車を使ったデートが意外と女性にモテない理由とは?女性は車を求めていない

Adsense広告

車を使ったデートというのは、自動車会社がドラマで使うなど盛んに宣伝されていますが、実際にドライブデートに行くと「思ったよりも楽しめなかった」という場合が多いです。車に乗る時間が長いと、上手に会話が続かないと面白くないと思ってしまうのです。
車を使ったデートが意外と女性にモテない理由とは?女性は車を求めていない

お互いに良く知らない最初のうちは、ドライブデートを提案するよりは、近くで食事してさっさと別れてしまった方が良いでしょう。女性が好きでもない男性と長時間一緒にいることは、苦痛を伴うことになる場合があり、好かれるどころか嫌われてしまう可能性すらあります。1回に長時間一緒にいようと思うのではなくて、少し食事だけして、様子を見るのが良いでしょう。

女性が男性に求めるもの

多くの女性が男性に求めているものは、「車を運転してくれること」ではありません。車を運転するならば、自分が運転することもできますし、公共交通機関を利用することもできます。女性が男性と一緒にいる時に求めているものは、楽しい会話を展開してくれることです。楽しい会話ができない男性は、一緒にいるのは苦痛でしかありません。

車を運転している男性が会話力が優れた男性であれば、ドライブデートに行っても楽しく会話できるかもしれません。もし、男性が女性を会話で楽しませることができなければ、女性が苦痛を味わうだけのデートになってしまいます。ドライブデートで男性の会話力がとても重要になります。

車で2人でいるのが苦痛である

付き合ってもいない男女だと、狭い社内で2人でいると緊張状態が長続きして、疲れ果ててしまうのです。好きな人であったら、社内で一緒にいるとリラックスして楽しい感覚を覚えますが、最初から好きかどうか分からない女性と一緒に狭い社内で一緒に移動するのは、本当に気疲れしてしまいます。

あまり仲良くない男女のドライブデートは、女性に気を遣わせるだけなのでやめた方が良いでしょう。男性は車を運転したがり、女性も「ドライブデートなら楽かもしれない」と思って乗るのですが、期待に反してつまらないデートになることが多いようです。

ドライバーのサポートに疲れる

ドライブデートで、ドライバーをサポートする役割は、とても疲れてしまいます。好意があるならば、「共同作業してるから楽しい」と思えるかもしれませんが、まだ好意が無い段階からドライバーのサポートは、疲れてしまいます。目的地に到着するまで、ナビの担当をしないといけないのは、女性にとって負担に感じてしまうこともあります。

面白い会話がないと疲れ果てる

狭い社内で会話が弾まないと、本当に疲れ果ててしまうことになります。男性が「会話がつまらない男性」であった場合には、女性は「早めに帰りたい」と思うようになります。女性側が話題を作って会話を弾ませようと努力することが続くと、女性が疲弊して疲れ果ててしまいます。

移動時間が長すぎて疲れてしまう

車の移動というのは、目的地までの移動にとにかく時間がかかる傾向があります。車窓から絶景が見えるようだと良いのですが、高速道路などで同じ風景画続いたり、何時間も似たような景色が続く場所を走り続ける場合には、とにかく疲れ果ててしまうのです。

車の移動というのは、移動の自由度が高い半面で、目的地までダラダラと走り続けること自体に飽きてしまうと、何も面白くありません。ドライブデートに耐えられるだけの会話力を持ったモテる男性というのは多くないので、ほとんど沈黙して疲れる印象を与えてしまうことになってしまいます。

車を出す以外に何もしない男性

自分の車を出して、目的地だけを決めておく男性というのは、女性にモテる男性ではありません。ドライブに行くのであれば、きちんと目的地の書籍を準備しておいて、女性に車内で読んで貰って会話の話題にしたり、車内で楽しめる音楽を準備しておくのも良いでしょう。いずれにしても、可能な限り前もって準備しておく優しさが大切です。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告