恋愛においてSNSを有効に使う方法

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。
 

Adsense広告

モテる男女と言うのは、SNSの使い方もやはり上手に使いこなしています。逆にモテない男女と言うのは、SNSの使い方もとても下手です。モテない男女というのは、そのSNSの投稿すら痛いものになり、「モテないだろうな」と思わせる投稿内容になっています。
恋愛においてSNSを有効に使う方法

SNSのリア充アピールに効果はあるのか?

SNSでリア充をPRするのにどんな意味があるのでしょうか?本当に生活が充実している人は、SNSでリア充をアピールする必要はないのでしょうか?最初に結論から言えば、SNSのリア充アピールというのは、友人と連絡を取り合う上で非常に有効に機能します。SNSを見る人の心理としては、自分の生活と相手の生活レベルを自然に比較してしまうものです。

そのSNSの発信内容がどのようなものであるか?ということが非常に大切になります。他の人が真似しづらい内容であればあるほど、その内容は多くの人から注目されるようになるでしょう。「他人の真似をしていない自分らしい生き方」というのは、多くの人が目指す生き方だからです。

SNSで異性にアピールする有効性

SNSの投稿が上手な人、下手な人では、それを見ている人の印象が全く異なるものになってしまいます。SNSの投稿が日常ばかりで、ダサい投稿が続いていると、異性にアピールするどころか、友達からも「この人はセンスが悪くてモテないだろうな」と思われます。特に、男性が自撮りの写真をアップロードすると、「キモい男」と思われることがあります。SNSは、見る側の感情も考えて投稿する必要があります。

男女共に異性に対して求めるのは、見た目の良いことです。外見的な見た目のよさだけではなくて、SNSの見た目にスリルを含めると、異性の感情を煽ることができます。異性をワクワクさせる行動を取れるということは、「恋愛として魅力的に見せる」テクニックになります。

SNSを使うことで、1回しか会っていないにも関わらず、何度も出会っているような気持ちになってしまうものです。

SNSの異性に対する単純接触効果

インターネットでSNSの情報発信が行われる前の段階までは、国民が接触するメディアというのは、テレビ・映画が主なメディアとなっていました。このためにテレビ・映画から得られる強烈なイメージが多くの大衆の脳裏に焼きつくというような効果があったのです。戦後の「日本人像」というものは、勝手にテレビ・映画が作り上げてきたのです。

インターネットでSNSの情報発信は、個人が自分の周囲に対してイメージを発信することができます。自分が良いと思う基準で情報を発信することができます。個人のセンスが優れていれば、そのことが周囲の人に影響を与えるようになっており、その単純接触がテレビ・映画より多く接触することも多くなってきました。結局のところは、人間というのは周囲に居る身近な人の情報を知ることが自分の生活を豊かにすることを知っているからです。

SNSで情報発信する側は、「何か面白い情報を発信して、友人の注目を浴びたい」という欲求のまま、SNSでの情報発信を磨いていくことになります。いわゆる「リア充化」していく訳ですけど、それが肯定的であれ、否定的であれ、視聴者が多ければ多いほど、相手に自分を印象付けることができるようになります。

SNSに投稿する内容と言うのは非常に重要で、自己満足のつまらない投稿を繰り返していると、「付き合ってもつまらない人間」の認定を受けてしまいます。特に女性は、つまらない人間と付き合いたいと思っていないので、女性からの目線で感情が共感できるような「楽しいこと」をしている投稿を心がけるのが良いでしょう。例えば、マクドナルドなどを投稿したり、冷凍食品などを投稿すると、それだけで「健康意識が非常に低い人」だと思われます。逆に活発に運動している様子などを投稿することは、「この人は健康的な生活を過ごしている」と思われて、好印象を持たれます。

自分の生き方をSNSに込める

自分の生き方をSNSに詰め込むことは、異性に対するアピールとして非常に重要になります。SNSに全くセンスの無い投稿を繰り返していると、「この人はダサい人かもしれない」と思われてしまいます。また、過去の投稿ばかりしている人は、「現状で、友達に対して投稿する内容もないような生活をしているので充実していない」と思われることもあります。SNSで「作られたリア充」のような投稿も、逆にダサい感じを与えてしまいます。

例えば、SNSでファミレスの投稿を非日常として投稿する人は、異性から見て「この人はこの人と付き合っても面白くなさそうだ」と思われて当然でしょう。経験値が低い男性にありがちですが、女性から見ると「デートの時にファミレスに連れていかれたら大変だ」という勘が働いてしまいます。

スタバで投稿するのも微妙だと思う人が多いです。スタバの写真を投稿されたところで、いいね!しづらい人が多いです。お金がないはずの女子大生、モデルなどが頻繁に高級ホテルのフレンチをアップロードしていると、何だか怪しい雰囲気を感じてしまいますね。

