彼女にしたら大変!虚言癖で嘘をついてしまう女性たちの特徴

Adsense広告

親の期待に何とか応えようとして、小さい頃から頑張ってきた人ほど、嘘をついてでも『自分を良く見せなければいけない』というプレッシャーにさらされ続けているのでしょう。虚言癖のある女性の多くは、親のプレッシャーがあった中で『嘘をつくことでプレッシャーから解放されたい』という願いがあるものと思われます。
彼女にしたら大変!虚言癖で嘘をついてしまう女性たちの特徴

虚言癖というのは、自分の自覚がない事も多いので、それ自体は責められることではないかもしれません。しかし、周囲を巻き込んだりすることで、信頼を損なったりするなど、本人の将来にとって良くない影響がある可能性はあるでしょう。

理想とプライドが高い

本来、理想・プライドが高いという事は、悪いという訳ではありません。自分の理想の姿に向かって努力したり、プライドが高い事で自分を高める事もできるからです。しかし、虚言癖の女性が話をすると『妄想』にも似た感覚で嘘をつくことになるので、周囲がその嘘に巻き込まれてしまう可能性があります。

例えば、友達が『最近、ビジネスクラスで海外旅行に行ってきた』という話をすると、『私も去年ファーストクラスに乗って海外に行ったよ』という嘘で対抗しようとするという姿です。自分のプライドの高さからくる嘘です。この程度の嘘ならば、誰にも損害を与えない嘘なので、悪い嘘ではありませんが、周囲は嘘だと気が付いている可能性が高いです。

周囲から注目されたい

嘘を付くことで周囲から注目されたいと思っています。常に1人で寂しいという思いがあるので、周囲から注目されるために様々な嘘を付くことがあります。例えば、『今、父親が大変な病気である』という嘘を言って、周囲の人が『大変だね』と同情してくれる事に快感を覚えたりします。完全な嘘と分かりづらいので、周囲の人も騙されたりします。

なかなか周囲から注目されないので、嘘を言う事で注目を集めたいという思いがあります。注目されるためであれば、稀に自分に不利になる情報まで嘘を付いたりします。例えば、夜のナイトクラブで踊った事もないのに、『夜のナイトクラブで踊って注目された』など、男から見るとドン引きするような嘘でも、注目されると思い込んで嘘をつきます。

誰かが話している所に食い入って嘘を付くことで、自分の話を聞いて欲しいんです。自分に特に話題がなくて人とコミュニケーションが取れなかったりすると、人の話を奪う形で嘘を付いて、それで自分の話を聞いて貰えるのが嬉しい、孤独から解放される手段なんです。

『誰かと会話したくても、上手に会話できない』そんな時に嘘をついたら親・友達など周囲の人に喜んで貰えたと思うと、孤独を埋めるためにコミュニケーションの手段として嘘をつくようになってしまったのかもしれません。また、嘘を付くことで、誰かに構って貰えた事が喜びになっているのかもしれません。

劣等感が強く自分に自信を持てない

自分に自信を持てない人は、嘘をつく傾向にあります。自分に彼氏がいなくても、『自分に彼氏がいる』と嘘を付いたりしますが、自分に自信がない事の現れでもあります。

自分に自信を持てないので、親がお金持ち、芸能人と付き合っていた、良くナンパされたという嘘を言ったりします。自分を誇張した嘘で可愛いものですが、最も近くにいる彼氏などが信じ込んでしまうと、後から不信感を持たれてしまいかねません。

妄想と現実が曖昧になる

自分の理想としている妄想と、現実の置かれている状態が曖昧で虚言癖になっている場合があります。自分で作り話が自作されて、それを本当の事だと思い込むような事も出てきます。理想化された自分を演じるか、気の毒な人だと思って注目されたいと思っています。

