魔性の女すら魅了する『モテる男』になるテクニックとは?

Adsense広告

魔性の女は、女性の中で特に男性からモテる女性で人気があります。その魔性の女すら魅了できる「モテる男性」のテクニックを紹介します。最強にモテる男は、魔性の女を凌駕する「魔性の男」です。イケメンとは限らず、とにかく女性に非常に優しい上にターゲットの女性に優しくし続けるという特徴があります。
魔性の女を魅了するテクニックとは?

1 . 魔性の女を引き寄せる

魔性の女は、男性に対して「友達の付き合い」と言いながらも、確実に男性の異性意識を利用してきます。そのために友達の付き合いの中から彼氏候補を選ぶ状況になっていきます。しかし、束縛を嫌う魔性の女は、彼氏選びに対して慎重で時間をかける傾向があります。精神的に自立しているので、焦る必要が全くないのです。

魔性の女は、男性と遊ぶことに積極的でも、束縛されるのを嫌います。男性側には、『相手を束縛せずに長期で付き合いを持つ』という忍耐強さが求められます。魔性の女に自分から連絡せずに放置するなど、忍耐強さが求められます。

魔性の女は、気分屋で気持ちが変化しやすいので、その発言に一貫性がなく見えることがあります。後から知識の追加によって、自分をどんどん変化させていく柔軟性があります。

2 . 声をかけてフォローを続ける

女性に対しては、常に声をかけてフォローし続けることで、相手からの好感度を高めることができます。モテる男性というのは、多くの女性に声掛けしてフォローしている場合が多いです。女性に対して自然にフォローするには、自分も女性と楽しく会話することが大切です。

モテ男というのは、女性に声掛けをすることを楽しみながら行うことができるので、モテ男になる事が出来ます。どの女性に対しても平等に優しく接していきますが、特に魔性の女に対して優しく接することが大切になります。

多くの女性に声をかけ続けるためには、相手の女性に対して興味を持ち続ける必要があります。相手の女性に興味を持つには、相手の女性の長所・自分との共通点を見つける必要があります。また、1人の女性に絞らずに女性の全員に興味を持ち続ける必要があるでしょう。

3 . 恋をしている振る舞いを見せる

魔性の男は、世の中のすべての女性に対して「私が恋をしています」という雰囲気で接することができます。男性が普通に接するレベルの『単なる優しさ』を超越して、本当の優しさを見せるので、女性が『まるで恋人になったような気持ち』になって、そのまま恋をしてしまうのです。

魔性の男と一緒にいると『恋愛の疑似体験』のような状況に陥り、自分が本物の恋人ではないかと錯覚してしまうのです。

4 . モテる男性になる

多くの女性は、少し会話しただけで、モテる男性かどうかを見抜くことができます。女性を魅了する会話というのは、女性が『一緒にいて楽しい』と思ってくれる会話になります。また、本当にモテる男性になってくると、会話の内容がほとんどないのに、女性の妄想をかきたてて『一緒にいるだけで楽しい』と思ってくれるようになります。

地位・名誉・金銭があったからと言って女性にモテるとは限りません。女性とデートするには、それなりの経済力があった方が有利であることは事実ですが、地位・名誉・金銭があっても『一緒にいて面白くない』と思われるような男性に女性は寄り付こうとしません。

モテる男性というのは、常に自信と余裕を持っている状況であり、それが表面だけのものであったとしても、女性にとって魅力的に見えるのです。

5 . 複数の女性とデートを楽しむ

1人の女性に集中してしまうことは、恋愛上において不利になります。1人の女性に集中することで、どうしても余裕がなくなってしまいます。多数の女性を相手にする男性は、『悪い男性』と思われがちですが、女性に慣れて平気で話しかけるような男性の方が圧倒的にモテる男性です。

恋愛において男性側からのアクションに余裕が必要であり、余裕がない男性に対して女性は『格下』として扱いが雑になってしまいます。

6 . 知識量が半端じゃない

日頃から様々なことに興味を持って知識を得ている人というのは、知識の量が半端ではない量になっています。歩く辞書と化した男性は、会話の引き出しが非常に多くて、多くの人がその会話を聞きたいと思ってしまうような知識量です。知識のある分野が多方面に及んでおり、その知識が非常に深いものとなっています。

