災いをもたらす人から「逃げること」の重要性

Adsense広告

人生の時間は、誰にとっても有限であるので、自分に災いをもたらす人からは、逃げることが大切になることもあります。
逃げる

付き合うべき人を見定める時には、

25歳ぐらいまでの女性であれば、「若い」ということに価値があるので、一緒にいれるだけで男性として幸せになるということもあるでしょう。特に美人であれば、一緒にいることで楽しくなるという価値を提供することができるでしょう。また、大学生であったり、25歳ぐらいまでの年齢であれば、大人になりきれていなかったとしても許されることが多いです。

自分に自信をなくしている人

自分に自信をなくしている人というのは、他人を利用したがる傾向があります。

周囲の人からの評価・評判

自分だけの判断では、評価・評判を間違ってしまう可能性があります。そういう時には、周囲からの評判を考えるのが一番です。

何度も違和感があったら逃げる

1度、2度で人は判断できないかもしれませんが、何度か遊んでいると、違和感を覚える友人・異性はいると思います。そうした人からは、距離をおいた方が良い場合もあります。状況にもよりますが、自分の価値観と大きく乖離していることがあった場合には、将来的にも付き合いを持てないので、距離をおいた方が良い場合が多くなります。

他人を操作しようとする人

最も距離をおくべき人物としては、「他人をコントロールしようとする人」です。他人にメリットを与えれば、勝手に相手から行動してくれるものですが、そのメリットを与えることなく相手に行動して貰おうとする人がいるのです。

向上心がない人から逃げる

向上心がない人と一緒にいると、自分の人生がどんどん破壊に向かっていってしまいます。向上心が無い人というのは、1人の時間を大事に出来ず、あまり勉強に熱心ではない人です。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告