本人に悪気がない状態で『妄想と現実が曖昧』になっているので、本当の事を織り交ぜながら、嘘を言ったりするテクニックが発達して、周囲がすっかり騙されるようになります。嘘と本当が混同して、本人も良く分からない状態に陥っているのです。

妄想・現実が曖昧になると、周囲の人では判断できない情報が多くなってきます。例えば、『元カレに殴られた、元カレが暴力的だった』というのは、誰も真実かどうか確認する術を持っていません。また、『上司に抱きつかれた』というのも、本当か嘘か確認する事は困難です。本当かもしれないし、嘘かもしれないので、本人、もしくは当事者しか知らない訳です。

他人からの評価を常に気にする

幼少期からの親の愛情が不足していたり、親から厳しくされたりする事で虚言癖になるとされています。周囲の評価を気にして、周囲の気を引くために外見を魅力的に磨き上げたり、仕事などで権力がある人に媚びたりする場面も出てきます。自分を守るためには、他人を悪く言う場面も出てくるので、周囲の人が迷惑に思う場面も出てきます。

買い物をする際にも、全く知らない人である店員からの評価を必要以上に気にしたりします。例えば、クレジットカードの支払いが出来ない事を大恥だと思って顔が真っ赤になってしまったり、自分がお金持ちだと思われたいという欲求があります。

嘘の責任を相手のせいにする

嘘の責任は、近くにいる誰かの責任に押し付けようとします。彼氏、親友などの責任に押し付けて、周囲の人に迷惑をかける事になる可能性があります。何かトラブルがあったら、周囲の責任に押し付けられて、下手をすれば被害を被る事があるので注意が必要です。

自分に利用できそうな人を利用して(悪い意味で踏み台にして)権力に媚びるたりするのもお得意で、責任が起きたら被害者のように立ち回って周囲に同情心で助けてもらおうとします。自分がついた嘘で発生した問題の責任を周囲にいる優しい誰かのせいに押し付けようとしてくるので、周囲の人が被害を受ける事になってしまいます。

虚言癖の人と付き合うのは難しい

虚言癖が強い人と長期の付き合いをするのは、不可能だと思った方が良いでしょう。小さな嘘を重ねると、大きな嘘になってしまって、周囲を巻き込んで自滅へと向かうからです。そして、自滅した時には、自分を悪者にしないために周囲の事を悪く言い始める事になります。虚言癖がある人に同情したり、感情移入した事で、損害を受ける可能性があります。

虚言癖の人は、最初から最後まで他人の責任に押し付けて、自分が責任回避しようとする傾向があります。相手に質問する素振りをして、相手に決めさせた事にして、失敗した時に相手のせいにしようとするのです。

言葉ではなくて行動を見る

人間の真実と心の中は、全て行動となって現れてきます。どんなに良い話をしたところで、行動が伴っていなければ、それが嘘だと分かります。すべては、相手の行動に注目すれば、相手の考えている事が透けて見えてくる事になるでしょう。恋愛でも、相手の気持ちと考えている事は、行動となって現れます。

人が本当に実現したいと思っている行動は、受け身ではなくて、自分から積極的になっていきます。いかに大きな話をしたところで、行動が伴っていなければ、嘘だと分かるわけです。行動を伴っていない人の話は、真に受けると自分が損失を受けるので、真に受けないで受け流すスキルが求められます。

虚言癖のある人と付き合う唯一のメリット

虚言癖のある人と友達として付きあうメリットがないわけではありません。それは、『人の言葉なんてあてにならない』という事に気が付くようになるからです。自分が実際に見た事でないとしんようは出来ないという事に気が付けばいいと思うんです。相手が何を話しても、それが本当かどうかは、自分の目で確かめるしか方法がありません。

友達の家がお金持ちかどうかというのは、相手の家に行かなければ分からない事だし、もしかしたら相手の家を訪問しても分からないかもしれない事です。とにかく人を信用するには、その人の実家に行ってみたり、一緒に旅行してみるのが一番です。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告