彼氏にマンネリ化して恋愛末期に女性が見せる危険サイン

Adsense広告

男女ともに恋愛の賞味期限というのは、3-4年とされています。それを過ぎてしまうと、男女の関係というよりは、家族・親友のような関係になってしまって、一緒にいてもドキドキしなくなってしまいます。多くのカップルが4年を過ぎると、相手のことを異性として見れなくなる悩みに直面しています。
彼氏にマンネリ化した女性が見せるサイン

恋愛初期には、好きになった男性のすべてが良く見えるのに、恋愛の末期になると男性の全てが嫌に見えてきます。最初は、普通の顔なのに超イケメン!と思い込んで1人で舞い上がりますが、恋愛末期になるとブサイクに見えて嫌いになったりします。

女性が男性のことを好きでなくなれば、デート中に距離ができて、会話も全く楽しめなくなるので、鈍感な男性でも女性の変化に気が付きます。恋愛に慣れている男性であれば、女性の態度をしっかり察知して、別れる準備を心の中で整えています。

長期で付き合っているカップルになれば、愛が既にないにも関わらず「1人になりなくない」という思いだけで、別れを決断できずに付き合うカップルもあります。特に彼氏に依存し続けている恋愛依存症の女性に別れを決断できない女性が多いです。

会話が成立しづらくなる

お互いに相手の事に興味を持てなくなると、相手の話を聞いても上の空という状況になります。一応、質問して聞いているふりはしてるけど、実際に相手のことに関心がなくなっているという状況です。

最初から話題が少ないカップルであったり、女性が会話が上手でない・趣味が少ない場合などには、男性の会話を女性が聞かなくなった時点において、会話としてほとんど成立しない状況になってきます。会話が成立しなければ、連絡を取り合っても『話す事がない』状況になりますし、デートもつまらないものになります。

彼氏を異性として見れなくなる

女性の出掛ける格好などが適当になっていくのは、彼氏を男性として見れなくなった証拠でもあります。通常であれば、結婚した後になると出始める症状ではありますが、マンネリ化したカップルでは、女性の服装・化粧が雑になっていきます。男・女を意識しない「家族・親友」のような感覚に陥ります。恋愛として楽しめなくなるので、トキメキ、ドキドキ感もないつまらない日常になってしまいます。

一緒にいると安心感はありますが、男女としてのトキメキが既にないような状況になり、性の対象としても相手を見れなくなってしまっています。人間として好きではあるけど、恋人として考えられなくなっているような状況で、その時点で将来・結婚生活が想像できなくなるのです。

20代であれば、彼氏を取り合変える事も可能なので大丈夫ですが、30代になって彼氏を異性として見れなくなると、結婚・出産を考えると年齢的に別れる選択、別れない選択どちらもいばらの道に見えてしまいます。

夜の営みを拒絶するようになる

相手を異性として見れなくなると、夜の営みも楽しくないので、拒絶するようになります。一緒に同棲していたとしても、女性が逃げ出すように同棲を解消して2人で別居するようになることも多いです。異性として見れなくなると、スキンシップで接触するだけで不快に感じたり、キス・抱擁は出来たとしてもベッドになると苦痛など、女性が拒絶するようになります。下手をすると、相手のことが「気持ち悪い」と感じるようになってしまう事もあります。彼女に拒絶される男性は、かなりの苦痛を受けて男性としての自信も失うでしょう。

女性が男性を『男として見れない』という状態は、相手を「家族・親友」のように親しく感じた時が多いようです。結婚していないのであれば、夜の営みを拒絶していくというのは、別れる理由としては決定的になります。長い間、寄り添った夫婦が「家族」と感じることは悪くないですけど、数年で交際している彼氏を「家族」と感じてしまうのは問題になります。

女性から見ると、男性として見ているというよりも「両親に近い存在」として見ているのです。自分を良く理解してくれる家族がいないと困るという状況に陥っていますが、それは『愛ではなくて単なる情』になっている状況です。離れるのも難しいけど、愛がない異性と将来を共にするのは、本当に厳しいことです。

他の男性に目が行くようになる

彼氏とマンネリ化してくると、自然と他の男性に目が行くようになります。20代のうちには、他の男性を見つけることは非常に簡単です。女性が30代中頃になってくると、20代の頃のように良い異性を見つける事が簡単ではなくなります。それでも、男性の質を落とせば、女性が彼氏を見つける事は難しい事ではありません。30代女性になると、周囲からみて捕まえる男性の質が明らかに劣化していきます。

女性の多くは、彼氏と別れそうになると、他の男性と連絡を取り始めます。場合によっては、彼氏がいることを隠して他の異性と連絡を取ったりします。他の男性と連絡をし始めるようになった頃には、もう彼氏との連絡が面倒になってきたり、デートも面倒になってきたりしている頃です。愛情というよりは、単なる情で繋がっている状態で、もし別れたら次の彼氏ができるかしら?と自分のことを中心に考えている状況です。

