インスタグラムでモテ男になる!モテるInstagramの使い方

Adsense広告

インスタグラムは、自分の印象・イメージに大きな影響を与えるツールです。インターネットSNS上で情報発信の能力が高い人は、影響力がある「インフルエンサー」と言われたりします。モテ男というのは、友達にも影響を与えるような情報発信力を持っているインフルエンサーです。

インスタグラムの投稿で決まるモテ度

女性が新しい男性と知り合ってインスタグラムを交換した時には、インスタグラムの投稿内容を見て、自分が今後どのような付き合いをしていくか決めます。インスタグラムでダサいと認定されると、女性にもなかなか相手にされなくなってしまいます。逆にインスタグラムでセンスが良いと判断されると、積極的に付き合いたい男性になることができます。モテない男性は、女性に相手にされることはありません。女性に相手にされたいなら、常にそのことを意識した行動をしなくてはいけません。

モテる男性というのは、インスタグラムできちんと「女性向けとして意識した投稿」を行っています。逆にモテない男性は、インスタグラムで女性を意識しない「俺通信」を繰り広げています。俺通信を繰り広げると、女性から「ダサい男」と思われたり、「つまらない男」と思われることになってしまいます。過去の投稿を定期的に見直して、「アーカイブ」しておくことでプロフィールに表示しないようにするのが良いでしょう。

インスタグラムで見る「センスが良い女性」になればなるほど、男性のインスタグラムの投稿を良くチェックしています。男性のインスタグラムの投稿がダサい男性とは、「そもそも接点を持ちたくない」と思っている女性も多いです。

モテる男の投稿が面白い

モテる男は、インスタグラムで「この人といたら面白い」と思わせる事が出来る男性です。逆にモテない男性は、「この人と一緒にいてもつまらなそう」と思われる男性です。『類は友を呼ぶ』と言われており、インスタグラムで自分が似たものを面白いと思う人が引き寄せられてきます。

インスタグラムは、ここに行けば面白そう!と思う場所を投稿することがポイントになります。誰でも行けるようなありきたりの場所(例えばディズニーランド)ではなくて、自分の独自の視点で選んだ場所の方が「センスが良い」と思われる可能性が高いです。

モテる男は、持ち前の行動力で常に行動を続けるので「常に発信する情報を持っている」という特徴があります。言い換えれば、女性との会話のネタに困らないという事です。

モテる男の持つセンスとは?

モテる男というのは、ディズニーランドの写真を投稿したり、流行りの歌手のコンサートに行く人ではありません。それは、自分が発信している情報ではなくて、広告代理店が発信している情報に乗っているだけだからです。例えば、モテる男性というのは、流行りのパンケーキ、タピオカをインスタグラムに載せたりしません。さらに高級ホテルに行っても、その写真を掲載して自慢するようなこともありません。

モテる男性は、自分の情報を発信して、他の人に興味・関心を呼ぶことを常に意識して動いており、それが「独自のセンス」と呼べるものになっているからです。

写真に文章をきちんと添える

インスタグラムに写真だけ投稿する人がいますが、友達から見ると何の写真か良く分からないことも多いので、写真に説明を添えた方が親切です。また、状況、背景などの説明を加えると、その場所に「私も行ってみようかな」と思う人がいて、「それなら今度は、一緒に行こうか」という可能性も出てきます。

インスタグラムで良く「文章はシンプルに」と言われることがありますが、文章がシンプル過ぎると「何考えてるか分からない人」になってしまいます。文章をシンプルに分かりやすくまとめることを意識しながらも、きちんと紹介文を添えて楽しめるようにしておきましょう。

インスタグラムのストーリーを活用する

モテる男性は、インスタグラムのタイムラインとストーリーを上手に使い分けています。日常的な活動などは、ストーリーに投稿して、どこかに遊びに行ったときにだけタイムラインを更新するようにするなど、自分なりに使い分けができるとモテ度アップ間違いなしです。

ストーリーを上手に使えば、相手に自分の接触頻度を増やすことができます。女性に対する接触頻度を増やすと「単純接触効果」というもので、接触回数が増えた分だけ相手に好感度・安心感を持って貰える可能性が高まります。

カルチャーの関心度が高い

カルチャーの関心度が高い人のところには、カルチャーの関心度が高い人が集まります。つまり、自分の発信力が高くて内容が面白ければ、カルチャー水準が高い人を惹き付けることができるのです。逆にカルチャー水準の低い人は、広告代理店に影響されたないようになり、プロ野球、競馬場、ビールなどの投稿が多くなります。単に流行りごとを集める投稿は、その人の知見が浅いことを示してしまいます

20代~30代にかけて、自分の路線を確立することを目標にして、それをブレさせないという事が大切になるでしょう。ただし、あまり完璧を出し過ぎると、友達向けではなくなってしまって企業広告と化してしまうので、なるべく親しみやすさを出すことも大切になります。そのバランスの調整が大切です。

無意味な日常を投稿しすぎない

モテる男性というのは、イベントが起こった時だけ適度にSNSを更新するようにしています。日頃から無意味にSNSを投稿すると、友達のタイムラインの雑音になることをしっているからです。あまりに無意味で自己満足の日常生活の投稿は、女性の興味を損なわせることになってしまいます。可愛い女性の日常生活と異なり、男性の日常生活を積極的に知りたいと思う女性は多くありません。あまり無意味な日常生活の投稿をアップロードし続けると、女性から全く興味を持たれなくなってしまう可能性があります。

女性が興味を持ってくれているかどうかは、ストーリーを投稿してみると知ることができます。ストーリーを見てくれている女性は、少なからず自分に興味を持ってくれています。友達の繋がりがあるにも関わらず、ストーリーをほとんど見てくれていない女性は、ほとんど自分に関心を持ってくれていないと考えても良いでしょう。

モテ男のお出かけ頻度が多い

モテ男というのは、とにかく様々な場所に遊びに出かけています。モテ男を見ていると、本当に様々な場所に1人で出かけたり、沢山の友達と会ったりしているので、女性が『色々な場所に行って面白い人』という評価をするのです。モテ男子は、実に周囲の役に立つ有益な情報を沢山発信しています。周囲の友達が『思わずメモを取りたくなるようなレベルの話』をしてきます。

モテる男が常に忙しそうにしているのは、時間があると新しいことにチャレンジしたいと、何処かに出かけようとしているからです。新しい場所に出かける機会が多いと、それだけインスタに投稿するネタも沢山あることになります。

女性と遊んでいる感じがある

インスタグラムに1人でいる写真ばかり投稿していると、孤独な男性だと思われてしまいます。せめて、友達と一緒にいることを示すことで、女性に「この人は誰かと遊んでいる』と思わせることが大切になります。そのことは、女性の安心感にも繋がっていきます。友達の女性と遊びに行くことで、モテる自分を演出するのも良いでしょう。

モテない男性というのは、そもそも女性と遊ぶ機会が少ないという特徴があります。そして、女性と遊ぶ機会が少ないと、SNSで「俺通信」を連発することになってしまいます。LINEでも「俺通信」は、女性に凄い不評とされています。男性が何をしたかなど、女性に全く有益ではない情報であり、興味が持てないからです。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告