脈なし


Adsense広告

男性が突然にLINEを止める単純すぎる理由

男性というのは、女性よりも雑談が苦手な人が多くて、女性との雑談が得意な人であったとしても『女性との将来に発展性を感じない』と思ったら、その時点でLINEの送信を止める人が多いようです。

女性の側が2人で会う事を渋る『脈なし』状態であったり、女性の側がしつこくて男性がLINEを返信するのが嫌になって放置するということがあります。

2人で会う話にならないと切る

LINEを続けて観光名所の話などになっても、2人で会う話にならない場合には、LINEを切る男性が多いようです。女性の場合には、実際に会わなくてもLINEでコミュニケーションを取ることで仲良くなれると考える人も多いですが、男性は「実際に会わないと仲良くなれない」と考える人がほとんどです。

今後もしばらく2人で会う機会を作れないと判断した場合には、無駄にLINEを続ける労力を費やす事が「人生における時間の無駄」と判断して、LINEに終止符を打ち込む可能性があるでしょう。男性が女性に対して「この人は私に興味がなくて会う気がない」と脈なし判断を下すと、それ以降に自分からLINEが来なくなります。

2人デートで女性が示す脈なしサインとは?脈なしサインに対する対処方法

女性が脈なし状態でデートに応じるのは、実際に良くあることです。女性と2人で会っている時点で、それなりの信頼関係が築けている事は確かですが、デートに対する女性の意気込みが低い状況において、お互いにデートを楽しめるケースは少ないです。

女性の笑顔が少ない

女性の笑顔が少ないというのは、非常に分かりやすくて強烈なインパクトがある脈なしサインになります。女性が気がある男性の前では、とにかく笑顔が増えて楽しそうにするのに対して、気がない男性の前で笑顔がほとんどなくなります。

女性が笑顔になってくれないと、男性としても楽しくないので、ダラダラとした眠気があるようなデートになったりします。男性として、何とか女性を楽しませようと会話したりして頑張っても、そもそも女性が男性に興味がない時点でどうしようもありません。

女性の格好がダサい

女性がデートの時にほとんどオシャレをしてこないのは明確な「脈なしサイン」になります。女性がデートに気合を入れて『脈ありサイン』を出す場合には、自分が女性らしく見られるようなオシャレをしてきます。

男性の脈なしLINEとは?

自分からLINEを送らない

最も分かりやすい男性の脈なし反応は、『自分からLINEを送らない』ということです。いくらLINEが嫌いな男性であったとしても、脈あり女性に対しては、自分を忘れないでほしいのでLINEを送って意識して貰おうと頑張ります。ほとんど・全く男性からLINEがないようであれば、脈なしとして諦めた方が良いでしょう。

女性側から沢山LINEしているにも関わらず、男性からLINEを送らないと『この人はLINEがあまり好きではない男性かな』と判断するかもしれません。男性は、気がある女性に対して異常なほどマメになる傾向があります。

男性というのは、自分が気になる相手に対して積極的にLINEを送りますが、自分が気がない相手に対してLINEを送ってやり取りしようという気力が沸きません。相手から来たLINEに対しては、マメな男性であれば丁寧に返信しますが、マメでない男性であれば既読無視で放置されることもあります。

女性が男性に対して完全に「脈なし」を伝える時の態度

他の男性の存在を強調する

他の男性とデートして楽しかった!というような内容を強調する場合には、脈なしの可能性が高くなります。

現状で仲のよい男性がいたり、彼氏がいた場合には、自分から脈なしの態度として『他の男性の存在を強調する』という女性も多いです。しかし、その場合にも仲のよい友達からゆっくりと親密になる事ができれば、新しい彼氏候補になることは難しいことではありません。

自分と違うタイプを褒める

自分と全く違うタイプの男性を褒めたりする場合には、完全に脈なし確定となってきます。現状において脈なし確定であったとしても、相手に対する印象を変化させることによって、脈ありに変えることも難しくありません。

女性が理想のタイプと自分で思っている人と、実際に付き合う人が同じであるとは限りません。自分と違うタイプを褒めたとしても、自分にチャンスがないとガッカリする必要はありません。仲良くなって接近できれば、恋愛のチャンスはいくらでもあります。

メール・LINEをスルーする

メール・LINEを完全にスルーするのは、現時点において脈なしである可能性が高くなります。それでも、相手が暇な時間に送ることが出来れば、やり取りできる可能性が高まります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告