自分の手に入らない男性を欲しくなる女性心理とは?手に入りそうで入らない距離感

Adsense広告

女性心理としては、他の女性からモテる男性を惚れさせたいという心理があります。女性からモテる男性は、自分が好きでなかったとしても、「惚れさせてみたい」という欲求が起こってしまうものです。良さそうなブランド品を手に入れたくなる心理と同じです。

手に入らないものを欲しくなる女性心理

女性というのは、ブランド品などでも、手に入りづらいものを欲しくなったりします。手に入れた瞬間に満足してしまって、どうでも良くなるという心理も起こってきます。簡単に手に入らないものというのは、手に入るものよりも魅力的に見えてしまうのです。

女性の中には、自分の心が満たされないことを「ブランド物を手に入れる」ということで満たそうとする人がいます。つまり、自分が良いと思った男性(例えばアイドルやホストクラブのホストなど)と付き合えないので、その心理的な代替として近くにいる人気のある男性を手に入れてみたいという真理が働くこともあります。

手に入りづらい男性がモテる

女性から見て凄く魅力的であるにも関わらず、手に入りづらい男性というのは、かなりモテる男性になります。女性が誘惑すると、簡単に好きになってしまって、女性にコントロールされてしまうような男性というのは、女性から見ると魅力的には見えません。

モテる男性に価値があるのは、モテる男性が簡単に手に入らない男性であるからです。言い換えれば、簡単に女性になびかない価値のある男性というのは、女性から見たら「追いかけたい対象になる男性」ということになります。

優しいけど手に入らない男

自分に凄く優しくしてくれるにも関わらず、手に入らない男性に対して、女性は魅力を感じることができます。

女性の本能では、質の高い男性を追いかけたいと思っています。それなのに、モテない男性は、自分を下げて女性にどんどん連絡をしてしまいます。

女性に最初から好意を示さない

男性が女性に対して最初から好意を示してしまうことは、女性から見ると「本当につまらない男性」だと思われてしまいます。逆に好意を示してくれるにも関わらず、付き合おうとしない男性というのは、女性から見たら「追いかけたくなる男性」ということになります。

男性が女性に対して「私はあなたに恋愛としての興味があります」ということは、マイナスにしかなりません。恋愛として興味・関心があったとしても、付き合いたいという素振りを決して見せないことが大切になります。

なかなか会わない理由とは?

男性・女性ともに「なかなか会おうとしない」というのは、恋愛対象ではない証拠です。逆に言えば、ある程度の連絡頻度を高めて、それでも会おうとしない状況を作ることも「簡単に手に入らない距離感」として重要になります。

毎日のように連絡を取っていたとしても、全く会おうとしないのは、恋愛対象として見ていないということになります。もちろん、ほとんど会わないという関係では、恋愛が進展することもありません。

自分に対して会おうとしない人に対しては、時間を使うだけ時間の無駄になってしまいます。

女性が自分に興味を持つように仕向ける

男性は、最初のうちから女性から興味を持って貰った方が圧倒的に有利に恋愛を進めることができるようになります。女性を褒めたり、プラスのことを発言する機会を多くすることで、女性に「一緒にいると心地よい」と思って貰えるような関係を目指すのが良いでしょう。

女性から追われるまで引っ張る

女性に追いかけれられるまでは、男性が追いかけすぎないことがポイントになります。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告