女性をドキドキさせるモテる男性術

Adsense広告

女性をドキドキさせる術がある男性というのは、ブサイクなのにわりと普通の彼女がいたり、40代男性であっても20代の彼女がいたりします。モテる術を身に付けることは、男性にとって非常に重要です。モテる男性というのは、モテない男性と何が違うのでしょうか?少なくとも、多くの人から「感じが良い人」と思われることは、モテる男性に必修の要件になります。その上で、モテ男と呼ばれるには、多くの女性から支持を得られることが必要です。
女性をドキドキさせるモテる男性術

実は、モテる男になるには、自分よりも格下と思われる女性とどんどん知り合いになればいいので、コミュニケーション能力が高い男性にとってハードルがそれほど高いわけではありません。本当にハードルが高いのは、モテることよりも、自分が好きになった女性からモテるという「女性から惚れられる男性になる」ということです。女性から惚れてもらうには、女性をドキドキさせるような男性になる必要があります。

女性を女扱いする

男性としてモテたいのであれば、女性に女性を意識させる機会を沢山つくってあげるのが良いでしょう。女性に対しては、サービス精神が旺盛になることが必要です。例えば、男性側からマメに連絡を取り続けてあげたり(SNSでたまにコメントをあげるのも大切)、女性に対してプレゼントを渡したり、女性に対して可愛い・綺麗と褒めてあげたりします。

女性は、誰もが「女性として意識されたい」と思っているのです。彼氏・夫から女性として意識されなくなると、浮気に走ったり、ホストにはまり込んだりすることになります。

男性すら魅了してしまう

モテる男性というのは、男性にとっても「付き合っていると楽しい人」という印象を与えます。モテる男性というのは、周囲に価値が提供できる人なので、それだけ人気になるということができます。モテる男性というのは、人から尊敬される得意分野を持っていることが多いです。同性から尊敬されない人は、女性からも尊敬される事はありません。

モテる男性問いのは、同性からの評判が非常に良くて、特に「優れた男性」からあいつは凄いと言われている人が多いです。男性からの誘いも多くなるので、自然と忙しくなることになります。

自分の外見を極限まで磨く

女性の多くは、自分の外見に非常に敏感であり、大人になると美容に興味を持って取り組む女性が多いです。一方で、男性の方は外見に無頓着であったりします。自分の外見を極限まで磨いていくことは、自分に接する女性に対するマナーでもあります。初対面の時に女性に対してドキドキさせることができれば、恋愛に進むことがよりスムーズになります。

見た目を自分の極限まで磨くことは、男性であれば「誰でもできること」です。髪型をセットする機会を増やしたり、ヒゲをきちんと沿ったり、お肌の手入れをキチンとしたり、筋トレをしたりするなど、日々の暮らしから改善していくのが女性をドキドキさせる近道です。定期的に歯科クリーニングに通って、歯を白く保つことも重要になります。

服装は、シワになりにくい服装を選ぶと清潔感を出す事ができます。清潔感を出すためには、購入する服装をシワにならないように伸ばしておくことが必要です。日頃から服装を大切に扱って、シワにならないようにしておきましょう。

出会えるアイドルを目指す

出会えるアイドルを目指すためには、連絡を取り合う女性が増えても、忙しくてなかなか会えない関係を演出するのが良いでしょう。すぐに会えるような人に女性が価値を感じる事はありませんので、「やっと会えた」ぐらいの人になるのが良いでしょう。

最初に大切なのは、徹底した清潔感を演出することです。日頃から髪型、爪、肌など細かい所をしっかりとチェックしておきましょう。自分がテレビに出演しても大丈夫なように清潔感をきちんと保つことが大切になります。モテる男性というのは、すぐに形成されるものではありません。少しずつの努力の積み重ねの結果として、モテる男性になることができるのです。

女性がコントロールできない男性がモテる

モテる男性は、自分を向上させる事に熱心なので、女性にコントロールされることを嫌います。女性に合わせすぎると、自分のペースが乱れるので、女性の方が自分に合わせてくれるように促すのです。モテる男性は、女性が自分に合わせた方がお互いにとって良いと思っているのです。女性の方も、女性に何でも合わせてくれる非モテ君を選ぶことがありません。

モテる男性というのは、女性を操ることができるのです。モテる男性というのは、女性を惚れさせて、女性に対して何でも言うことができてしまうのです。女性が惚れてしまうと、借金を作ってでも、ホストに貢いでしまうのです。

自分から話しかけるモテる男

モテる男は、女性に対しても自分から話しかける積極性を有しています。自分から女性に話しかけることは、恋愛に発展する前の段階で非常に大切です。自分から何もしない男性には、女性は全く好印象を持ちません。女性に話しかけるのは勇気が必要ですが、とりあえず挨拶したり、何か話題を作って話しかけたりして、女性の警戒心を解くことが大事です。

男性としてガツガツしている人は嫌われるので、女性と距離を縮める時には、本当にゆったり・のんびりと距離を縮めるのが良いでしょう。知り合いになる女の子が多ければ多いほど、チャンスが広がる事になるので、なるべく新しい女性と出会えるように日頃からアクティブに行動しましょう。そして、気軽に声掛けをして誰とでも仲良くなるようにします。

