ホストクラブに依存してハマり込む女性たち!仮想恋愛の依存症

Adsense広告

最近では、女性の社会進出が進む一方で、女性のストレスも大きな世の中になってきました。そのプレッシャーから様々な依存症にはまる人たちが増えていますが、特に問題になっているのがホストクラブの依存症です。アイドルの依存症も似ていますが、アイドル依存症以上にお金がかかるのがホストクラブの依存症です。
ホストクラブに依存してハマり込む女性たち!仮想恋愛の依存症

普通の女性であれば、インスタ映えなどを意識してインスタグラムに旅行の写真を投稿するためにお金を使う事に熱心になったとしても、ホストクラブにはまり込む事はありません。ホストクラブにはまり込む女性は、日常生活に大きな孤独を感じている場合が多いです。

お金を使って男性を育てる気分

ホストクラブに通う女性は、お金を使う事で「男性を育てる事ができる」と考えています。アイドルにお金を注ぎ込むのと同じような発想になっています。ホストクラブは、1回数万円ほどかかると言われていて、1回、2回なら大きな問題になりませんが、月に何度も通うとなると普通の人では支払えないような金額になります。

アイドル、ホストクラブなどに過度に依存してハマり込むと、自分を向上させる時間・お金を失うことになりかねません。特に友人関係に刺激を感じなくなる傾向があり、友人のことを「どうでも良い人達」と考えたりするなど、人間関係が狭まる傾向があります。

ホストを彼氏と思い込む

ホストクラブにはまり込んでいる女性は、ホストクラブのホストに対して恋愛感情を抱いて『彼氏のために頑張る』と思ってお金を注ぎ込みます。ホストクラブのホストは、お金を注ぎ込まれると、それに応じたサービスを提供します。かなりの金額を注ぎ込んでくれる上客に対しては、まるで本物の彼氏であるかのように店外での接待を行う事もあります。

ホストにはまり込む女性は、「彼をもっと喜ばせたい」と思って、お金を注ぎ込みます。ホストクラブのホストは、女性からお金を注ぎ込んで貰うと、ニコニコと笑って喜ぶ姿を見せます。そのことが女性の「誰かを支える喜び」に繋がり、ホスト依存になっていくのです。

ホストクラブ以外に無気力になる

ホストクラブに過度に依存するようになると、ホストクラブの非日常空間だけが楽しい状態になって、他のことが何もかもつまらなく思えてしまいます。ホストクラブで味わえるのは、(疑似恋愛ではありますが)恋愛感情であり、興奮が非常に大きいのです。

ホストクラブが中心に生活が回るようになり、常にホストクラブの事で頭が一杯になり、ホストクラブ以外の事がどうでも良くなります。また、刺激のない生活に鬱を感じて、刺激を求めてお酒などに走る傾向もあります。

冷静な判断ができなくなる

ホストクラブにはまり込んで、ホストのことを好きになる(=愛してしまう)と、通常の冷静な判断ができなくなってしまいます。ホストの言いなりになり、借金をしてホストクラブにお金を注ぎ込んだりするようになっていきます。ホストに「お前しか頼れない」などと言われて、売り上げに貢献するために自分の全財産を注ぎ込んだりするようになっていきます。

女性がアイドル男性にお金を注ぎ込むのに似ていますが、アイドル男性と違ってホストクラブの男性は「相手をしてくれる」ので、より依存度が高くなることになります。

ホストクラブ男性の魅力

ホストクラブでは、競争が激しい中で生き残った若いイケメン男性が接客してくれます。普段であれば、なかなか出会えないイケメンに出会って、そのイケメンが接客してくれることに大きな刺激、喜びを感じて、はまり込んでしまうのです。

ホストクラブ男性が魅力的に見えるのは、沢山の女性を同時に相手にすることで、女性をチヤホヤしながらも、女性に媚びないことが自然にモテる男性に繋がっているのです。また、ホストクラブの空間は、インテリアからホストの服装まで「非日常」を味わうことができます。

自分が認められた気になる

ホストクラブのイケメン男性たちは、客の女性をチヤホヤして、愚痴でも何でも真面目に聞いてくれて、言葉でいろいろ褒めてくれたりします。自己肯定感の低い女性は、ホストクラブのイケメンから褒められることで、自分の承認欲求が満たされるのです。

現実の男性が見えなくなる

ホストクラブにはまり込むことで、現実の男性が見えなくなります。現実世界の男性は、ホストクラブのように常に女性に合わせて会話する訳でもありませんし、常に格好の良い髪型、服装をしている訳でもありません。現実社会にいる男性は、ホストクラブの男性のようにイケメン度が高い人は、付き合う時に「それなりの女性」しか相手にしません。街でお気に入りのイケメンがいたとしても、女性に一方的に尽くしてくれる訳ではないのです。

また、仮にイケメンが女性に好意を持ったとしても、恋愛関係であればホストクラブの「接客営業」のように一方的なサービスを行ってくれるものではありません。ホストクラブに依存している女性というのは、現実に言い寄ってくる男性がいても、ホストクラブの男性と比較してして全く眼中に入らなくなります。それどころか、ホストクラブに依存している女性は、自分に惚れている男性を利用してお金を工面して貰い、ホストクラブに貢ぐことを考えたりもします。

関連記事: 

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告