最も付き合いたくないつまらない男性の特徴とは?反面教師にしたい男性

Adsense広告

面白みのない「つまらない男性」というのは、とにかく魅力がないので、付き合うのは時間の無駄になってしまいます。男性ならば、モテない男性を反面教師にしてモテる男性を目指しましょう。女性ならば、モテない男性に近寄らないようにすることが大切です。20代で会話がつまらないならまだしも、30代、40代になってつまらない男性は、女性だけでなく男性からも相手にされなくなります。面倒な男性に関わりたいと思う人は皆無です。
最も付き合いたくないつまらない男性の特徴

年齢・関係性・性別にも大きく影響されます。例えば、友達に対して遊びの接待を求める時には、独身の20代・30代どうしであれば、気軽に応じることもあるでしょう。40代にもなると、友人を招待する側が多くなる事が普通であり、友人に招待して貰うことは相当な関係性を必要とするようになります。

友達を自分が誘う前にすべきことがあって、それは「自分が楽しめることを見つけること」です。自分が絶対に楽しめると思っている場所に対して「楽しいから一緒に行こう」ということが大切なのです。

自分から新しい話題を振らない

自分から新しい話題を振らないと言う人は、一緒にいて最もつまらない人です。多くの人が面白いと思う話題というのは、斬新であったり、その場が盛り上がる話題です。男性から楽しめる話題を提供するということは、女性に対する気遣いの最も重要すぎる部分です。とにかく自分の持ちネタを話さない人ほど、一緒にいてつまらない人間はいません。

自分で誰かを喜ばせるような話題を準備したり、周囲にいる人が乗ってこれそうな話題を提供したりすることがある人は、それだけで人気になることができます。逆に自分から話題を展開できない人というのは、男性からも女性からも「つまらない人」と思われてしまいます。

どんどん新しいことにチャレンジして、人生の方向性に豊かさを持たせることができる人というのは、誰からも尊敬されることになるでしょう。普段は1人で行動する機会を増やして、多くの人に価値を提供できるように頑張ることが大切になります。誰かに価値を提供できる人間というのは、周囲に人が集まって来る事が多くなってきます。

自分がつまらないから友達を誘う男性

自分が楽しい会話を展開できないので、誰かを誘おうとする人はいます。いつも同じような友達と一緒にいると、新しい話題もなくなって疲れてしまいます。友達を誘う時には、その友達にメリットを与えられるようにきちんと準備をしておく必要があります。自分が友達を楽しませる自信がある時に友達を誘うと友達に喜ばれます。何となく自分が暇だから友達に連絡して誘うと、友達から嫌がられてしまいます。学生ならまだしも、社会人になって楽しいか、楽しくないか分からない暇人に構いたい人などいないのです。

デートに行く前には、女性とLINEでコミュニケーションをしっかりと取って、行く場所に対する期待値を高めておくこととが大切になります。最初から期待値が高ければ、行く前にドキドキ感覚を与えることができるようになるからです。

モテる男性を利用するモテない男性

最悪なモテない男性になると、モテる男性をどんどん利用しようとしてきます。自分が誘うと誰も来ないことを知っているので、モテる男性の名前を使って女性を呼び込もうとします。自分が人気がないので、近くにいるモテる男性の名声を活用しようとするのです。「~が食事会をやろうと言ってる」というような形で、グループLINEに流したりします。

モテる男性の人の良さを利用して、自分から企画した幹事を押し付けたり、旅行のホテル予約を押し付けたりします。もちろん、誰だって面倒なことはしたくない訳ですけど、それをモテない男性が自らやろうとはしません。モテる男性が自主的に行動をするのではなくて、「自分がやりたくないからモテる男性に押し付けようとする態度」は、モテる男性から嫌われることになります。自分ができそうなところは、自分がやるという態度で挑むことが大切になります。

友達の資源を奪おうとするモテない男性

モテない男性というのは、周囲にサービスを提供するのではなくて、周囲を何とか言いくるめて資源を奪おうとします。時間を奪おうとしたり、お金を奪おうとしたり、何かサービスをして貰おうとします。自分からは、特に大したサービスを提供しようとしません。そうしたモテない男性からは、女性ばかりでなく、男性も見切りをつけて離れてしまいます。