恋愛になると、男性が気になる女性に嫌われないようにしようと気を遣いすぎて失敗することが多いです。普通の友達感覚で、気軽に交流できる感覚の方が女性との距離感が近くなります。モテる男というのは、女性に日頃から話しかけることで、距離感が自然と近く感じられるのです。

女性に尽くさせる男

女性というのは、男性に尽くせば尽くすほど好きになっていきます。20代前半の女性でも、仕事で年齢が離れた素敵な上司のいう事を真剣に聞いているうちに、素敵な上司に恋をしてしまったりするのです。女性というのは、自分にメリットがありそうな男性にすり寄り、尽くす傾向があります。

モテる男性というのは、女性に対してきちんと「ありがとう」というお礼をいう事ができます。お礼を言う効果として、女性側から見ると「私が何かをしてあげた」ということになるのです。女性が男性に尽くせば尽くすほど、女性が男性のことをどんどん好きになっていきます。

相手のタイプに合わせられる

女性に合わせて会話ができる男性というのは、モテる男性の特徴と言えるでしょう。誰とでも会話できる人というのは、日頃から多くの物事に興味・関心を抱いて、多くの会話に対応することができます。女性のタイプに合わせた会話ができるので、会話が弾んでモテます。モテない男性というのは、会話の引き出しが狭いので、相手の女性に合わせる事ができないのです。

モテる男というのは、女性が低レベルであったとしても、黙っています。相手の食事のマナーが悪かったとしても、自分のいる場の雰囲気を考えて黙っているのです。相手のタイプが低レベルだと思っても、それをニコニコ笑って黙っているのは、モテる男のなせる業と言えるでしょう。逆にモテない男性は、自分の知識をひけらかしたり、すぐに相手の欠点を指摘したりします。相手の良い所を積極的に見ていくようにすれば、人間付き合いもスムーズになり、恋愛にも発展しやすくなります。

希少価値が高い男性がモテる

良く「いい人はモテない」と言われます。その理由は、女性が「いい人」がどこにでもいる存在で、希少価値などないと感じているからです。モテる男性は、女性に「この人しかいない』という希少価値を感じさせています。希少性が高いものは価値が高いと思うのは、人間心理として良く見られることです。恋愛においては、男性も、女性も「希少性が高いものを手に入れたい」と思う傾向が強くでます。単にその職業だけを聞いて『この人は希少性が高い』と判断することもあります。いわゆる「滅多に出会えない存在の人」というのは、希少性が高いと判断されます。女性にもよりますが、安定志向の女性は、職業が公務員と聞いただけで『希少性が高い』と判断する人もいます。

自分がどのようにして、その辺にいる『普通の男との違い』を出していくかというのは、非常に重要なことです。自分の特徴を日頃から分かりやすく周囲の人に伝える事が重要になります。希少性というのは、職業だけではなくて、服装の見た目で希少性を出したり、自分の趣味などです。希少性の高い人は、異性をドキドキさせることができます。

自分にはあるけど、他の男にはないものを追求していけば、必ず「希少性が高い男」になることができます。ただし、自分が狙った女性にとって希少性があって、価値が高いものでなければいけません。自分が狙った女性が価値を感じないものであれば、狙った女性をときめかせることができません。女性のツボを押さえることが重要になり、それを相性と言います。女性が求める男性像とことなれば、相性が悪かったということで、恋愛として成立することが難しくなります。

モテる男の今が充実している

モテる男は、いつまでも過去を振り返り続けたりしません。モテる男性というのは、今を充実させることに全力を注いでいるのです。女性に過去の話をして、過去が充実していたと話したところで、そんなものに価値を感じる女性は皆無でしょう。女性は、今を充実している男性を好きになります。男性が今を充実させることが大切です。

今を充実させるためには、常にアクティブに動き回ることが大切です。人間というのは、弱いものであり、多くの人は自分がピンチで危機的な状況にならないと何も行動しません。しかし、その時には「既に時遅し」のことが多いのです。面倒だと思わないで、どこにでも顔を出すアクティブが大切です。

女性は、モテる男性と一緒にいて、何かを学びたいと思っています。単に経済的に優れているというだけではなくて、その価値観であったり、考え方に魅了されて、磁石のように引き寄せられていくのです。

モテる男が持つ独自の世界観

モテる男性というのは、独自の世界観を形成して生きています。単に女性が「経済的なメリット」を求めるのであれば、お金持ちであれば誰でも良いということになってしまいます。女性はお金持ちが良いという訳ではなくて、人生を一緒に過ごして楽しい人を求めています。経済的にメリットがあるというよりは、独自の世界観が面白そうだと思う人に磁石のように引き寄せられていくのです。

モテる男性というのは、好奇心が旺盛で常に新しい世界を開拓し続けています。新しい世界を開拓し続ける男は、自然に知識・経験が増えていくので、女性から「会話していた楽しい人」と思われるようになっていきます。

