魔性の男と呼ばれる『モテる男』の恋愛テクニック

Adsense広告

魔性の男と呼ばれる男性は、100人に1人いないと言われる魔性の女と呼ばれる人たちよりもさらに希少価値の高い人たちです。男性で『魔性の男』と呼べる人というのは、1000人に1人いるかいないかの希少価値の高い人たちです。単にモテる男という意味ではなくて、多くの女性の人生を破壊するほどに熱狂させるほどの魔力を持った男性です。
魔性の男と呼ばれる『モテる男』の恋愛テクニック

魔性の男というのは、主に20代後半~40代前半ぐらいまでの男性で、女性に異常にモテる男性をさしています。20代のうちは、ルックスなどが影響したり、ホストクラブのホストのような存在は、魔性の男とは言えません。

40歳という年齢を超えても、20代の女性から次々と告白されてしまうというのは、魔性の男の特徴と言えるでしょう。モテる男性というのは、年齢に関係なく常にモテ続けるのに対して、モテない男性というのは、ずっとモテないのです。結局、手先のテクニックでモテるのではなくて、生き方として尊敬を集める男性がモテ続けるのです。

良い男を常に目指し続けている

良い男を常に目指し続けていることは、モテる男性になる最低条件になります。良い男を目指さないと、良い男になることは出来ません。人並みはずれた向上心を持って、常に自分が向上しようと考えていくことは、モテる男性になる上で非常に大切になります。

自分で目標設定を行って、その目標を次々とクリアしていくようなスタイルを目指していくと良いでしょう。結局、手先のテクニックに依存したような小さな男性ではなくて、もっと大きな目標をもった『本当の素敵な女性にモテる男性』を目指せば、自分の人生がもっと豊かになることでしょう。

テクニックを超越して、本当に生き方に魅力がある男性を目指すことで、女性が目標にするような「尊敬されるような男性」になる事ができるでしょう。そのような男性になれば、他の男性と全く別次元の男性になり、他の男性の追随を許すことがありません。『誰もが手に入れたい男性』と思われるようになるでしょう。

常に自分の生き方を考えて磨き続けている男性というのは、女性から見ても素敵な男性に見えます。

自分の会った女性に愛される

魔性の男というのは、普通のモテる男性と格段に違ったレベルの持ち主となります。自分と会った女性のすべてを愛する勢いがあります。自分のその時間を「相手と1対1の時間」として共有する力があれば、それが魔性の男が発揮するモテる力ということになります。

女性から見て、『私のことだけを見てくれている』と思わせることが出来なければいけないということです。そのことによって、相手との時間共有をはかり、相手を自分に夢中にさせる力を発揮させます。

アーティスト気質である

大勢の女性に対して同時進行で相手できる理由と言うのは、1人1人を尊重する姿勢というものがあり、目の前にいる女性に最大限の敬意を持って接することができます。2人きりでデートする時には、2人の時間を最大限に楽しむということに全力を傾けるようにします。

人間の持つ魔力を最大限に発揮するには、この『時間に関する集中力』が全てとも言える。だから、魔性の男、魔性の女ともに1対1で仲良くなる能力が高い上、1対複数の状況であったとしても、常にその中の1人、1人と仲良く会話できるように心がける力があります。

魔性の男がなぜ魅力的か?

魔性の男が魅力的に見える理由としては、非常に強力すぎる社会性を持っているからであると言えるでしょう。魔性の男というのは、『アーティストが握手会で人気を集める』のに似たような行動を取っています。

あらゆる女性に対して、1対1の時間を楽しめるようにすることで、相手から自然に意識して貰うことができるようになります。さらに会話の内容を相手に対してカスタマイズした内容になるようにすることで、親近感を高めることができます。

顔が広くてファンも多い

魔性の男の特徴として、とにかく顔が広いということがあります。誰とでも打ち解けられる非常に高いコミュニケーション能力を有しているので、魔性の男の周囲に男女ともに人が途切れることがありません。常に誰かと話している状況で、女性とも気軽に打ち解けることができます。

アーティストがライブ会場で1人、1人の観客とコミュニケーションを取るように歌唱したり、接客業が横から話しかけられたとえしても「目の前にいるお客様に集中して対処する」という事が徹底されているのと同じです。