モテる男性というのは、サービス精神がとにかく旺盛で、男性、女性、年齢に関わらず、気を使ったり、場を盛り上げたりすることができます。

女性を連れて来る事ができない男性

モテる男性が参加するグループ行動には、必ず女性も参加したがります。グループで行動をする際に誰も女性を参加させることが出来ない男性というのは、男性からも格下だと思われる傾向があります。女性を連れてくることができれば、それだけで「女性から認められる男性」ということになります。さらに美人の女性を連れてこれることができれば、それだけで相当にポイントが高くなります。

女性を連れてこれない理由は、過去に女性を楽しませることができなかったからでしょう。女性を楽しませることができていれば、女性を確実に連れてくることができます。いつでも異性の友人関係を保ち続けて、異性の友人関係が多い男性というのは、「彼女はいつでも作れる」と言えるぐらい人気がある男性になります。

絶対に自分の車を使いたがる男性

自分が車を持っているからと言って、車でどこかに行こう!と常に誘う人というのは、迷惑だと思われてしまいます。車を保有している人の多くは、どのように車を使おうかと考えて「車を使うために友達を誘う」というような状況になってしまっています。友達としては、毎回、車を出してくれる人に対して気を遣うのは疲れてしまいますし、事故のリスクがある車で行きたいとも限りません。

自分から誘うときは、常にどこかの観光地に向かってドライブというワンパターンだと、さすがに仲の良い友達も飽きてしまいます。自分で新しくて面白いものを提案する能力がないのであれば、友達を誘うべきではないのです。人気のある男性というのは、自分から何もしなくても、「この人を誘えば面白い」という理由で、様々な友達に誘われています。

自分で車を保有していると、「車があると便利で、車以外の移動手段はメンドクサイ」という考えになってしまって、常に車を使いたがるようになります。はっきり言って、友達、女性からすると、車を使わなくても楽しめるシーンで車を使うハメになるので、気を遣わないといけなくなるので迷惑なのです。

デートプランを直前に決める男性

デートのプランを直前に決めることで、女性は男性がどこに行きたいのか不安になります。デートプランというのは、デートに行く前の段階で女性の好みを聞き出すなど、きちんとした会話をしていく必要があるのです。女性の側が乗り気でなくて、デートプランを丸投げしてくるようであれば、そのデートは成立しないので行かない方が良いかもしれません。

女性を安心させるためには、事前にデートプランを伝えておく必要があります。

女性に責任を押し付ける男性

何でも女性に決めてもらったりする男性というのは、女性にリスクと責任を押し付けてばかりいる頼りがいがない男性に見えてしまいます。きちんと自分の軸を持って、良いものを知っている、良い主張が出来る男性に女性はついていきたいと思うようになります。女性から見ると、「俺を楽しませてくれ」というように見えて、男性を接客しているように感じて好かれるどころかむしろ嫌われてしまうのです。

責任を女性に押し付ける男性は、女性に対して新しい提案、新しい世界を見せることもできないので、女性から好かれることがありません。男性に求められるのは、女性に対して自分なりのセンスの良い提案を行って、女性を楽しませることです。

自分が誘ったのにケチである男性

自分が誘っておいて、お金を出し渋るケチだったりすると、もう友達関係を維持することはできないという判断をされる可能性があります。お金を出して相手に嫌がられることはほとんどありませんが、お金をケチケチしている男性ほど相手に嫌がられてしまいます。友達と一緒にいる時には、あまりお金をケチケチすることは良くありません。まして、女性と一緒にいる時は、お金のケチは大きなマイナスポイントになります。

お金を出したからと言って、女性とのデートが成功する訳ではありませんが、女性は男性と遊びに行くのにお金がかかっているので、「来てくれてありがとう」と言いながら、お礼の意味でお金を出すのは良いことでしょう。女性に気を遣わせてしまうことは確かですが、ケチすぎる男性よりも喜ばれることになります。

年齢相応の対応ができない男性

20代であれば、女性を上手にデートでエスコートできないこともあるでしょう。30代になって女性を上手にエスコートできないことは致命的になります。まして、40代にもなると、女性の目線がさらに厳しいものになるので、ほとんど完璧にエスコートできなければ女性に相手にもされないでしょう。年齢が高くなるに従って、男性が女性から求められるレベルが高くなっていきます。