チャレンジと挑戦ができる男

女性をドキドキさせることができる男は、チャレンジと挑戦に溢れています。新しい事にチャレンジすることは、リスクをとることでもあります。モテる男性は、きちんとリスクを取って前に向かっていけるのに対して、モテない男性がリスクを取らずに逃げてしまいます。常にチャレンジと挑戦を続けることは、男をギラギラに輝かせます。

チャレンジと挑戦ができる男は、女性から見ると『一緒にいると面白そう』と思わせる力を持っています。今まで経験したことが経験できるかも?様々な場所に連れて行ってくれるかも?という期待感を持たせてくれます。そのような期待感がワクワク感、ドキドキ感を生み出します。

常に向上心を持っている男

向上心がある人というのは、現状を打開していく能力を持つことができます。常に向上心を持っている人は、新しいことを始めて時代に合わせていくことができます。向上心がない人は、同じことを繰り返すばかりなので、いつまでも成長することができません。常にアップデートしていけない人は、どんどん時代の流れに取り残されてしまいます。

女性というのは、常に現状維持を優先してチャレンジしない男性に魅力を感じる事はありません。10年後、20年後を考えると、変化し続けないと生き残っていけないと考えているからです。特に起業家などには、常に向上心が求められています。男性のレベルが高くなればなるほど、向上心に溢れて変化を好むようになるので、変化を好まない安定志向の女性とは相性が良くないと感じることになります。

モテる男がエスコート上手

モテる男というのは、女性のタイプに合わせてエスコートすることができます。女性のために非日常のプランを考えて提供することができます。女性の多くは、非日常の空間を好むので、非日常の空間を自然に提供することができれば、男性に対する評価が大きく上昇することになります。

例外としては、女性が全く恋愛に疎い場合など、女性のレベルが低すぎる時にエスコートが難しくなります。男性に素敵なエスコートを求めるのであれば、女性もそれなりのレベルに見合ったものではいけません。男性に良いレストランに連れて行って欲しければ、それに見合った服装なども必要になります。

芸能人との妄想デートでお姫様の扱いをされる人に多い妄想は、自分のレベルが低すぎるのに男性に完璧を求めるという点です。女性の外見・服装などが凄くダサいのに男性に完璧なエスコートを求めるという状況は、ホストクラブの男性にお金を払うしかありません。

女性がロマンチストである

女性の多くがロマンチストであり、非日常の空間を求めています。自分がいつも軽自動車を運転していても、デートの時に高級車をレンタルして迎えに来てくれたりします。男性が「非日常」を演出してくれることを期待しているからです。最近の女性は、アクティブに海外旅行などに行く女性も増えて、かなり世界が広くて目が超えるようになってきています。

女性を快楽の空間に導く

女性は、食べるのが好きだし、話すのも好きだし、旅行が好きな人も多いです。とにかく女性が快楽に思う事を男性が提供することができれば、女性をドキドキさせることができることは間違いありません。男性がすべきことは、女性に対するサービスを十分に提供してあげる事です。多くの女性にサービスを提供できる男性は、女性からとても人気があります。

どの女性に対しても、見返りを求めずに優しく接してあげれば、多くの女性から愛される存在になることができます。ニコニコと笑顔で女性に楽しんで貰えるように会話しましょう。

インスタグラムがオシャレ男子

インスタグラムのセンスの良さは、女性を魅了する1つのきっかけにすることができます。面白くない生活をしている人というのは、インスタグラムの投稿もやっぱり面白くない傾向があります。面白くない非モテ男子というのは、焼き肉を食べたとか、病院に行った、何の小説を読んだなど、友達に何の役にも立たない投稿を連発したりするのです。

インスタグラムがオシャレということは、それだけ自分の世界観を表現できているということでもあります。女性から見て、インスタグラムに時分の世界観が十分に表現できるぐらいの人は、人生も楽しんでいるに違いないと思われます。

逃げる女性を無理に追わない

ポジティブに発言しても、相手の女性がネガティブに返答してきたり、返事が適当だったりする場合には、その女性を無理に追わない方が良いでしょう。女性を無理に追いかけても、女性は逃げ続けるだけです。大切になるのは、女性との距離感であり、女性と自然に仲良くなっていくのが良いでしょう。

いかにモテる男性であったとしても、女性と「タイプがあわない」ということが良くあります。例えば、相当にモテル男性であっても、男性の趣味に女性が全く興味を抱かないようであれば、会話自体が噛み合わないこともあるでしょう。センスが良い男性と、地味すぎる女性であれば、お互いに話がすれ違いになって楽しいとは限りません。

モテる男性の自信

モテる男性というのは、自信に満ち溢れています。きちんと女性の目を見て会話して、モテる男性のオーラを出しています。モテる男性というのは、自分から見てレベルが低いと判断できる女性の誘いには、すぐに乗って遊びに行くような事はしません。自分のレベルも一緒に下がってしまうと、モテ男ではなくなるからです。自分から見てレベルの低い女性であれば、デートに誘われても断ります。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告