モテる男性は、女性を追わない?女性を追うデメリットとは?

Adsense広告

恋愛における女性と言うのは、猫のようなものだと考えておくと良いでしょう。追いかけると逃げてしまって、触ることすらできません。女性を追わず、女性が近づいてきたところをそっと抱き寄せるのが恋愛の成功に近づく方法です。
モテる男性は、女性を追わない?女性を追うデメリットとは?

女性を追う男はモテない

女性を追う男性といのは、モテる男性ではありません。女性を追いかけすぎる男性は、女性から『自分よりも価値が低い男性』と見られてしまうので、恋愛の対称にならないことを良く知っているからです。

自分の価値を良く知っているモテる男性というのは、女性を必要以上に追いかけたりすることがありません。

追うことをやめて成功率をあげる

女性を追いかけるというのは、自分からLINEを送りまくったり、デートに誘うことです。女性に対してアクションを繰り返すことは、『私はあなたに好意があります』と宣言しているようなものです。女性が好きになってもいない相手から好意を示されると、逃げたくなるのは当然です。

女性の警戒心をなくして貰うには、『あなただけではなくて、誰にでも優しくしています』という姿勢で臨む必要があります。そうすれば、女性の側も『この人はこういうキャラクターである』と思って安心してくれるでしょう。

モテる男に複数の選択肢がある

モテる男性というのは、複数の女性から言い寄られて『選択肢がいくつも用意されている』ので、1人の女性に絞る必要性がありません。

脈のない女性に対して諦めの態度を取るのが早いというのも男性の特徴です。しかし、逆に『魔性の男』のように本当にモテる男性になってくると、諦めずに長期的なアプローチをジワジワと仕掛けていく男性もいます。

女性を追うのが押し売り営業

女性を追いかけるということは、商品の押し売り営業と同じで相手に嫌悪感を持たれてしまいます。女性に対して押し売り営業を仕掛けることは、嫌悪感を持たれることになりかねません。嫌悪感をもたれたら、もう二度と恋愛に発展することは全く期待できなくなってしまいます。

女性が嫌がる行為をしない

恋愛以前の問題として、コミュニケーションの基本というのは、『相手が嫌がることをしない』という事に尽きます。女性が少しでも嫌がる行為を行っては、コミュニケーションにならないのです。特に女性と言うのは、男性よりパワーが弱い分だけ、思いやりをもって対応する必要があります。

女性に対する思いやりというのは、LINEを一方的に送りすぎたり、無理してデートに誘ったりすることをやめることも含まれています。女性に対して嫌がる行為を行うことは、女性に対するポイントを下げて、

自分の好意を表に出さない

恋愛においては、相手に対する好意を表に出しすぎることは、相手に対するプレッシャーと束縛になってしまいます。自分の好意を控えめにして、本当に好きなのか?好きじゃないのか?分からないぐらいにして、余裕を持っておいた方が、相手の好感度が高くなります。

男性が女性からの束縛を嫌うのと同じで、女性の中にも束縛されるのをプレッシャーに感じる人が多いです。

女性に特別感を出してあげる

女性は、男性から特別扱いされることを好みます。また、男性の側も女性からの特別扱いを好む傾向があるでしょう。「自分だけ特別に扱ってくれた」という感情があれば、恋愛の発展に役立ちます。

恋愛の過程を存分に楽しむ

恋愛は、すぐに成熟するものではありません。場合にもよりますが、1年~2年をかけて女性を口説くという人も少なくありません。

相手のことを質問しない

モテる男性というのは、女性を質問攻めにしたりすることがありません。女性が話したいときに話してくれたら良いという姿勢です。女性というのは、信頼できる人だと思った場合には、勝手に話し始めます。

女性に話して貰うことを意識して、女性に次々と質問を投げかけていくことは、女性からの印象が悪くなる可能性があります。

押し売り営業で成功するイケメン

押し売り営業で成功する人は、20代のイケメン、30代以上でモテ男、相手が最初から好意を持ってくれていた場合のみになります。それ以外の人が女性に対して押し売り営業のように女性を追いかけ回して成功する例というのは、ほとんどありません。

男性としての実力を底上げ

自分が好きになった女性を狙うためには、女性としての底上げが必要になります。

・肉体改造
・姿勢の改善
・ファッションと服装の改善
・話しやすい短期間で打ち解ける会話力

Adsense広告

Adsense広告