30代、40代に求められるのは、大人としてのエスコートです。30代で20代になかったエスコートを完成させて、40代になったら周囲に様々なものを与える側になっていかなくてはいけません。20代前半ぐらいまでは、男性がエスコートできなくても女性が大目に見てくれますが、30代、40代の男性に向けられる目線は、それより厳しいものになります。

服装がラフすぎてキモい

女性と一緒にデートに行くときには、男性側もきちんと少しフォーマルに見える服装を着ていった方が良いでしょう。服装を良くするだけで、女性からの印象がかなり変わりますし、きちんとした服装をしてきてくれたことに女性が喜びを感じて、テンションをあげてくれる可能性があります。

普段からきちんとした服装を身にまとっているということは、それだけで女性からの評価が高くなることを意味しています。女性が一緒に歩きたい、男として見て貰えるようにグループで動くときにも気を抜かず、センスの良い男性だと思われるようになりましょう。

興味ない女性に優しくない男性

モテない男性というのは、興味がある女性にばかり優しく接するようにして、興味がない女性に優しく接しようとしません。モテる男性というのは、興味のない女性に対しても、とにかく丁寧に女性として接することができます。その結果として、女性の評判が良くなって、モテのサイクルを得る事ができるのです。

モテる男性になるためには、自分の近くに女性がいることが重要になります。女性が近寄ってくる男性というのは、誰からも人気がある「愛される男性」であることが多いのです。

同じ友達といる時間が長すぎる

周囲にいる友達に変化がない場合には、似たような人とばかり一緒にいることに飽きてしまうことがあります。一緒にいると相手の嫌な面なども見えてきていまい、そうなることで「一緒にいるのがメンドクサイ」と感じるようになってしまいます。

似たような友達と一緒にいると、自分がつまらない人間になっていきます。全く違う次元の人たちと一緒にいることは、多様な価値観であったり、コミュニケーション能力を身につけるために大切になります。

自分から誘って楽しませる力が無い

友達を誘うときは、相手を絶対に楽しませる自信がある時にするのが良いでしょう。自分が一緒に楽しめそうだと思うときに誘うのが良くて、自分が主体になって誰かを楽しませようとすることが大切になります。

友達を誘ってドライブに行くときなど、自分から話題がないからと言って、スマートフォンを見たり、YouTubeに夢中になったりしないことが大切です。その場にいる人を良く尊重できるようにしなければ、次から一緒に歩いて貰えないということになってしまいます。

ダサい人に友達が集まらない

ダサい人の周辺には、友達が集まってくることがありません。自分のセンスを日頃から高めておく必要があるのです。女性が男性から興味を持たれるために努力するのと同様で、男性も女性からモテるために努力を欠かす事ができません。男性も、センスが良くなれば良くなるほど、女性から興味を持たれるようになることができます。

人間というのは、楽しい遊び方を知っていたり、面白いところに連れて行ってくれたり、楽しい話題を提供してくれる人のところに集まります。

強引に地元に押しかけてくる

地元に友人が押しかけてきたら、なるべく時間を作って会うようにするのがマナーと言えるでしょう。しかし、その好意を利用して「自分の友達まで一緒に泊めてくれ」と図々しい頼み方をしてきたり、案内して貰うのが当たり前のように思っているようであれば、友達として今後の付き合いを考えるようになってしまうでしょう。

地元に遊びに来る友達がいると、地元だから詳しいと思っている人もいますが、工業が盛んな都市のように観光地としては微妙すぎる場所もあります。自分で観光ガイドを購入して、相手に提案しながら一緒に楽しむような姿勢が大切になります。そのためには、日頃から観光に興味を持って情報を集めたりしていなければいけないことになります。

モテる男性で自分がない男

女性の依存心を利用すれば、テクニックだけでモテる男性になることは可能です。例えば、ナンパ師などは、寂しがり屋の女性をナンパして、口先のテクニックで楽しませることでベッドに持ち込もうとします。単に女性の隙間に入り込んで、女性を下げて他人の幸せを奪っていきます。このような男性自身に魅力は無いので、結局のところ女性と長期の関係を維持できないし、男性に依存しないと生きれない微妙すぎる女性しかゲットすることもできません。

本当にモテる男性というのは、女性の依存心に依存したナンパ師ではなくて、長期的に女性から尊敬されるような男性です。女性の依存心を利用して女性を下げるのではなくて、女性を見事にリードしていくことができる男性です。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告