どうして回避依存症になるのか?回避依存症の多くが他人依存

Adsense広告

回避依存症というのは、親密になりすぎるのを怖がることです。親が過保護・過干渉であると、回避依存になりやすくなります。大人になっても、世話好きで自分のワガママを聞いてくれる異性を見つけては、自分の引き立て役にしようとします。
どうして回避依存症になるのか?回避依存症の多くが他人依存

回避依存症の人は、恋愛依存症の人が支えることによって共依存の状態となり、その行動がエスカレートしてしまいます。回避依存症の方が上位に立ちたがる傾向があり、恋愛依存症の方を振り回し続けます。

回避依存症の特徴

回避依存症には、ある程度の特徴があり、回避依存に当てはまるかどうかをチェックすれば、その対処方法も分かります。

・少しのことで無視したり、冷たくなる
・人の気持ちを傷つけることを平気で言う
・信頼するほど自分の話ばかりする
・褒められると笑うが、批判されると攻撃的になる
・ナルシスト傾向があり、まるで1人恋愛をしている
・無言で自分の要求を通そうとする

最初に自分から猛烈なアプローチを行いますが、相手が振り向くと急に冷たくなり、会うことすら面倒になるという性質を持っています。相手との関係が深まれば深まるほど、会うことを避けたりするようになります。

頻繁に連絡を取ることを面倒に感じますが、離れすぎることも寂しいと感じるので、自分のペースで連絡してきたりします。『好きな人と、会いたい人が違っている』というのも回避依存症特有の症状です。

すぐにダメだと感じる

回避依存症では、自分に自信がなくてネガティブに考えることが多いです。恋愛関係として異性とうまくいっていたとしても、相手から不適切な発言をされると、それだけで自信を大きく喪失して「やっぱりダメだ、付き合えない」と思って、音信普通になったり、冷たくなったりします。

このためにパートナーとして選ぶのは、自分に対して絶対に不適切な発言をしない「従順で支配下にいてくれる人」ということになり、異性との恋愛が自分の支配下でコントロールできる人を選ぶということになってしまいます。

必要以上に世話をされる

例えば、子供の時に学校の宿題を持ち帰ってきたら、親がその宿題をやって子供がやったことにしたとします。子供は、「親が何でもやってくれる」と思って、親に依存するようになるのです。また、子供が勉強することを馬鹿にする親もいるような環境で子供が育つ場合もあります。

両親が必要以上に口出しをするようになると、両親の意見を聞いて物事を決定するようになります。しかし、両親が非常に保守的な考え方をしており、何も知識がないので何でもやめなさいと子供の成長を阻害するようなことを言う場合、子供はそれに敏感に反応するようになります。

親が過度の干渉を行っている

親がテレビばかり見ているにも関わらず、子供に勉強しろと言ったり、勉強することを期待するという「無知による期待」が子供を混乱させることがあります。親の能力不足で、子供に対して口だけで文句ばかりを言い続けるなどの傾向があった場合、子供が心に傷を負ってしまうことがあります。

両親が自分の生活に対する不満・ストレスを発散するために、子供に対して批判・文句などを繰り返して行うようになると、子供は批判を受ける事に疲れて物事から逃げ出すことが多くなってきます。

・テレビに対する考え方
・健康に対する考え方(歯の矯正などの知識が乏しい)
・親の学歴がないための知識が乏しい(新しい学習をしてない)
・親の海外経験がないために知識が乏しい

相手に支配されるのを嫌う

回避依存症の人は、相手から忠告を受けたり、支配されたりすることを極端に嫌う傾向があります。相手から支配されることを極端に嫌って、自分の思うようにしたいと思っています。しかし、能力不足の場合には、相手から都合よく金銭・時間などを搾取しようと考えることもあります。

自分がナルシストの傾向があって、相手に支配されることを嫌う人は、『相手が自分に合わせて当然』と思っています。自分に合わせてくれるような優しい人と友達関係になったり、恋愛関係になることで相手を支配して振り回します。

回避依存症を世話する危険性

回避依存症に惹かれる人の多くは、恋愛依存症が多いと言われています。回避依存症の人間は、恋愛依存症の人間をコントロールして『世話して貰う』ことを好んでいて、それなりに実力(時間・金銭など)があって、自分のことを世話してくれる恋愛依存症の人間を独特の嗅覚で探し出して、個人的な要求を押し付けます。

恋愛依存症の人は、回避依存症の人を世話し続けることを頑張りますが、それは自分の人生を消耗することにも繋がりかねません。恋愛依存症の人が相手にどんどん自分の大事なもの(お金・時間・体)などを提供しても、どんどん吸い取られてしまう『吸血魔』のような性格を持っています。

単純で理想が高くなっている

回避依存症というのは、その性質から「恋人がこうあるべきだ」と思い込んでしまっています。簡単に言ってしまえば、自分が「能力が高い」と思う人と付き合うことで、自分が楽をして、その能力の恩恵を受けたいと思っている傾向が見られます。

自分に対して特別扱いを求めて、20代の頃には、見た目だけで周囲が特別扱いしてくれることがあります。自分を好きでいてくれる人、必要としてくれる人を欲しており、異性をとにかく惚れさせたいと思っています。相手を惚れさせるためにマメな行動を行います。異性からマメな行動をされると、多くの人がその気になってしまいます。

相手から求められると、「この人は自分に自信がない人だ」と思って見下したり、「私がこんなに頑張っているのに信じてくれない」と思ったりして、冷めてしまうようになるのです。

自分のファンを沢山つくる

回避依存症は、多くの異性に対して「思わせぶり」の態度を取って、自分のファンをどんどん増やそうと努力します。自分の理想としている人と付き合うことが叶わないので、自分が「見せ付ける」という意味で、他の異性と一緒に出かけたりすることがあります。

回避依存症の人は、『自分をほとんど相手にしてくれない異性』を本命と『想定』して、良く連絡をくれる異性を脇役として利用したりします。回避依存症が『本命』と想定しているのは、彼・彼女のことなど愛さない人たちです。

恋愛依存症の人と惹かれあう

回避依存症の人というのは、恋愛依存症の異性に惹かれる傾向があります。ただし、お互いに惹かれあいながらも、お互いを傷つけた形の恋愛になってしまうので、恋愛の熱が冷めてくるといずれ別れてしまうことになります。

粘り強く付き合い続ける

回避依存症の人は、誰かに対して向き合おうとすることを避けてしまいます。他の人とは、その場しのぎの対応をしておいて、自分の殻の中に閉じこもってしまう傾向があります。

回避依存症の人と関係を続けたければ、粘り強く連絡をして付き合い続けることが大事になります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告