ほとんどの女性の場合には、20代後半で付き合っていた彼氏が自分の人生のベスト彼氏であった可能性が高いです。その男性に嫌気がさして別れてしまって、次の彼氏と同じ事を繰り返して別れてしまうと、非常に厳しい年齢になることは間違いありません。

連絡回数が減少していく

恋愛している男性が体を許してくれない女性に対してずっと恋愛感情を抱き続けることは非常に厳しいことです。夜の営みを拒絶された男性は、少しずつ女性に冷めていくことになるでしょう。そうすると、女性に対する連絡などに影響が出てくることになります。恋愛の末期では、相手に対する電話・LINEなどの対応が遅くなる傾向があります。

恋愛依存症の女性などは、この段階で精神的に不安定な状態に陥り、大量のメールLINEを送り付けて連絡を取ろうと試みて「大好き」と言って安心しようとするなど試みますが、男性側に余計に嫌がられる結果を招いて、もはや別れを決断せざる得ない段階に入っていきます。

女性の場合には、他の男性を探しながら(もしくは他の男性と既に連絡を取ったりお付き合いをしながら)も、自分から別れ話をするのが面倒なので、相手から別れ話をされるのを待っていたりします。しかし、そのように誠実さを欠いた恋愛のやり方は、いずれ自分の身に災いをもたらすことになります。

お金をケチるようになる

女性というのは、好きな彼のためであれば、遠距離で飛行機に乗って会いにきてくれる根性を持っています。しかし、好きでなくなった彼氏の為には、1円のお金すらケチるようになります。デートに行けばお金の出費が増えると思うと、デートにも「お金がもったいない」と思うようになり、デートを渋るようになります。

相手のためにお金を使うというのは、将来投資と考えているところもあるので、将来的に一緒にいるかどうかも分からない彼氏のために自分の大事なお金を費やすのが嫌だと思うようになるのです。

彼女が以前は気前よく出していたお金を出し渋るようになったら、もう恋愛が末期症状になっているでしょう。お金もかかることで会うのが面倒になり、急に仕事など他の事が忙しくなって、彼氏とのデートも断る事が増えてきます。

女性が会いたがらなくなる

恋人に会うのが面倒に感じていれば、もう愛していないということでしょう。女性がデートに応じなくなった時点で、恋愛として成立しなくなっているので、別れを考える時期でしょう。女性がデートに来ることを渋るようになっても、無理して呼び出せば来る可能性はありますが、明らかにファッションも適当になり、下手をするとデート途中で帰ってしまうかもしれません。デートの誘いに女性が応じなくなった時点で、恋愛としては「ほぼ終了」しています。

女性の側がほとんど冷めて、別の男性を考え始めている段階になっているので、1度会って話し合いを持った上で別れる選択をするのが良いでしょう。会わずに自然消滅すると、お互いのために良くないので、最後に会って話し合いをするのが良いことです。女性も会うのが面倒になった段階で「別れ話も面倒」と思っていますが、お付き合いした礼儀・マナーとして、最終的な別れ話で「もう好きではない」という事をきちんと明確に伝えるべきです。

デート中にネガティブ発言が多く出る

女性のデート中の態度が全く楽しくなさそうにしているだけならまだしも、ネガティブ発言が出るようであれば、もう女性が「別れても良い」と思っているサインです。相手の些細なミスを見つけて責めるなどして、もう別れたいと思っている心が出た状態になっています。自分の中でも、相手の悪いところを全力で探して、何としても別れたいと思うようになります。

男性側がせっかく汗をかいて企画したデート中にネガティブ発言が多く出るようになれば、もう恋愛の末期に間違いありません。限られた予算の中で懸命に選んだホテルにケチを付けたり、笑顔がほとんどなくなっていたら、男性も「近いうちに別れる」ということを覚悟するはずです。

デートの化粧も適当になり、何より服装がどうでも良い服装ばかりになっています。デートのためにオシャレをするのを面倒だと感じるようになり、地味な服装が多くなります。

さらにデート中に隣に並んで歩くのではなくて、少し前を歩いたり、距離を取っていたりするということは、「周囲にカップルとして認識されたくない」というメッセージであり、カップルでない仕事仲間の男女であったり、カップルが別れる直前に良く見られる光景になります。

デート中にスマホばかり見ている

デートの最中なのにずっとスマートフォンを取り出して誰かと連絡を取り合っていて、それを尋ねると母親、友達と言い訳することがあります。実際には、新しい男性と連絡を取り合っていて、乗り換えようとしている男性と連絡を取りあっている時には、その時だけ上機嫌になって笑顔が増えるという特徴があります。

今の彼氏に全く興味がなくなっているので、彼氏の話なんて興味がないのでスマホに夢中になっているのです。特に自分の話も聞いてほしいと思っておらず、自分の話もしません。会話がなく、スマホだけ見て他の人とやり取りしている状況です。

