45歳以上で結婚できる男性は200人に1人という現実

Adsense広告

40歳であれば、結婚できる可能性は「まだ残されている」と言えるかもしれません。しかし、45歳をすぎると、もう結婚に選択肢はほとんどありません。選択肢がない中で、「誰でも良い」と思わなければ、結婚できないということでもあります。それぐらい可能性が低いからです。
45歳以上で結婚できる男性は200人に1人という現実

結婚の基本は40歳ぐらいまで

男女ともに結婚の基本と言えば、40歳ぐらいまでになっています。それ以上になると、男女ともに結婚できる可能性が極めて小さなものになってしまいます。それは、子育てする上で、高齢になると明らかに不利になってしまうからです。資産家であれば別かもしれませんが、普通に40歳を過ぎると男女ともに結婚できなくなります。

40歳をすぎても、大幅に妥協したり、誰でもいいから結婚してくれという状況であれば結婚できるかもしれませんが、普通に選ぼうとするだけで、誰とも付き合うことは難しくなってしまいます。

40代オッサンは20代女性に相手にされない

40代のオッサンというのは、20代女性から相手にされることがありません。20代女性が恋愛のターゲットにするのは、同世代~30代ぐらいまでです。40代になったオッサンを相手にしたがる女性はいません。もちろん、友達として接近するなら良いかもしれませんが、恋愛対象にはならないのです。

20代女性に相手にされないというのは、そもそも友達関係に20代女性がいなかったり、20代女性と接触する機会が少ないということでもあります。20代女性と接触する機会があったとしても、恋愛まで発展しない、2人でデートに持ち込めないことが多いでしょう。

現実社会に出会いが激減する

年齢が高くなると、現実社会における出会いが激減してしまうということもあります。また、マッチングアプリなどでの検索では、40代以上の男性は「存在しないのと同じ」ようなレベルで扱われてしまいます。マッチする確立はかなり低いと言えるでしょう。

現実的に出会いを増加させることを目標に頑張ることが大切になります。現実社会で出会いを増加させるには、自分がメリットがなさそうなことも積極的に行う必要があるでしょう。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告