異性の「友情」を都合良く利用する女性に要注意!とにかく男性にチヤホヤされたい

Adsense広告

女性の中には、異性の友情を上手に利用しようとして立ち回る女性も多いので気をつけましょう。具体的には、女性が「友達」と言っているにも関わらず、男性に対して「女性としてリードして欲しい」と彼女のような立ち回りを要求する場合には、クレクレ女性なので注意が必要です。
異性の「友情」を都合良く利用する女性に要注意!

異性の友達がいるメリット

男女の友情は成立するのか?と議論されることはありますが、異性の友達がいることによって、様々なメリットが生じます。男性側からすると、異性の友達がいることにより、「女性が近くにいて自分が異性から相手にされる安心感」というものを持つことができます。

また、女性側から見ると男性の友人を持つことによって「自分が男性から相手にされてチヤホヤされる感覚」を持つことができるので、精神的に安定感、満足感を得られるというメリットがでてきます。いずれにしても、男女ともにメリットがある時、男女の友情が成立するのです。

男性が女性を恋愛対象としてみた場合

男性の方が本能的で女性を恋愛対象として見る割合が多いとされています。しかし、女性を恋愛対象としてみない理由としては、自分のタイプではないと思っていたり、セフレならいいけど付き合う対象として見ていなかったり、別に恋愛に発展させないけど一緒に遊んでいたら楽しいというものです。

特に30代など成熟した大人になってくると、彼女を選ぶのに慎重になるので「付き合わないけど、近くに女性がいた方がいい」と思うようになってきます。簡単に言ってしまえば、女性をキープしておくという考え方になっているということです。

女性を「なし」に分類している現実

男性は、出会った瞬間に女性のことを「あり」「なし」で判定しています。そして、一度「なし」に判定されると、覆ることはかなり厳しいと言えるでしょう。経験豊富な男性になってくると、「なし」に判定したとしても、かなり紳士的な態度で優しく接することができます。

男性が「草食系」だと怒る女性がいますが、はっきり言えば最初の段階から「なし」に判定されているので、それ以上の発展がないのです。「なし」の中にも区分があり、性欲が沸く場合と、性欲がほとんど沸かない場合があり、性欲が沸く場合には曖昧な態度を取り続けることもあります。

女性が男性を恋愛対象として見た場合

女性の場合には、男性の友達というのは、異性としてキープしておいたり、本命に相手にされないので気を紛らわす意味が大きくなります。とにかく優しくしてくれる男性をキープしておくことは、女性にとってメリットが大きいのです。

この場合には、男性の性欲であったり、好意を利用していると考えることもできます。ただし、男性側も女性を「自分がモテるためのツール」と考えているところもあるので、お互い様とも言えるでしょう。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告