7 . 他の男性との違いを明確にする

他の男性との違いを明確にすることは、モテる男性の必修用件と言えるでしょう。男性が他の男性との違いを明確にするというのは、自分が他の男性よりも優れているということだけではありません。例えば、女性が本当に喜ぶことをするのも、他の男性との違いを明確にする上で有効です。

紳士であれば、好きな女性に対して見返りを求めないことが大切になります。

8 . 2人きりの時にお姫様として扱う

2人きりの時には、お姫様として扱うことが大切になります。女性をお姫様として扱うのは、スマートで紳士的にエスコートするだけではなくて、相手のことを考えて最大限に尊重するようにすることが大切です。

女性をお姫様として扱うには、男性としての余裕と経験が必要になります。デートで男性側がお金を出すのは、相手の女性の服装・化粧代金で楽しませて貰った対価だと思って、楽しませて貰ったことを感謝するようにしましょう。

9 . 一緒にいるだけで楽しい

一緒にいて楽しい男性というのは、性格が明るい男性で、ポジティブに生きている人です。性格が明るい男性と言うのは、一緒にいるだけで周囲の人を楽しくする力があります。

女性と言うのは、高価なプレゼントを渡すよりも、一緒にいて楽しめる方が好印象になります。高価なプレゼントを渡すと、むしろ女性の心理的な負担にすらなる可能性があります。女性が一緒にいて気軽に楽しく話ができる関係になることが付き合う上で望ましいと言えるでしょう。

10 . 相手の生活に干渉しない

女性の生活に対する過度の干渉というのは、女性に対して嫌われる要因となります。特に魔性の女の場合には、自分の世界が確立されているので、男性から過度に介入されることを嫌います。男性が恋愛において『精神的に女性の側に依存している』という状況では、相手から全く魅力的に見える事がありません。

恋愛においては、自分が相手の生活に夢中になるのではなくて、相手が自分の生活に夢中になってくれるようでなければいけないのです。

11 . 魔性の女の本命になる

魔性の女というのは、気が変わることが早いので、昨日まで好きだと言っていた男性を執着心なく切り捨てることが出来ます。つまり、魔性の女の本命と言える状況になったとしても、いつでも切り捨てられる可能性があるということです。

魔性の女の本命であり続けるためには、周囲から羨まれるほどにモテる男になる必要があります。周囲の男性から非常にモテる魔性の女に対しての対応としては『付き合ってもいいし、付き合わなくてもいい』というような態度で挑んでいくことで成功確率を高めることができます。

12 . 2人の秘密を共有する

基本的に魔性の女というのは、男性に固執しないという冷淡さがあります。それでも、2人の秘密を共有していくことは、魔性の女と仲良くなる最良の方法になります。魔性の女が他の人に話できない話を自分にだけ話している状況になれば、魔性の女との接点が非常に強いものになります。

特に家族の話題であったり、自分の弱みであったり、周囲の人間関係のなどの『悩みごと』を打ち明けられたら、2人の関係が深まることは間違いありません。

13 . 経済的・精神的に自立する

男性が魔性の女にメロメロになって依存しているような状況になると、魔性の女から『その他大勢の男性と同じである』と見下されてしまいます。そのような状況を避けるためには、男性の側が「経済的・精神的」に自立している必要性があるでしょう。

自分が精神的に自立することで、魔性の女を引き寄せる吸引力を持てる可能性が出てきます。自分の特徴・魅力を最大限に高めることは、アーティストが魅力に見えるのと似ています。

14 . 服装に気を使っている

服装に気を使うだけで、女性からのモテ度を大幅にアップさせることができるようになります。相手の服装・雰囲気が良いというだけで、大人の男性として素敵だと思うようになります。女性というのは、無意識のうちに男性の服装などを細かくチェックしています。男性が自分に似合った服装をして雰囲気を高めていることが大切です。

