているところをアピールしておけば良いでしょう。普通のカップルのように非常に近距離で交わることは難しいかもしれませんが、それだけ自由な2人で居続けるということができるメリットもあるかもしれません。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告