キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?デートで聞きたくない仕事ネタ

Adsense広告


サクラゼロの出会い系
PCMAX無料登録はこちら(18禁)
世の中で『キャリアウーマン』と言われる忙しく働いている女性ほど結婚していない事は、統計上も明らかになっている事実です。テレビにタレントで出演してくるようなキャリアウーマンでも、結婚していない女性も多いですね。仕事と恋愛を掛け持ちする厳しさが分かります。まして、子育て&出産ともなってくると、本当に大変な苦労になるでしょう。
キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?デートで聞きたくない仕事ネタ

付きあってもうまくいかない

キャリアウーマンは、仕事の熱中度が高すぎるので、付きあってもうまくいかない事が多いです。サバサバしている性格の女性が多くなっており、仕事は第1、男は第2という考え方をしてくると、男性が連絡しても返事をしなかったり、下手をすれば会えないという事がでてきます。『仕事が忙しいから会えない』と言われて嬉しい男性はいませんので、別れの原因にもなります。

結局、男性の側が必死で働く環境にあり、女性の側も必死で働く環境にあれば、すれ違いが大きくなってしまいます。男性、女性共に相手に合わせないと、一緒に過ごすのは難しい状況になります。男性側が自由職業であるなど、女性に合わせる環境になうと、付きあいを継続するのも難しくなるでしょう。

おだてるのがメンドクサイ

キャリアウーマンの特徴として、男性を立てるより自分を立てて欲しいと思っている人が多いです。『私は忙しいから慰めて』みたいな状態で、男に慰めを求めてきたり、おだててほしいと思っています。男性に『仕事、良く頑張ってるね』と言ってほしい気持ちになるのは分かりますが、逆に男性を慰めたり、おだてたりしなければ、男性は寂しい気持ちになってしまいます。

男性は、慰めたり、おだてたりされないと寂しい、辛い思いになって、キャリアウーマンよりも、自分を慰めたり、おだてたりする女性を狙うという事は良くあることです。

話をする内容が仕事自慢

キャリアウーマンは、男性に対しても何故か自分の仕事の自慢をしがちです。仕事の話は、プライベートではあまり話さないという男性が多い中で、堂々と仕事の話をされると、一応話は合わせておくかと思いますけど、内心では「めんどくさい人だなー」と思ってしまいます。仕事に熱中しているのは分かりますけど、キャリアウーマンが自慢したい仕事の話なんて聞かされても、会話としては全く面白みがありません。

「私はこんなに仕事で頑張っている」と男性に自慢しても、「あっそ、俺はそれ関係ないカラ」と思われてますよ。女性はマルチタスクができると言われていますけど、そんなことは嘘です。仕事に熱中している女性は、デート中も何故か仕事の事を話したくなってしまうのです。自分が仕事でいかに頑張っているかを男性に認めてもらおうとします。付きあう男性は会社の上司ではありませんので、仕事の話は「勘弁してくれよ」と思います。

デートで仕事の話を避ける

仕事が彼と同じ分野であれば「休日なのに仕事の話で休んだ気がしない」と思われてしまいますし、仕事が彼と違う分野であれば「分野が違うから良く分からん」と思われてしまいます。女性が仕事に生きるのはカッコいいと思われたりしますけど、癒しを求める男性にとって見たら、休日まで働かされているような気分になって、「彼女が俺の事に興味がなさそうだから、キャバクラにでも行って誰かに話を聞いてほしい」と思う男性もいるのではないでしょうかね。

女性がキャリアウーマン化すると、男性と競い合うために仕事に熱中せざる得ないという事情もあるのだと思います。そうしないと、仕事で女性が生き残っていく方法がないんです。結果として、パートナーの男性は、仕事の話ばかり聞かされてウンザリして、『そんなに仕事が好きなら、仕事一筋で生きてくれ』と心の中で思ってお別れするパターンが多いのだと思います。仕事熱心なキャリアウーマンに良い母親をどうしても想像できないんですね。

男性側としても、デートで仕事の話はしない方が良いでしょう。仕事を一生懸命に頑張っている人ほど、『頭の中が仕事に集中しすぎ』の状態で、他の事が全く頭に入ってきません。あまりに仕事に集中しすぎる事で、『デートにも仕事モードを持ち込む』のは避けた方が良いでしょう。

男の事を勘違いしている?

キャリアウーマンの特徴として、自分が学歴が高い、仕事で地位があるという事から男がおじけずいて近寄ってこないと考えている人もいるようです。男が近寄ってこないのは、ほとんどすべての場合で、おじけずいて近寄ってこないのではなくて、特に付きあう気にもならずに近寄りたくないから近寄らないのです。

男性は、キャリアがあろうがなかろうが、自分が興味を持った女性には積極的に関わりたいと思っています。話をしていて『微妙だなー』と感じるので、あまり近寄らないようにしているという事があります。

30代なのに勘違いしてる

30代になっているにも関わらず、自分がモテると思っているキャリアウーマンは、同年代からは相手にされないので、相手にしてくれる上司・やり手の40代などに遊ばれる事も多いです。自分の青春を仕事に注ぎ込んで僅かな金を得た見返りに、結婚できずにずるずると30代を過ごして、40歳になってしまう女性も少なくありません。

20代で美人であれば、仕事の内容だろうが、ギャンブルの話だろうが、男はどんな話でも喜んで聞いてくれるんです。それは、話の中身に全く興味がなくても、その人自身に興味を持つからです。30代になると、その人の外見で勝負するのが難しくなるので、話の中身に興味がないと聞きたくなくなります。

出産する気がないと思われる

キャリアウーマンは、出産する気がないのではないか?と思っている男性も多いです。日本では、産休が取りづらかったり、職場の理解がない場合も多い悲しい現実もあります。キャリアウーマンが結婚相手を見つけるためには、自分に出産の意思がある事を男性にも理解して貰う必要があるでしょう。

Adsense広告

Adsense広告