女性がキープしたい男性に取る「思わせぶり態度」とは?

Adsense広告

女性が男性と2人で良くお出かけしたり、優しく接したりしても付き合う気がない場合には、「男性をキープしている状態」となります。男性をキープする女性の心理は様々ですが、寂しさを埋めたり、好きな人ができるまでの繋ぎにしたりする場合が多いです。
女性がキープしたい男性に取る「思わせぶり態度」とは?

女性と付き合うことが目的でなければ、男性として女性に利用されるのも「女性に慣れる」という意味では悪い選択ではありません。本命からキープされると辛いことになってしまうので、本命からは男性として見られることを目指す必要がありそうです。

スマホをいじりながら話を聞いている

女性が「スマホをいじりながら話を聞いている」場合には、キープである可能性が極めて高いです。女性の中では、「本命の男性ときちんとやり取りしなくては」と考えているので、キープ君のことは後まわしなのです。キープ君と一緒にいながらも、他のことを気にしている状況です。

本命ではないと発言される

女性によくありがちなのは、男性から本気にされると困ってしまうので、「あなたは本命ではない」ということを言葉で伝えてくるということです。あまり恋愛経験がない純粋な男性こそ、別に言わなくても良い「本命ではない」という発言が多くなります。

男性からの好意を感じると、女性は予防線を張るために「本当に話しやすい、女友達と同じ」と言ってみたり、「色黒でワイルドな人が好き」と言ってみるなど、男性はタイプではないということを伝えてこよとします。相手からタイプではないと言われた場合には、付き合える可能性は極めて低くて、キープにされている可能性が高いです。

本命に見られる緊張感がない

本命の前では緊張感が見られるものですが、キープ君の前では「完全にリラックスモード」です。

男性の悩みを真剣に聞いてない

誰しも、興味がある人の悩みであれば、真剣に聞く気があります。しかし、男性がキープ君の場合には、悩みを真剣に聞こうとはしません。めんどくさいので、適当に「そうなんだー」と流して終わりです。キープしている男性に対しては、面倒な話を聞こうとせず、いい加減な返答で終わります。

暇な時に遊べる相手が欲しい

女性が男性をキープする理由は、暇な時に遊べる相手が欲しいというものです。急に予定があいた時、時間があって外出したい時などに「一緒に外出してくれる便利な存在」というのがキープ男子の特徴です。

自尊心を満たそうとしている

女性は、男性をキープしながらコントロールすることで、自分の自尊心を満たそうとします。

意図的にキープされるのもアリ

男性側としては、かわいい女性にキープされることで、楽しく女性と遊べるメリットもあります。男性であれば、キープされることを逆に楽しむぐらいの余裕が欲しいものです。

行動に注目した方がいい

LINEなどでやり取りするのは、それほど労力を使わなくても簡単にできることです。それよりも、重要になるのは実際に「自分のために行動してくれるかどうか」という点です。女性は、キープ君のために行動することを嫌がります。かなりの余裕がある人だと、キープ君のために行動することもありますが、基本的に面倒を避ける傾向があります。

キープ君が積極的に誘いを入れたりするようになると、そこでかわす行動がでるのは、キープ君にされている特徴です。男性に本気になられると面倒で困るので、キープ君が積極的になったら女性が引いていってしまいます。

キープ君は本命にならない

キープ君が本命になるのは、かなり厳しいと考えた方が良いでしょう。自分が普通に感じる「違和感」というものは大切にした方がいいです。一緒に話していて、話がなんとなくずれていたりするのは、女性の側が意図的に話をずらしているからである可能性もあります。女性は、気になる男性の前では、話のテンポを合わせてくれたりするのですが、キープ君の前では話を合わせたりしません。

男としての色気を感じない

男としての色気を感じない場合には、男性として恋愛対象外となります。恋愛に慣れた男性であれば、タイプではない女性の前では、出来る限り男の色気を封印して、「いい人」になるようにしている男性もいます。男の色気を出して、恋愛対象に見られたらやりづらくなってしまうからです。

とりあえず友人関係を維持すること

友人関係を維持しておくことは、将来的に余白を残しておくために重要になります。そのためには、「相手に絶対に嫌われる行動をしないこと」が大切になります。相手から嫌われなければ、将来的にお付き合いする可能性も残されていますが、相手から嫌われてしまった場合に、将来的にお付き合いできる可能性はゼロになります。

基本的に「相手に嫌われるようなことをしない」ということが大切になります。嫌われてしますと、もう恋愛対象どころではなく、避けられてしまうようになります。ご機嫌取りをする必要はありませんが、相手の女性に嫌がられる行動を慎むようにして、きちんとした友達関係を維持しておきましょう。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告