それほどデートに乗り気でなくても、デートに応じることが出来て、その目の前にいる相手に集中力を注ぎ込むことができます。複数の女性から『私だけのことを見てくれている』と感じて貰えるのがモテ男の条件となります。

女性の話を良く聞ける

女性の話を良く聞けるのは、モテる男性の条件と言えます。多くの男性が勘違いしているのは、女性を質問攻めにして、女性の話を聞けば良いという訳ではないということです。女性を質問攻めにして相手に話してもらおうとすると、むしろ女性から嫌悪感を持たれてしまいます。

女性に質問するのではなくて、女性と信頼関係を築いて、女性が自主的に話をするのを待っていればいいのです。女性が深い話を出来る男性というのは、女性から見ても特別な人だと思える存在です。女性から見て信頼される特別な人になれるのが「女性の話を良く聞ける人」です。

警戒心が強い女性に信頼して貰って、女性から自分の話をして貰うためには、先ずは自分の身の上の話をしていかないといけないんです。男性が自分の考え方であったり、警戒された状態で女性に対して「あなたのことを話してください」というのは、女性に対して失礼になります。男性側が主導して話題を提供していく必要があるんです。

女性が男性に対して興味を持ってくれないと、男性側の話を熱心に聞いてくれないので自己開示もあり得ないということになります。つまり、男性に何の魅力もない状態で女性に話をさせるということが不可能であることが分かります。

女性の要望に応じられる

女性というのは、男性に対して多種多様な要望をしてくる場合があります。その場合に、女性の要望に応えることが出来る男性というのは、女性から人気がある男性になることができます。

女性が旅行に行きたいと思いついたら、負担にも思わずに気軽に旅行に連れていけるような男性が素敵です。

常に女性が主役であり続ける

すべての遊び、デートにおいて「女性が主役」であり続ける必要があります。モテる男性というのは、常に女性が中心で会話を進めたり、女性が中心で物事を考える癖が付いているんです。出来る限り男性向けの話題を避けるようにして、女性の感情に寄り添った会話を心がけます。

男性が女性にとって興味がない話を続けるのは、女性にとって苦痛な時間になります。また、女性が話題を作り続けるのも苦痛そのものになります。素直に相手との時間を楽しんで、笑えるようになれば、相手も自然にその時間を楽しんでくれます。

女性の記憶に残り続ける

真のモテる男性というのは、女性の記憶に残り続ける男性のことでしょう。単に一緒に旅行したぐらいでは、女性は旅行の記憶だけが残って、男性の記憶をすぐに忘れてしまいます。記憶に残る男性になるには、相手の人生に影響を与えるほどのインパクトを残さなくてはいけません。

女性から見て『その人の生き方は、魅力に溢れていた』と思われるような憧れれられる男性になれば、女性の記憶に残り続けることになるでしょう。

女性との距離を保ち続ける

女性にとって「距離感を保つ」ということは、非常に重要になります。女性が寂しいときには、女性の傍にいてあげられる距離感にありながらも、普段から女性に介入することを避けるような絶妙な距離感こそが女性が求める距離感です。

相手のことが知りたいからと言って、むやみに質問攻めにして詮索することを女性は迷惑に感じることでしょう。相手の生活に色々と介入することは、メンドクサイ人と思われてしまいます。相手の生活している世界を尊重できる男性は、相手が話すまで相手のことを聞いたりしません。

自分の知らない世界を持っている

女性の好奇心というのは、男性に比べても非常に旺盛なことで知られています。その証拠として、女性というのは旅行好きが多くて、広い世界観を持っている男性を好む傾向があります。例えば、海外旅行したことがない女性は、海外に行ける男性を尊敬の眼差しでみるかもしれません。

常に異性として接している

友達と言いながらも、常に異性として意識させる男性と言うのは、モテる男性と言えます。男友達と同じように女性に接していたのでは、女性の恋心に火を付けることなどできません。また、女性にとっても楽しいと思って貰う事もできないでしょう。

どんな女性に対しても、常に女性として大切に扱うことができれば、モテる男に近づくことができます。そして、相手から見て『特別な人』になる事ができれば、恋人になる可能性も随分と高まることになります。

