モテる男性は「自分の好意」を悟られないようにする!

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。
 

Adsense広告

モテる男性というのは、女性に簡単に好意を悟られたりはしません。
手を繋ぐカップル

好意を悟られないことが大切

あまり好意を悟られるようにしてしまうと、相手に主導権が渡ってしまう可能性が高くなります。ただし、男性側の恋愛能力値がかなり高い場合には、それでも女性に主導権を渡さずに男性が主導権を握ることも可能です。男性が女性からみて相当に魅力的であったり、女性を翻弄する力が強い場合には、男性が主導権を取れることもあります。

男性がそれなりに女性に好感を与えていたという前提で、男性が女性に好意を発信しながらも、冷たくするなど、「好きなの?好きじゃないの?」と気になる状態を作り出して、男性が主導権を握っていくということもあり得ます。

モテる男性が好意を伝えない

モテる男性というのは、相手に好意を伝えるようなことをしません。女性に対して、自分のことを気にして貰うためには、好意を伝える必要などないと分かっているからです。好意を伝えなくとも、自分を磨いて女性から注目される男性になったり、

女性は、男性の内面を見抜く能力が男性に比べて相当に高いとされています。そのため、好意を伝えることは、女性から格下に見られるだけで、あまり女性と恋愛に発展する効果が期待できないのです。

好意をどのように伝えるか

モテる男性の中には、女性に対して好意を上手に伝えることができる男性もいます。その場合には、言葉で好意を伝えるのではなくて、優しく接したり、特別間を出すことで好意を伝えるというテクニックを使うことになります。

女性に対して好意を伝える時も、相手のことを良く知らない状態で「好きです」と言ったり、「付き合ってください」というのは、女性から冷められる原因になってしまいます。直接的な表現ではなくて、間接的な表現を使い、ロマンチックな表現で相手に好意を伝えることが大切になります。

女性は依存してくる男性を嫌う

女性は、「自分に依存してくる男性」を嫌う傾向があります。もっと分かり易く言えば、自分をこころの拠り所にしてくるような男性を「気持ち悪い男性」と思ってしまう傾向があります。

ロマンを無くすNGワード

ロマンをなくしてしまうNGワードというのは、「好き」とか、「会いたい」という言葉です。そのような言葉は、女性とお付き合いしたあとに発するべき言葉であって、女性とお付き合いする前に言うべき言葉ではありません。大人の恋愛関係では、好意を言葉に出すことは、ロマンを奪ってしまいます。

女性は、男性と一緒にロマンを楽しみたいと思っています。すぐに自分のことを外見・容姿だけで好きになってしまう異性に対して魅力を感じづらいという現実があるのです。

女性が理想とする男性像

女性が理想としている男性像は、まさに「レンタル彼氏」のような存在です。レンタル彼氏というのは、女性からお金を貰ってデートするだけの存在です。そのレンタル彼氏というのは、女性を接待することを専門にした職業人として活動します。

最終的に付き合う気があるならば、褒めることも有効と言えるでしょう。

女性を翻弄するテクニック

女性は、「恋愛で自分を楽しませてくれる男性」を好む傾向にあり、女性を翻弄するのも女性を楽しませるテクニックの1つと言えるでしょう。女性は男性に振り回されるのを嫌う一方で、男性に少しぐらい振り回して貰わないと面白みがないと感じています。女性に「ドラマ」を見せることができる男性が女性から好まれるのです。

女性を翻弄するためには、女性が男性のことを「格上の人間である」と認識する必要があるでしょう。

余裕のある男性がモテる

女性に対してガツガツしていない、余裕のある話し方をする男性は「モテる男性」と言えるでしょう。どんな美人の女性を前にしても、「普通どおりの自分」でいることができれば、その女性から恋愛対象内に入る可能性もあります。

必死感がでると格下扱いされやすい

女性が男性から「必死感」が出てしまうと、あっという間に格下扱いをします。男性は、「必死感」を出すことで、ステータスを下げてしまうことになるのです。女性は、必死に近寄ってくる男性を必死に自分の近くから排除しようとする傾向があります。

女性は、優秀な男性を見つけると、優秀な遺伝子を残そうとして近づこうとしてきます。実際、恋愛でモテる男性ともなると、女性に言い寄るどころか、多くの女性から言い寄られているのです。

会話力で相手の女性に好印象を与える

最初に女性が最も重視することは、「コミュニケーション能力」ということになります。コミュニケーション能力が高ければ、女性に対してかなりの好印象を与えることができるようになります。会話を上手にすることで、女性を楽しませることができるからです。女性は、先ずコミュニケーションが楽しくできることを求めます。

最初に女性に対して好印象を与えておくことは、女性から「気になる男性」になって貰うために何よりも大切になります。女性に好印象を与えることができなければ、女性から「そもそも恋愛対象外」と見られてしまいます。

女性から丁寧に扱って貰う

女性から丁寧に扱って貰うためには、女性から「尊敬され続ける男性」であり続ける必要があります。女性というのは、自分よりも格下と判断した男性に対して、丁寧に対応することがなくなります。そうなってしまっては、男性が後から挽回することが極めて難しい状況になってしまいます。

女性は、社会的な地位であったり、男性の強さにとても敏感に反応するものです。女性も馬鹿ではないので、男性の表面的な強さではなくて、「本当にいい男」を見抜こうとして努力する傾向があります。

男性に対する女性の厳しいジャッジ

男性が100人いたら80人ぐらいが恋愛対象になる(35歳以下の女性の場合に限定される)とされているのに対して、女性は100人いたとすると、恋愛対象になるのは10人ぐらいしかいないと言われています。それは、最初の印象、話し方などでほとんど決まってしまうとされています。最初に外見を磨いて女性の恋愛対象内に入ることは、男性にとって極めて重要と言えるでしょう。

男性は、上位10%に入ることができれば、多くの女性から言い寄られる存在になることができます。外見を磨いて、「いけてる存在」になる必要があるでしょう。女性は、いけてない男性に近づいて、自分のレベルを落とすことを最も嫌がります。いけてる人と一緒にいることで、リア充になりたいと思っているのです。

深みのある自信をもつこと

男性が見せる「深みのある自信」というのは、女性の前で見せる余裕のことでもあります。女性を余裕を持って接待して、女性から「手に入らない存在」を演じ続けることができれば、女性から見て「手に入れたい存在」になることができます。

格下の男性になると利用される

女性から「格下の男性」と思われてしまうと、その女性から利用されてしまうことになりかねません。女性というのは、格下の男性に対して冷淡であり、格下の男性を利用しながらも、自分の本命の男性を追いかけているという現実があります。

男性にリードして欲しい

男性がよほどの自信家であり、自分とつりあうような美人を狙っていく場合においては、男性による積極的アプローチが有効な場合もあります。そうではない場合には、男性は女性の様子を見ながらアプローチする必要があるでしょう。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。