女性というのは、雰囲気に流されやすいので、大人の紳士的男性としてのムード演出をすることで、女性を暗示して勘違いさせるようにすれば、女性から恋愛対象として見て貰う事ができるようになるでしょう。

15 . 魔性の女に話をさせる

魔性の女は、自分のことを語りたがりません。しかし、魔性の女に気を許させて魔性の女に語らせることで、魔性の女との距離がぐっと近いものになります。ミステリアスを目指す魔性の女に語らせることで、魔性の女との距離感をどんどん近いものにすることができます。

魔性の女は、ミステリアスと言いますが、いかにミステリアスな女性であったとしても、気を許した相手に対して自分の事を話したがるということに変わりはありません。魔性の女と距離が近い状況を保つことで、彼氏候補になる可能性が極めて高いものになります。

16 . 魔性の女の心を揺さぶる

魔性の女の心を揺さぶるのは、簡単な事ではありません。魔性の女は、男性に対して無関心であり続けるので、自分に関心を持って貰うのは簡単ではないからです。魔性の女に気にして貰うためには、熱心にデートした後で身を引くことも大切になります。魔性の女は、通常の駆け引きレベルで心を簡単に動かしてくれません。何をするにしても、魔性の女の心を揺さぶる必要があります。

魔性の女性に対して、普通の女性に対する態度で挑む程度では、全く心を揺さぶることができません。他の男性と付き合うことが全く面白くないと思えるような男性になれば、魔性の女ですら夢中にさせる魅力ある男性になる事ができるでしょう。

17 . 魔性の女に興味を持って貰う

魔性の女を自分の側に引き寄せるには、最初から魔性の女から興味を持って貰う必要があります。その上で、自分の好みに対して、何らかの興味を持って貰う必要があります。魔性の女から興味を持って貰えれば、ほとんど2人のデートにも応じて貰えるでしょう。

魔性の女から2人のデートに応じて貰ったぐらいで舞い上がったりせず、魔性の女とのデートを紳士的にこなして、次のデートに繋げていくことが大切です。恋愛の達人である魔性の女にメロメロにならず、逆に相手をメロメロにする方法を考えなければいけないという非常に高度な恋愛ゲームになります。

18 . 相手に対して媚びすぎない

女性に対して媚びすぎる男性というのは、女性から見ても一発で見抜かれてしまいます。特に魔性の女は、男性の態度に非常に敏感なので、媚びてくる男性を一発で見抜きます。魔性の女は、自分に媚びてくる男性を見下してくる傾向があるので、魔性の女に対して必要以上に媚びないようにしましょう。

相手に合わせてばかりの男は、女性から見ても「つまらない男」に見えてしまいます。

19 . 重くない男性になる

魔性の女は、自分の生活を束縛しようとする男性を好みません。魔性の女に好かれたいと思うのであれば、魔性の女を束縛しないように、魔性の女に気が集中しすぎることを予防することが求められます。つまり、自分の生活に集中することで、魔性の女を追いかけすぎないようにすることが求められます。

魔性の女を追いかけすぎると、魔性の女から嫌悪感すら持たれる可能性があります。重くない男性になるには、魔性の女に対する連絡頻度を増やしすぎないようにして、直接的に会う機会を増やすなどの方法でコンタクトを取る必要があります。

20 . 魔性の女からの連絡を待つ

魔性の女というのは、基本的に自分から連絡してきません。その魔性の女から『気が付いたら連絡をしてくる状態』になっていれば、魔性の女を拾い上げることができるようになります。どんな理由であれ、『魔性の女の側から連絡が来る』ような状況に持ち込めれば、魔性の女をゲットできる確立がかなり高まります。

魔性の女は、基本的に自分から連絡を行うことが非常に少ない事で知られています。その魔性の女が自分から連絡を行うということは、かなりの興味・関心を持っているという状況になります。女性側ばかり連絡する状況になると女性のプライドを傷つけかねないので、適度に男性側からも連絡する必要があります。

