美人な女性でもゲットできる恋愛の心理作戦

Adsense広告

美人な女性をゲットするには、女性を心理的にドキドキさせる必要があります。
美人な女性でもゲットできる恋愛の心理作戦

ホストであったり、キャバクラなどの擬似恋愛で使われるテクニックです。女性の側であれば、男性に脈ありサインを出したりしながら、様子を見て連絡を停止したりと、駆け引きして男性を夢中にすることが大切になります。

簡単に手に入るつまらない男

女性が求めている男性は、出来る限り価値が高い男性になります。その価値が高い男性であるかどうかは、女性が脈ありサインを出してテストしようとすることがあります。例えば、女性の側が脈ありサインを出したり、連絡をすることで、男性の態度を見極めようとするのです。

女性の脈ありサインに応じて、連絡をして猛アピールをすれば、「簡単に手に入る男はつまらない」と言われていまいます。

モテる男性が女性を理解している

モテる女性というのは、女性と一緒にいても、会話がとても上手です。女性の気持ちを良く分かっているので、女性に気の使い方も上手なのです。女性と少し会話したことをきちんと覚えていて、女性が最も行きたいと思う場所に連れて行くことができます。

例外として、女性が全く脈ありサインを出さなかったり、失礼なことを次々と言ってきた場合などは、「女性の気持ちが分かっているけど、実行しない」ということで、男性としての態度(つまり、あなたとは付き合えなくても良い)を示そうとすることがあります。

女性の嫉妬心を使い女性から追わせる

女性の嫉妬心を上手に使えば、女性から追わせることができるようになります。複数の女性同士を競わせた状況では、女性は男性に価値を感じて、追いかけたい気持ちになります。女性に対しては、軽い脈ありのサインを出しながらも、他の女性と仲良くすることが奨励されるのです。

女性というのは、嫉妬心が強ければ強いほど、「他の女性に渡さない」と思って、男性を追いかけるようになります。1人の女性を追いかけると失敗してしまうのは、女性の嫉妬心に火をつけることができない男性は、「熱いだけで価値がない男性」と思われてしまうからです。

雑談に付き合える男性がモテる

女性の雑談に付き合って、普通に笑うことができる男性というのは、女性にもモテます。男性であるにも関わらず、女性と普通に雑談できれば、女子会などに普通に混ざることができます。女性の中に男性が混ざるということは、どうしても女性同士で競争の意識が働いてしまうのです。

男性を競わせてはいけない

ちなみに、女性が男性にアプローチをかける時には、複数の男性を競わせるよなことをしない方が良いです。男性は、女性と異なっていて、複数の男性を並べて競争心を煽るようなことを行うと、「どの男性にも相手にされなくなる」という最悪の結果を生む要因になってしまいます。

男性の性質というのは、他の男性の存在があることがストレスになって、そのストレスが女性に対して悪いイメージに変わってしまいます。「オレのことが本当は好きじゃないかもしれない」と思って、男性の側が面倒になって追うのを止めたり、「思わせぶりの女」という評判が悪くなることになってしまいます。

女性が男性を追わせたい場合には、1つのコミュニティで1人の男性に絞り込んだ方が良いでしょう。1つのコミュニティで複数の男性にアプローチを仕掛けるのは、コミュニケーション能力が高いモテる男性なら簡単に見抜かれてしまいます。

モテる男が女性に求める価値

女性が男性に追わせる恋愛を望むのに対して、男性側が「追わない」という選択肢をとる理由は、女性の側に『惚れさせる力がない』からです。モテる男性ほど、女性が脈ありサインを出したり、その気にさせようとしても、それに乗ってこないことが多いのです。女性からすると、何で?と思うかもしれませんが、男性は別の価値を求めている場合があります。

女性に反応しない典型的な男性は、既婚者の男性になります。既婚者の男性が女性からモテる理由は、女性に対して『完全に振り向いてくれない』ということが、男性を魅力的にしているのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告