実際に会いづらい女性に構っても意味がない理由

Adsense広告

実際に会いづらい女性に構い続けることには、恋愛でほとんど意味がありません。恋愛を進展させるには、女性に会うことが必要だからです。女性が会うことをのらりくらりとかわすようであれば、恋愛が進展しないので連絡を取らないようにするのが良いでしょう。もっとも、メル友で良ければ、連絡を取り合っても良いでしょう。
実際に会いづらい女性に構っても意味がない理由

連絡を取り合うことで仲は深まらない

たまに連絡を取り合うことは、友人関係を保つ上で有効に機能しますが、連絡を取り続けたからといって女性と急接近する訳ではありません。オンライン上の連絡というのは、実際に会って会話するほど情報量が多い訳でもなく、単なる表面上のやり取りだからです。

会えない女性は恋愛に発展しない

実際に会えない女性、会いづらい女性というのは、恋愛に進展することもありません。

余計なメールが自分の立場を下げる

女性にメールを送りすぎることは、自分の立場を下げることにも繋がってしまいます。余計なメールを送ってくる男性というのは、必死に女性にしがみついている印象を与えてしまいます。

デートの約束のために連絡する

デートの約束をするために連絡するのは、当たり前ですが女性が応える必要があるのでOKです。

半年に1回の連絡ならOK

あまり会えない女性に対しては、半年に1回ぐらいの連絡して、自分のことを意識して貰うのは良いでしょう。半年に1回ぐらいの連絡であれば、さすがに「この男は私のことが好きだ」と勘違いする女性も少数でしょうし、女性も気軽に返信することができます。

無料版で公開できない特別記事をNOTEで有料販売しています。こちらも是非ご利用下さい。

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告

Adsense広告