女性が結婚を諦める年齢は?40歳頃が諦める時期として適切みたい

Adsense広告

東京などの都市部で未婚が急増しおり、何と東京では30代男性の半数が独身、女性もそれに近い状況になってきています。東京の場合に限って言えば、30代になって『結婚しないのも当たり前』みたいになってしまっています。しかし、35歳を過ぎると女性の出産に影響が出てきます。
女性が結婚を諦める年齢は?40歳頃が諦める時期として適切みたい

出産を考えると38歳の壁、42歳の壁があり、38歳ぐらいから妊娠がしづらくなって、42歳を超えると出産は『医者も非常に厳しいと認める状況』になります。子供を希望するのであれば、38歳の前に出産をしなければいけないので、36歳ぐらいまでに何とか結婚したいと思う人が多いでしょう。

結婚35歳以上の壁

35歳を超えると、女性はもはや婚活市場でその価値は極めて低いものになり、売れ残りが確定したような状況になってしまいます。33歳ぐらいまでは何とかなる女性であったとしても、35歳ともなると、希望する男性が激減してくるからです。

結婚を希望する人は、30歳ぐらいの時に付き合っていた人がいれば、その人を大事にすることを考えるべきでしょう。良く将来を話し合う事が大切になります。

カップルとして付き合う

男性に離婚歴があるなどであれば、カップルとして付き合うという方法もあります。特に女性が子供を産める年齢である40歳ぐらいを過ぎている場合には、カップルとして気楽に人生を共にするパートナーという事で付き合っていくメリットがあります。

40歳になっても、50歳になってもカップルとして恋愛関係を保つことは可能です。子供がいないのは仕方ないことですが、少なくとも2人の人生を楽しむことができます。

結婚を諦める年齢

結婚を諦める年齢は、女性が40歳になる頃が多いと言われています。やはり、40代になると男性の目線が厳しくなって、自分でも辛くなるという事かもしれません。男性の場合には、女性より少し年上で40代でもギリギリ婚活をできますが、相当にお金がある人でないと成約に至るのが難しいという事もあるでしょう。

女性であれば、33歳を過ぎれば婚活が非常に厳しいものになり、40代になると相手をしてくれる男性がほとんどいなくなります。男性は、36歳をすぎると婚活が非常に厳しいものになり、40代をすぎると相手してくれる人がごく少数になります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告