SNSで友人を牽引していく

SNSで自分が情報源となって「多くの人に人生の楽しみ方を伝える伝道師」の役割をする人は人気があります。伝道師の役割というのは、その楽しさを友人の皆で共有することで、その友人も「楽しいことに自分も参加したい」と真似したくなるようなことです。SNSで友人が楽しそうにしていると、その楽しい友人の真似をしてみようとする人が現れます。例えば、友人が安くて良いカメラを持っていたとすると、そのカメラを買えば自分もリア充に近づけるのでは?と考えるのは当然のことと言えるでしょう。

単にメディアの流行を追いかけている人というのは、「つまらない異性」と見られてしまいます。例えば、人気アイドルグループを追いかける行動などは、メディアの追随に過ぎないので、完全に自己満足の世界になってしまいます。異性から見て面白い人というのは、自分に役立つ情報を持ってきてくれる人です。

インスタグラムとWechatの利用

特に単純接触効果で有効になるのは、インスタグラムのストーリーです。インスタグラムのストーリーでは、友達の誰が見たか分かるようになっています。かつて2000年代に日本で流行したミクシーの「足あと機能」に似ています。インスタグラムのストーリーでは、特に写真・ショート動画が重視される傾向にあり、LIVE配信も行うことができます。

日本人が使うことが少ないWechatですが、今では中国人の大半が利用しているモバイルの人気アプリになっています。WechatのMoment機能は、インスタのストーリーのように気軽に投稿するものとして、多くの中国人に利用されています。

SNSの上手な活用方法

異性にモテる男女のSNSの投稿は、ほとんど共通して「誰かと何かを楽しんでいる」という投稿になっています。友達と楽しんでいる様子は、ガチのリア充に見られる報告の投稿になります。友人から人気のあるモテる男女というのは、やはり友人の交友関係が広いので、友達と楽しそうな投稿が多くなります。人気アイドルグループなどが1人1人がイケメン・美女ではないにも関わらず、全体で良く見えてしまうのは、そのグループ全体として楽しそうな雰囲気が伝わってくるからです。

1人投稿ばかりを連発して、その投稿が内容が薄い日常報告になってしまっていると、友達から見て「モテなそう」、「何だか寂しそう」という印象は、マイナスのイメージになってしまいます。また、ストーリーズは、大量にアップロードしても見られないので、1日2、3枚ぐらいにしておくのが良いでしょう。

男性の自撮りがマイナスになる

男性でイケメンであると言われる男性であったとしても、自撮りして投稿するのは控えた方が良いでしょう。男性の自撮りを投稿されたことについて、ほとんどの女性は「マジでキモい」としか思ってくれません。自分で決め顔でカッコ良いと思っている顔であっても、それを見せられる友人から見ると不快に感じることが多くなります。

好意の小出しが非常に有効である

SNSを駆使していることは、SNSを駆使しない人に比べると、周囲の人間関係を維持したり、話題を共有するのに役立ちます。お互いにSNSの繋がりがあり、それを日頃から確認しているような関係であれば、久しぶりに会った時にも話題を共有しやすくなるでしょう。

女性の感情に振り回されない

良い男性というのは、女性に簡単に振り回されることがありません。異性が既読無視した場合には、恋愛に慣れていない男性ほど「追撃LINE」をしてしまいがちになります。その事は、異性に対して「あなたがいないと私のリア充が得られない」というような印象を与えてしまいます。とりあえず、既読無視するような女性はそのまま放置して、自分のことに集中するのが良いでしょう。

スマホを握りすぎてはいけない

友達といる時には、純粋に友達といる時間を楽しむようにするのが良いでしょう。特に男女のデートでスマホを片手に写真ばかりに熱中するならまだしも、誰かにLINEの返信をしている姿は良い姿勢とは言えません。モテる男女と言うのは、一緒にいる人にきちんと配慮するので、スマホの返信に熱中するようなことがありません。

モテる男女は、スマホを握り続けることはありませんが、連絡だけはきちんと行います。人間関係をきちんとするためには、多くの友人と連絡を日頃から取り合っていくことが大切になるのです。

SNSが人生を楽しむためのツールである

SNSを楽しむことは、人生を楽しむための1つのツールです。SNSに夢中になっている人なんて、リアルの生活が充実していない!と思うかもしれませんが、実際にSNSに投稿されるのは、生活の一部でしかありません。本物のリア充というのは、SNSに投稿する内容以上にさらに現実が充実している人のことです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

無料で公開できない部分を有料記事をNOTEだけの特別販売しています、是非ご活用ください。