外見に魅力的がある

魔性の男というのは、外見も魅力的である場合が多いです。自分に似合うファッションというものを研究しており、センスの良い服装を着ています。そのために女性を気持ちよくするのに優れています。外見に魅力があれば、女性は『私もこの男性の隣で歩きたい』と思うことでしょう。

魔性の男は、外見・内面がセットになって威力を発揮するのです。外見だけが良くてもダメだし、内面だけが良くても魔性の男になることはできません。女性が一緒に並んで歩きたくて、さらに優しくされたいと思うような人のみが魔性の男になることができます。

女性をお姫様のように扱う

魔性の男というのは、目の前の1人の女性をお姫様にすることができます。たとえ、その女性が自分の好みの女性でなかったとしても、お姫様として最大限に尽くす事を熱心に考えます。どの女性から見ても『私のことを一番に考えてくれる男性』ということになります。

目の前にいる1人の女性を楽しませなければいけない訳で、そのために相手を楽しめる会話のスキル、雰囲気作りが非常に大切になります。自分で目の前の女性を愛していると信じて大切にお姫様として扱うのです。

デートプランを相手に合わせる

相手に合わせる形でデートプランを提案できるのは、魔性の男が得意とするところです。相手に合わせる能力が高いので、相手が喜ぶデートプランを気軽に提案することができます。

相手に合わせたデートプランを組み立てるには、それなりの経験、趣味の多様性が必要であり、簡単ではありません。また、女性が好むデートプランを提示することで、『あなたのことを真剣に考えています』という表現にもなります。

女性に尽くさせる

魔性の男は、女性に尽くして貰うことを悪いことであると思っていません。女性が尽くすようにならなければ、魔性の男と言うことは出来ないでしょう。女性が男性に対してお金を出すようになってこそ、『魔性の男』が完成するようになります。

魔性の男には、女性から次々とLINEなどで連絡が来ることになります。世の中には、魔性の男と話したいと思う女性が非常に多いからです。

言葉にメッセージ性がある

言葉の中に「あなただけを見ている」という表現を使う特徴があります。それは、彼氏がいる女性・既婚者の男性に対しても同じように使うことになるので、彼氏がいる女性・既婚者の女性すら魅了してしまう力を持っています。

言葉にメッセージ性を求めるのは、まさに「アーティスト性が強い」と言えるでしょう。女性に印象的な言葉を言って、女性の心を動かすことができることがモテる男性の条件となります。

女性を誤解させる言動がある

女性を誤解させる言動は、女性を気持ちよくしたり、お姫様扱いする上で必要なものであり、それが悪いものであるとは限りません。女性が望むことを実行すると、どうしても女性を誤解させてしまうのです。

魔性の男は、自然に女性を誤解させる言動を取るので、女性の心を翻弄することになってしまいます。女性を誤解させる言動で女性が自分に惚れたとしても、女性を泣かせたり、後悔させたりすることが無いのが魔性の男の魅力とも言えるでしょう。

女性をとにかく大切にする

魔性の男は、どんな女性に対しても、女性を最大限に大切に扱います。特定の女性に対してのみ優しい態度になるのは、魔性の男とは言えません。老若男女、誰に対してもとにかく優しいのが魔性の男の特徴であり、特定の女性に夢中になっている男性は『魔性の男』と称されることはありません。

沢山の女性を誤解させて、それでも魔性の男に対して悪い評判が立たないのは、『本当に女性を大切にするから』です。女性を大切にする気持ちというのは、女性の側にもしっかりと伝わります。

女性の心を理解している

今までの女性と関わる機会が多いので、女性の心を理解しており、女性の心を掴んでしまうのが魔性の男です。女性に対しては、思いやりを持って接することが全てです。女性は、自分が大事にされているかどうかは、直感ですぐに分かることができます。

自分の都合で相手を動かそうとするのではなくて、相手の都合で自分が何をしてあげられるかを考える必要があります。しかも、女性に対して見返りを求めたり、しつこすぎたりしないことも大事になります。

誰に対しても優しい

魔性の男の特徴として、誰にでも優しくしているという特徴があります。その優しさというのは、女性だけではなくて、男性にも平等に優しくします。人付き合いが非常に上手な人が多くて、周囲の人と良く繋がっています。

