恋愛運を引き寄せる『センスの良いお金の使い方』とは?

Adsense広告

センスの良い人と、センスの悪い人では、お金の使い方が全く違います。センスの良い人と、センスの悪い人は、持っているお金が同じであったとしても、その使い道が全く違うのです。センスの良い人というのは、お金をかけるべきところには、きちんとお金をかけようとします。センスの悪い人というのは、常にケチケチして、お金をかけるべきところでもお金を出し渋ります。
センスの良い人が若いうちから様々な経験をするのに対して、センスの悪い人の経験値が上昇せずにセンスが悪いままになってしまいます。センスの良い人は、お金をかけるところにきちんとかける「目利き」が出来るということでもあり、その目利きのことを「センス」と言い換えることもできます。お金をかける場面でおかねをかけず、お金をかけなくても良い場面でお金をかけるようになることで、手元からお金がどんどん流出して「貧乏」が形成されるのです。
 
例えば、男性が女性とデートしている時に雨が降ってきて、傘を持っていなかった場合、センスが良い人は「駅までタクシーを使う」という選択肢ができるのです。また、男女でホテルのバーで飲んで、駅まで送る時にタクシーを使う選択肢もあるでしょう。いずれにしても、日頃から1人でタクシーを使っていなければ、女性とデートする時にも「タクシーを使う」という選択肢が出てこないかもしれません。センスの良い人は、お金を使うところできちんと使っているので、選択肢の幅もそれだけ広くなるのです。
 
センスの良い人は、友達との旅行できちんとした場所に宿泊しようとします。例えば、首都圏から新潟のスキー場に行った時、友達がAirbnbで8000円で予約したので1人2000円だったのですが、部屋でエアコンしか使えずに非常に寒くて大変でした。さらには、4人が布団を敷くとスペースが全くない状況でした。ちなみに、1人4000円ほど出せば良いホテルに宿泊することができるので、その選択の方が旅行全体の満足度が高くなった可能性もあります。
 
友達に「この人はセンスがいいな」と思う人がいたら、センスの良い人と一緒に買い物に行くと、センスの良い人の面白さを見つけることもできるかもしれません。「人が買わないようなものを買っていたりする」ので、その点が面白かったりするのです。
 
センスの良い人は他人のために躊躇なくお金を使うことができます。他人のためにお金を使えることは、人生の喜びであり、それと同時に投資でもあります。相手が喜ぶものを確実にプレゼントすることができれば、相手との関係も良くすることができます。女性から人気があり、モテるリーダー気質の男性というのは、周囲にどんどん利益を与えていくことで、周囲を持ち上げていきます。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告