回避依存症の女性の特徴とは?

Adsense広告

回避依存症は、男性が多いとされているので、インターネット上で書かれている回避依存症のほとんどが男性の回避依存症です。しかし、実際には女性にも回避依存症の人がいて、女性の回避依存症について書かれているものが少ない現実があるので、女性の回避依存症について書きます。

自分の理解者を求める

回避依存症の女性は、異性で自分の理解者を求める傾向があり、自分の事を完全に肯定してくれるような男性を求めています。女性を肯定し続ける事で、女性が心を開いて自分の話を始めるようになりますが、それに男性側が疲れて女性の気に入らないところを指摘すると、連絡が全く来なくなったりします。

自分の都合が良いように相手の男性が発言したり、動いたりしてくれないと不満に思ってしまいます。自分の話を聞いてくれたり、自分に都合よく動いてくれる人を常に求めている状態です。

次に会える日が分からない

次にいつ会えるのか分からないということも、回避依存症の女性に良く見られます。相手の都合で決められることを嫌って、自分の都合の良い時に突然に連絡をしてきたりします。

彼氏になっているにも関わらず、次に会う日を決めようとするだけで「束縛されている」と感じてしまいます。

自分にとって嫌だと逃げる

回避依存症の女性は、自分にとって嫌だと感じることからは、すぐに逃げ出そうとします。仕事であったり、友達との人間関係においても、うまくいかなくなる事が多いです。

女性の気分の良い時には、デートに誘ったり、自分から相手に頻繁に連絡を取ろうとしますが、気分が乗らないと無視・音信普通になります。

恋愛経験が多いか少ない

それほど好きでもない相手でも、周囲の評判が良い人であれば、告白されてOKしてしまう事があり、恋愛経験が増えるということがあります。告白でOKしたにも関わらず、頻繁に連絡がくるとめんどくさくなって、無視・音信不通になってしまったりします。

男性から見ると身勝手

男性側から見ると、非常に付き合いづらいワガママな女性に見えます。最初のうちは、それも魅力の1つと思って我慢している男性であったとしても、ほとんどの男性は身勝手さが酷すぎるので離れていきます。

そこで回避依存症の女性の身勝手さに合わせ続ける選択をすると、回避依存症の女性に支配されて大変なことになる危険があります。回避依存症の女性に付き合い続けると、振り回されて精神的にも不安定になる可能性があります。

回避依存症の女性との付き合い方

回避依存症の女性に合わせていると、男性側の人生がボロボロになってしまう可能性があるので、相手に合わせすぎないことが大切になります。相手に合わせすぎると、完全に相手に支配されたような恋愛になってしまうからです。

回避依存症の女性と付き合い続けることは、男性にとって自分を損なう可能性があるので、出来れば関わらない方が良いでしょう。それでも付き合う場合には、最初から近づきすぎず、相手との距離感を保ったままで付き合い続けるのが付き合い続ける唯一の方法となります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告