デート中にスマホばかり見て、デートに集中していないようであれば、もう恋愛の末期です。女性が『他の男性と頻繁に連絡を取り合う』という状況になれば、もう2人の関係の修復が極めて難しい段階に入っていることは間違いありません。別れが近いサインを女性が出している証拠であり、別れを考えた方が良いでしょう。

物を貰う時だけ笑顔になる

女性というのは非常に素直で、嫌いになった彼氏からでも、高価なモノを貰うときだけ笑顔になります。恋愛初期の頃は、男性のすること全てに笑顔になってくれていた女性は、恋愛末期になると物を貰う時ぐらいしか笑顔にならなくなります。

女性というのは、モノに対する執着心が強いので、思わず本心の笑顔が出てしまうのですね。別れ際でも、女性に物を贈ればその時だけ笑顔になってくれる事もあるでしょう。

喧嘩することもなくなる

喧嘩をするというのは、相手に意見を理解してほしいということでもあります。相手に対して「何で私のことを分かってくれないの!」と怒りをぶつけるということは、相手と親密になりたいメッセージであると解釈することもできます。喧嘩もしなくなったという事は、相手に「何を話しても私の事を理解してくれない」と諦めた状態になっているということかもしれません。喧嘩があるだけマシということですね。

喧嘩したり、相手に対してイライラしたりするのは、相手の事が気になっている証拠なんですね。喧嘩もしなくなるということは、もう相手に対する期待することがなくなって、衝突するのが面倒になったということなんですね。

したたかな女性によっては、相手に完全に冷めてしまった状態になると、相手の悪い点を指摘して怒りに任せて文句を付けて絶縁ブロックを発動して別れに持ち込むという女性もいるので、「別れる口実の為に女性が仕掛ける最後の喧嘩」というパターンもあるようです。喧嘩をむしろ口実にして別れに持ち込むというパターンです。

寝顔を見てブサイクだと思う

恋人の寝顔を見てブサイクだと思ったり、行為中に相手の顔を見てブサイクだと思った時点で、恋愛として完全に終わっています。恋人の顔をブサイクだと思うようになったら、そのことが本人に伝わる前に早めに別れた方が良いでしょう。

相手のことをブサイクだと思うのは、心のどこかで相手に対して愛着を持てなくなっている証拠です。相手に酷い事を言う前に別れてしまった方が良いでしょう。

将来の話が出なくなる

2人がラブラブのカップルだった時には、結婚の話が出たり、子供の話が出たりするものです。しかし、女性が男性に飽きてしまうと、友達に話す内容も少しずつ変化が見られるようになってきます。先ず、今の彼氏と結婚を想定する話が出なくなり、女性の頭の中で既に将来から彼氏の存在が消失してしまうのです。

頭で想定していないことを実現できるはずもなく、彼氏と別れるのが時間の問題ということです。彼氏と一緒になる将来を全く想像できなくなった時点で、既にその恋は完全に終わっています。

女性の最終決断の方法

最初に今の彼氏が、別の女性と付き合っている姿を想像して、何とも思わないようなら別れを決断しましょう。また、今の彼氏と一生涯会えない状況になったら?と想像して、「残念だけど仕方ない」と思うぐらいであれば、やはり別れを決断する時でしょう。今後も一緒にいたいと思う相手でないと、恋愛を続けていくのは難しいです。

恋愛の段階で、相手と一緒にいなくても平気と思うようであれば、恋愛を続けるのが極めて難しい状況と言えます。また、結婚ともなれば、自分の人生全てを投げ出して相手のために尽くす必要が出てくるかもしれません。自己犠牲を伴えないと思える時点で、もう長く付き合っていく事はできないと判断できるでしょう。

男性側がけじめをつける

女性の態度が冷めた様子を見て、男性側がけじめをつける最終決断をすることがあります。男性が女性の要望に応じる形で別れを切り出してきたり、振られると分かっていて突然にプロポーズを行ってきたり、借りたものを全て返却してくるという行為です。いずれも、女性と将来のことがないと分かって「今までありがとう、さよなら」というけじめの意味が含まれています。

男性側がけじめをつける理由は、男性が吹っ切れないと次に進めないからです。女性が曖昧にして、そのまま自然に別れると、男性がひきずってしまう可能性があるので、男性が将来にひきずらないために、自らけじめをつけることもあります。

マンネリ化しないためには?

マンネリ化しないで、恋愛の状態を継続するためには、日常から離れてロマンチック・非日常の演出が必要になるでしょう。日常的であればあるほど、家族・親友という感覚に近くなってしまって、いずれマンネリ化が避けられなくなってしまいます。生活感が強い所で一緒にいすぎると、もう家族・親友という関係になり、さらに仕事のトラブルなどで、ストレス・プレッシャーなどがかかってくると、恋愛の感情を忘れてしまう可能性があります。

マンネリ化を避けるためには、1年に1回以上は旅行に行ったり、引っ越ししてみたり、子供をつくることで環境を大きく変化させたりしていく事が大切になります。

Adsense広告

Adsense広告