サラリーマンが不動産投資をすれば、恋愛でモテる?

Adsense広告

サラリーマンで20代から不動産投資を行う人も増えてきました。サラリーマンの不動産投資の多くは、借金をして不動産投資を行う事になります。リスクはあるのですが、大きなお金を動かして事業を行う事は、女性からも凄いと思われることが多いです。
サラリーマンが不動産投資をすれば、恋愛でモテる?

サラリーマンが不動産投資をすれば、モテるのでしょうか?

女性は、借金を嫌うと言われていますが、不動産事業をやっているということは1つの大きなアピールポイントになります。

不動産に詳しい男性が魅力的

不動産投資をしていると女性に言えば、事業をやっていることが「カッコいい」と見られることでしょう。大きなお金を動かせるということは、女性から見ると大きな魅力に見えるかもしれません。また、「将来性が期待できる」と考える女性もいるでしょう。

不動産投資は難しい

不動産投資は、動く金額が非常に大きいので、失敗すると人生に与える影響が非常に大きいと言えます。基本的には、営業マンが儲かる商売を人に勧めたりすることはないので、借金をして不動産を取得しても儲からないです。現金で購入して、ようやく儲かるか儲からないかということになります。

不動産には、多額の費用がかかってきます。税金(固定資産税、所得税10%、住民税10%など)、管理費(不動産屋さんに対して支払う家賃収入の5%)、火災保険(災害など)、屋内などが壊れた時の修繕費用(突発的に発生する)、費用(支払利息分は経費に計上できるが元金はできない)などです。空室になると全く収入がない事になって赤字になるので、空室を出さないようにすることがキーポイントになります。不動産に思った以上に費用がかかってくるので、良い物件を仕入れて、しっかりと物件を埋めないと赤字が発生します。

多額の負債を追う事になる

サラリーマンの不動産投資では、借金をして投資をする場合がほとんどです。大手企業などに勤務している場合には、多額の負債を追う事になってしまいます。最大のリスクは、空室になって家賃収入が得られなくなることです。フルローンで購入してしまうと、毎月の返済額が非常に大きなものになり、非常に大きなリスクを抱えることになってしまいます。もし、空室が出てしまった時には、返済できなくなる可能性が出てくるのです。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告