女性らしく振る舞えない女性の悩み

Adsense広告

男性の多くが「彼女が可愛らしい女性としていてほしい」と思っています。いわゆる「女性らしい」服装をしたり、可愛い感じの髪型にする事を望んでいます。
女性らしく振る舞えない女性の悩み

小さな頃からお父さんと一緒に遊んでいたりすると、趣味が男性的になったり、性格が男性ぽくなってしまったりするものです。本当は、好きな人の前で乙女心を出したいと思っていても、それが上手に出せなかったりするのです。

女性らしくなれない

女性の半数ぐらいは、「自分が女らしくない」と感じているかもしれません。エステサロンで美容に磨きをかけたり、ランジェリーショップで彼のためにセクシーになったりというのに無縁である女性というのは、意外にも多いものです。女性らしく振る舞う事に恥ずかしさを感じてしまうのです。

男性から「色気がない」と言われたり、「女性らしくない」と言われたりするのです。そのために「女性らしく振る舞うプレッシャー」を感じて、集団行動にも疲れ果ててしまいます。女性らしく振る舞うのが苦手な女性は、集団に馴染めずに1人行動をする事が増えていきます。

男性に持つ嫌悪感

自分が男性から「女性」として見られるだけで、男性に媚びを売っているように感じてしまったり、男性に負けてしまうように感じてしまったりする女性もいます。男性に対して嫌な記憶があったり、独親から自分の女性としての立場を否定されたりして、男性と競争したり、男性に嫌悪感を持ったり、男性に対抗心を持ったりしてしまうんですね。

いずれの場合にも、両親の小さい頃からの言動が影響している可能性があります。男性に持つ嫌悪感は、男性に対して無視したり、男性を軽く扱ったりする態度に現れたりします。男性の側は、そういった女性の態度に惑わされず、大人の態度で優しく見守ってあげる事が必要になります。

男性に嫌悪感を持つような女性は、なかなか男性に気を許そうとしませんが、そうした態度が男性の「追いかけたい欲求」を刺激する場合もあります。男性の「追いかけたい欲求」を刺激できれば、自分に尽くしてくれる男性をゲットできる可能性も高まります。

女性グループが苦手

「女性らしくできない」と考えている女性の中には、女性のグループ行動が苦手と感じている人もいます。女性のグループに加わって「キャキャ」と女性らしさを合わせるような事にウンザリしている女性は意外に多くて、単独行動を好む女性が多いです。

女性グループに合わせる事が苦手な女性は、自分らしい可愛さを追求できるメリットがあります。他人とは違う価値観で、自分らしい可愛さ、自分らしい素敵な女性を目指せば、『本当に実力のある素敵な男性』に巡り合う事ができる確率が高まります。

趣味がオヤジぽい

趣味がビールであったり、競馬であるなど、『オヤジぽいのを隠している』という女性も多いです。33歳ぐらいまでの女性であれば、それでも「可愛い」で済まされるんですけど、33歳をすぎた女性で中身がオヤジだったら、ガチのオバサンになってしまう可能性があります。

33歳ぐらいまでは、外見が可愛い感じにしていると、中身がオヤジでも男性から次々と告白されます。33歳ぐらいを過ぎると、女性の内面を重視する男性が増えるので、中身オヤジ化しているとドン引きされる可能性が高くなっていきます。

両親の影響が大きい

女性らしく振る舞えない人の多くは、幼少の頃から小学校ぐらいにかけて、両親が「女の子」として育てなかった事が大きく影響しています。両親が幼少のころからスカートを履いた時に褒めたり、育て方が男性と同じような育て方をされると、「女性らしさ」に拒否感・抵抗を持つことが少なくありません。

大人になってからも『男性の中にいた方が気楽』という気持ちになって、男性の友達と一緒に過ごす事が増えたりしてしまいます。男友達からは、女性として見られている訳ですけど、いざ女性として見られると、気持ち悪いと思ってしまったりする事もあります。

好きな人に女性らしさを見せる

女性の多くは、『好きな人の前だけで女性らしさを見せる』事が大切だと思っています。普通の友達の前で雑な男性であったとしても、好きな人の前では女性らしさを見せたくなるものです。好きとまでいかなくても、意識している男性の前でだけ『急に女性らしくなる』という女性も多いです。

一般的な女性(自分が好んで日頃から女性の格好をしている人)の場合には、日頃は男性ぽいと言われる性格であったとしても、好きになった男性に対して女性ぽく振る舞うことで、女性らしさをアピールしたいというのが本音のようです。

男性を意識すると恥ずかしい

自分が女性であることを意識すると拒否感が出るという女性は、男性の友達が多くてアクティブに活動している人も多いです。趣味が登山、トレッキング、マラソン、自転車、釣りなど、パワーが必要とされる趣味に熱中して男性と一緒に遊びに行っている女性も多いです。

遊んでいる時には、相手を男性として意識せず、お友達として意識して遊んでいるのです。『女性として見られると面倒』と感じる一方で、その中で誰かを好きになったりすると、「急に女性らしくなった」と言われるように変化がみられる事があります。

恋をすることで女性になれる

女性らしく振る舞えないのは、リアルな男性に本気の恋をしたことがないということもあるでしょう。女性がリアルな男性に恋をすると、その男性のために女性らしく振る舞いたいと考えるようになるかもしれません。

男性に恋をしてしまうと、自然に「もっと女の子ぽくなりたい」と思うようになって、少しずつ女性らしさが出てくるでしょう。しかし、それでも男性に相手にされなかったりすると、自信を失ってしまうかもしれませんが、「自分らしくあること」を基準にしながらも、少しずつ女性としての魅力を高める工夫をしていけば、カッコいい女性を目指すことができます。

SNSでハートマークを使ってみる

女性らしさを出すのは、服装だけとは限りません。SNSでハートマークを使うという行動も、女性特有のものとして知られています。また、日本では、言葉遣いなどで女性らしさを表現する事もできます。SNSの投稿で軽くハートマークを使う事で、女性らしさを表現してみることから始めてみるのも良いでしょう。

ハートマークを投稿に入れるだけで、投稿がとても可愛らしく見えますし、男性にドキ!とさせることができるかもしれません。

男性と手を繋いでみよう

自分が女性であると意識するのは、男性と手を繋いだ時でしょう。男性と手を繋ぐと、急に自分が女性であると意識したくなってしまいます。

相手に思いやりをもつこと

男性であれ、女性であれ、誰かと何かをするときには、相手に敬意・思いやりを持つことが大切です。思いやりを持つことは、必ず相手に伝わります。そして、その積み重ねが長期間での相手との信頼関係になっていくのです。

自分らしい女性を目指す

社会の価値観に押し付けられたような可愛さを目指さなくても、女性が内面から美しくなることができます。「自分らしい女性らしさ」というものを追及していけば、男性に対して嫌悪感を抱くこともなくすことができるかもしれません。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告