誰に対しても優しいことは、人間関係を良好に保つ上で非常に重要になります。誰に対しても誠実な態度で挑んでいることは、女性に対して安心感を与えます。

口約束を確実に実行する

口約束したことを実行できない男性は、確実に『口だけの男性』となります。男性の場合には、女性に約束したことを実現できないというのは、信頼できない人間ということになります。軽々しく女性の喜ぶ事を言うにも関わらず、それを実現できない男性というのは、軽い男として全く信用されません。

女性というのは、男性の口約束を良く覚えているものです。男性は、女性に口約束したものを全力で果たす義務があります。お金がかかったとしても、時間がかかったとしても、女性のために尽くす男性というのが『本当の意味で女性を大切に出来る女性』という事になります。

困難なことを実現する力

モテる男性と言うのは、一般的に困難と見られていることをやり遂げる力があります。困難なことに立ち向かって、それを実現する力がある男性は、女性から見ても『頼もしい男性である』と言うことができるからです。

時間の使い方が上手

モテる男性というのは、時間の使い方が上手という特徴があります。人付き合いを円滑にするためには、常に自分の日程と、相手の日程の調整を行う必要があります。時間の使い方が上手な人は、自分の隙間の時間を上手に利用しながら、相手に合わせることができます。

自分1人の時間を大切にしながらも、友人・仕事の関係者との付き合いを上手に保つ工夫が出来る『時間の使い方が上手な男性』というのは、モテる男性の条件になります。

常に冷静で感情的にならない

魔性の男というのは、単なるモテる男性と異なっています。感情的になることがなくて、常に冷静でいることができます。感情的になることは、自分にとって何のメリットも生み出さないことを良く知っているからです。

女性が感情的で的確に状況判断が出来なくなった時でも、男性が『冷静で的確に状況判断が出来る』ことで女性から信頼される男性になる事ができます。

自分の長所を最大限に発揮する

誰にでも自分の得意分野、長所というものが存在しています。その自分の得意分野・長所を最大限に発揮することで、自分の見せ方を最大限に良いものにすることが出来ます。

服装・ファッションなどで、流行などより自分が似合う服装を選ぶことができます。

モテる男性は追いかけない

モテる男性というのは、女性を追わない恋愛を心がけています。女性を追いかけすぎると、しつこい男性に認定されてしまいます。しつこい男性というのは、ほとんどの場合に女性から嫌われてしまいます。女性は、猫のように感情が変化すると言われており、女性を追いかけるのは逃げる猫を追いかけるのと同じ結果になります。男性が女性を追いかけすぎると、女性は逃げて、男性と距離を置くようになってしまいます。

女性の都合を優先して、女性の自由奔放な状態を大切にしてあげる男性に対して、女性は好感を持ちます。女性の状態が「好きかもしれない」という状況であれば、しばらく女性のペースで待ってあげても良いでしょう。焦らず、本当にゆっくりと成熟する恋を楽しめば良いのです。男性から軽い連絡にとどめて、女性から連絡が来るのを待っていればいいんです。暇になったら女性だって連絡をくれるはずです。

女性と軽い連絡を続けながら、感情が一致したり、現実的に一緒にいられそうな時期を探ればいいんです。恋愛で成功できる男性というのは、チャンスを確実にものにする男性です。チャンスは誰にでも巡ってきますが、それをものに出来るのが「モテる男性」の条件になります。

一緒にいたいと思わせる魔力

女性に「もっと話を聞きたい」と思われたり、「もっと一緒にいたい」と言われたのであれば、それが女性からの好意と考えることができます。女性が楽しいと思える話題というのは、自分の身近な話題であり、犬、猫、趣味、旅行、職場、近所、ファッションなど、本当に自分に身近な話題で盛り上がります。

理屈で難しい話をすることは、女性につまらない思いをさせることになってしまいます。女性と一緒に雑談を楽しく話せる男性というのは、女性にモテる男性になる要素があります。

魔性の男性にはまり込む

魔性の男性は、女性が一緒にいるだけで会話が楽しくて、もっと一緒にいたいと思える男性です。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告