女性が二度目のデートに応じてくれないのは、楽しいと思えないから

Adsense広告

女性が二度目のデートに応じてくれない理由は、一緒にいても楽しいと思えなかったからです。男性が会話で女性をリラックスして楽しませることができなければ、女性が一緒にいても疲れるだけだと思って、二度目のデートに応じてくれなくなります。

一緒にいてつまらない話題が少ない男

一緒にいてつまらない男性というのは、とにかく話題が少ないのです。自分から話題を振ったりしないで、女性から会話を始めて貰うのを待ったりしています。それでは、女性から見ると、まるで自分がホスト役のようになってしまいます。

面白い人というのは、自分から豊富に話題を提供することが出来る人で、相手の話題にもきちんと反応することができる人です。好奇心が旺盛で、様々な話題を集めたりしています。相手に合わせて引き出しが非常に多くて、博識で相手の興味の範囲に合わせて何でも話題を展開することができます。

話題が豊富である人と一緒にいることは、自分の知識も増えて楽しいと感じることができます。自分が知らなかったことを知ることができたり、新しい観点から物事を見る事が出来るようになるので、とても勉強になるのです。

車を運転するだけのつまらない男

良くあるパターンが男性が誘って車を運転していくというデートのパターンです。男性が得意げに運転をしていくのですが、会話がつまらない男性だと女性に単なる苦痛を強いることになります。男性に会話力がないと、ドライブデートというのは、つまらないものになってしまうのです。ドライブデートで最も重要なことは、盛り上げる会話力になってきます。

女性が望んでいることは、観光地に行きたいことであれば、それを実現する手段が電車・バスでも何も問題ありません。長距離の移動であれば、車の方が楽という訳でもなく、車に同乗し続けることで気を遣うので疲れてしまうということにもなってしまいます。

女性が望むデートスタイルの提案

車を運転してくれるということは、確かに男性が一生懸命に頑張ってくれたということで女性から感謝されるでしょう。でも、それは女性が望んでいることでなかったとすれば、あまり意味がないのです。

車を持っている人は、車がないと移動できないと考えている人もいて、車が楽だと思っています。しかし、一緒に行く側からすると、気を遣ってガソリン代、高速代、駐車場代、そしてご飯代まで出して、結局は気ばかり遣って安くないということにもなりかねず、逆に疲れてしまうのです。遊びに行ってるにも関わらず、車を出してくれている人に最大限に気を遣って疲れ果ててしまうです。

何で車を運転して「接待」みたいなことをするかと言えば、会話がつまらないからです。会話がつまらない人に限って、相手に楽しい会話を求めようとします。言い換えれば、クレクレと言ってるのと同じ事で、周囲から人が距離をおきたがってしまいます。

女性のエネルギーを吸い取る男

自分から話題をどんどん提供して会話を盛り上げようとしない男性というのは、女性のエネルギーを吸い取ろうとしている男です。女性と言うのは、単純に自分の話をするのが好きな訳ではなくて、会話として盛り上がっている状況を楽しみたいと思っているのです。

友達、女性などをデートに誘っておいて、女性のエネルギーを吸い取る男というのは、確実に嫌われる男性になります。それは、一方的にメールを送りつける男性とあまり変わらないからです。つまらない男性というのは、女性ばかりではなくて、同性である男性にもお願いしないと付き合って貰えないような状況に陥ります。特に40代以降になると、その傾向が顕著になってきます。

自分の話題が提供できない人の特徴

自分の話題が提供できない人というのは、一緒にご飯を食べても面白くないので、友達から誘いを断られるようになります。つまらない男というのは、一緒にご飯を食べても、自分から会話を始めず、相手が会話を始めるのを待っていたりするのです。もしくは、目の前で放送されているテレビなどに注目していたりします。

会話がない状況で食事することは、お互いに楽しいことではありません。さらに、会話が批判めいたものになっていくと、つまらないだけではなくて、不快に思うことすら感じるようになっていきます。

さらにお金にケチだともう最悪

自分の話題が提供できないつまらない男で、さらにお金にケチだと、もはや女性は「二度と会いたくない」と思ってしまいます。つまらないデートの時には、男性がお金を出すことで、女性に大損をしたと思わせない心理的な効果があります。つまらない上に割り勘だったりすると、もはや女性が男性の顔も見たくないような心境になってしまいます。

女性にとって時間はとても大切なものであり、時間・お金をつまらない男に奪われることは、女性にとって怒りすら覚えることなのです。つまらない男性になると、お金もケチケチしている傾向があります。自分が会話で楽しませられない時には、せめてお金ぐらい多めに支払うようにしましょう。

友達と一緒に旅行に行って、自分が運転したからと言って、ガソリン代を請求するのは非常にケチすぎる男です。確かに車を運転すると、ガソリン代、高速料金などがかかりますが、1人で乗ったとしてもお金がかかります。1人で旅行したと思ってお金を支払えばいいのに、一緒に来てくれて楽しませて貰った人にまでお金の支払いを迫ると、ケチすぎる男に見られてしまいます。

友達に損をさせる付き合いが長続きしない

楽しい会話の話題を自分から提供できない人は、盛り上げ役になれないので、自分から損をしてしまいます。つまらない友人を相手するぐらいであれば、自分1人で遊んだ方がマシと考える人も多いのです。友達と遊んで、友達に気を遣ってばかりでは、自分が楽しめることもありません。

友達に損をさせる付き合いをしていると、友達はどんどん離れていってしまいます。友達を大切にしたいのであれば、会話で相手を楽しませる人を目指した方が良いでしょう。会話がつまらない人に近寄りたいと思う人はいないので、なるべく自分の会話ができるように日頃から工夫するのも良いでしょう。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告