何度もLINEブロック→解除→ブロックを繰り返す心理とは?

Adsense広告

LINEブロックされるとショックが大きいですが、別に非表示にしておけば良いものをブロックする背景には、様々な複雑な心理があります。
何度もLINEブロック→解除→ブロックを繰り返す心理とは?

突然にLINEブロックするというのは、相手を意識している場合が多いです。

ブロックしている事を気付かせたい

LINEブロックすることにより、自分の怒りに気が付いて欲しいと思っている人もいます。相手の行動に対して『自分がこれだけ怒っているからブロックしている』という分かって欲しい(本当は構って欲しい)という心理でブロックしているというものです。

本当は自分に構って欲しい

自分の思い通りに構ってくれない人をブロックしている場合には、「本当は自分に構ってほしくてブロックしている」という場合もあります。

LINEブロックする精神的負担がある

仲の良かった友達をブロックするというのは、精神的に負担があることです。ブロックする精神的な負担から、ブロック解除してみたり、再度ブロックしてみたりと、精神的に不安定で揺れていることが分かります。友達をブロックで遮断するというのは、本人にとっても精神的な負担が大きい事が多いです。

LINEブロックするということは、「今後、あなたとは付き合えません」と絶縁宣言を行っているような状況になっており、それを負担に感じて「連絡してみようかな」と思った時にブロック解除することもあるでしょう。

本当は仲良くしたいと思っている

本当は仲良くしたいと思っているけど、自分の都合でブロックしてしまった場合には、2・3ヵ月でブロック解除される例が多いです。誰しも仲良くしたい人をブロックしたいと思っておらず、これからも連絡を取りたい場合にブロックを解除します。

元カレからしつこく連絡がきた場合など、「よりを戻す気がない」という意思表示でブロックする事もあります。その後、2・3ヵ月で「連絡が必要な事もあるだろう」と思ってブロックを解除するという女性もいます。暇になって時間が余ったのでブロックを解除して連絡をしたいという場合もあるでしょう。

タイムラインをのぞき見している

相手のタイムラインを確認するには、ブロックを解除しなくてはいけません。ブロックを解除してタイムラインを一時的に「のぞき見」していることが考えられます。相手の事が気になっている場合に起こる動作です。

ブロックを解除する事で、タイムラインを見ている可能性があります。タイムラインを確認して、自分がブロックされていないかな?何か私の事を気にしてないかな?と見たりしているのです。ブロックすることで、相手の事が逆に気になって、執着してしまっている可能性もあります。

Adsense広告

Adsense広告