21 . 自分自身の価値を上げる

魔性の女は、基本的にハイレベルでモテる男性を好みます。魔性の女は、常に複数の男性から言い寄られる状態になっています。その魔性の女と釣り合う男性を目指すためには、男性の側も自分の価値を向上させて、『複数の女性から言い寄られる男性』を目指す必要があります。

男性の側が『魔性の女1本』のように絞り込んでしまうと、魔性の女を束縛したい気持ちになってしまうので、魔性の女から嫌われることになりかねません。魔性の女は、誰からも束縛されるのを嫌い、自分の本能に基づいて行動を決めようとします。

22 . 魔性の女が好む男性

魔性の女は、単独行動を好む精神的に自立した男性を好む傾向があります。大勢で遊ぶことを控えるようにして単独行動を増やすことによって、精神的に自立した大人をアピールする機会になります。

魔性の女は、自分の生活リズムが崩されることを嫌うので、彼氏が自分に夢中になって生活リズムを崩されることを嫌います。魔性の女は、自分の生活に影響を与えるような男性を嫌い、自由奔放に生きることを好みます。魔性の女は、メンヘラ系の女性と完全に真逆の性格になります。

とても忙しい男性で、その中でひと時が一緒に過ごせるような男性が魔性の女に向いている男性と言えるでしょう。魔性の女に対してLINEをしまくったり、ベタベタと執着心を見せたりすると、魔性の女は「メンドクサイ男」と思って去っていきます。

23 . 他の男性との違いを明確化する

魔性の女に対する態度が他の男性と同じであれば、数多くの男性の1人になってしまいます。魔性の女は、普通の男性に満足できずにハイレベルで人気のあるモテ男をターゲットにすることが多いので、他の男性との違いを明確にしてモテる男を目指す必要があります。

魔性の女が知っているような内容ばかり話をしても、魔性の女から恋愛対象として見られることは難しいでしょう。他の男とどう違うのかを自分で明確に意識して行動する必要があります。魔性の女の予想外のところ、考え付かない意外なところに自分の意識をおく必要があります。

24 . ロマンチックを演出する

モテる男性として、ロマンチック演出とうのは非常に重要になります。

25 . 時間をかけて距離を詰める

魔性の女との付き合いでは、魔性の女が距離を詰めてくるのに対して、無関心でいるぐらいの方がうまくいきます。魔性の女に対しては、教養のある話をしたり、紳士的な態度で接触していくのが相手から見た魅力を最大限に高める方法になります。

魔性の女を短期で相手にするのは無理なので、かなりの長期戦で考えるのが良いでしょう。魔性の女は、男性が惚れ込んだ時点で男性のもとを離れていきます。好きだという態度を示さずに長期的に時間をかけて付き合っていく必要があります。魔性の女を相手にするには、自分も魔性の男を目指すスタイルが最も適していると言えるでしょう。

26 . 女性を大切にすること

女性を心の底から大切にすることを心がけます。女性をデートに誘っても、言葉・行動で1人の女性として自分にとって非常に大切な人間であることをアピールします。とにかく目の前にいる女性を大切に出来る男性というのは、女性にとって人気があって当然と言えるでしょう。

何も見返りを求めずに、男らしく女性を大切にする態度で接することが大切です。

女性を大切にするという行動は、簡単に出来そうで実際に難しいことです。女性に配慮して歩く速度を調整したり、女性が疲れていたらタクシーを利用するなど、細かいところで自然でスマートにエスコートする必要があります。

27 . 魔性の男を目指すこと

言い換えれば、魔性の女と恋愛関係になるには、『魔性の男』を目指す必要があるということです。魔性の男の恋愛スタイルとしては、1人の女性に対する執着心が非常に薄くて相手を束縛しない気軽な恋愛スタイルが求められる恋愛スタイルになります。

基本的に自分の価値を最大限まで高めて、女性からデートに誘われるのを待って、女性と2人でデートに行く機会を増やします。皆で遊びに行くのではなくて、2人で行くというところがポイントになります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告